鼻水の取り方
嘔吐しなくなったのに、咳が出たらバケツ(エチケット袋的な)が無いとダメ!になったやっちゃん。

既に吐かなくなって3日目の今日の夜も、バケツ~と寝室で泣いていた。

無くて大丈夫といっても「バケツ使いたいの」というから用意してあげた。

100均の子供用の小さなものだけど、それを抱えて寝る子…







風邪を引くと耳鼻科通いが多くなる。

鼻水吸ってもらいに(^o^;)
小児科でも吸ってもらえるところがいいよねー



今回は、
自宅でもちょっとだけ使える(笑)鼻水の取り方~( ゚ー゚)

知ってるかな??


普段鼻水出た~という子の鼻水拭くとき、つまんで出てる部分だけを拭き取るとかなんだけど。

もうちょいすっきりさせたいとき。








ティッシュ折って長細くして







2本の指で、写真のように挟んで持つ。
写メ取るためにちょっと強引な感じになってるけど…
短い所で持って、その短いのが子供の鼻につくように。


ここから、短い方をツーっと下に引っ張って行きます。


真下に引くと取れた鼻水が唇とかについて子供が嫌がるので、うまい角度で。



で、汚い写真ごめんなさい


こんな感じで鼻水取れますドン









あ、見えん…わかりづら( ̄▽ ̄;)





こんな風に、鼻水が途切れずにティッシュがキャッチしてくれるので、鼻の中の方のまでしっかり取れます。
何度も何度もやって取れなくなるまでやるとちょっとだけすっきり(*´▽`*)

鼻がまだかめない子は☆

まぁ、うちの次男ゆっきーは今のところ暴れてやらせてくれないし、
やっちゃんもたまぁに気まぐれでしか取らせてくれないんですけど。
鼻水吸い機で羽交い締めしながらとるよりは、おとなしくさせてくれるならこれがいいよね( ゚ー゚)







にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 学習障害へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 子育てブログ 年子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2017/09/22 22:39 ]

| 育児:学んだこと | コメント(0) |
育児で気を付けてる事や心がけてること

私が子供と接するときに気を付けたりしてることがいくつかあります。


それが正しいのかどうかはわかりません…個人的にこれはイヤだなーとか、こうしたいなーと思うことを自然とやってるような事です。




この前友達と話してて、外出時の子供のお昼寝の話になりました。


私たちはお昼寝の時間になると、しっかり寝れるように環境作りをします。

ベビーカーや抱っこ紐で歩き回って寝るまで時間をかけるとか。


寝そうだけどもう家についてしまう、もしくは家につく直前に寝たというときは、友達はしばらく家に帰らずうろうろして時間を潰し、寝かせるといってました。
たとえ自転車で寝たとしても。

私もそうなのですが、パパはうまく寝かせるタイミング作らないんだよーと言ったら、やはり友達のパパもそうだと言ってて。



その話の流れで、この前のイベントで褒め方も教わったし、他にも気を付けてる事などを話したので、ここでも記録しておこうと思いました。






1、急かさない



やっちゃんと接するときに、いろんな場面で早くやって欲しい事が出てきます。


公園へ行って歩かせれば、行きたい方向へ行かないでなかなか呼んでも来ない。


ドアをしめたいのになかなか廊下から部屋に入ってくれない、2階から降りてきてくれない。

お風呂入るのに脱衣所まで来てくれない。

おもちゃのお片付けがなかなか進まない。

ご飯で遊ぶばかりでなかなか食べない。
などなど。


けど、子供は急かされるのがイヤ。
早くしたいのはこちらの勝手でもあるし、なるべくならやっちゃんのペースを尊重し、急かすのではなくうまく誘導するように心がけています。


お散歩では、危ないところは行かないように初めから想定して下ろさない、一度移動する、やっちゃんがゆっくり好きなところへ歩き回れるような所で下ろす。

奥の方に行きたいけどなかなか歩いてついてきてくれず…ということが最近多々(笑)
けど、そこへ行きたいのは私の勝手。
行き先で遊ぼうという大人の感覚とは違って、
やっちゃんは、まだ歩くだけで楽しくて周りの何でもない景色を楽しみながら、いろんな物を見て感じて、もうすでにそこから遊びが始まっているんですよね。



やっちゃんもいきたいところ、やってみたいことがあるから。

たくさん付き合ってあげられる時間や環境を前もって整えて、あとは「早くおいでー」とは言わずに、ゆっくり遊ばせてあげるようにしています。





2、ダメダメばかりにならないように、時には汚される勇気、壊される勇気を持つ



なかなか難しいけど。
まだ、コップとかこぼれるものを本人一人に持たせて好きなようにさせることが出来ていません(^_^;)


振り回される、汚されるのがさすがに怖い。

なので私の許せる範囲で、食べ物の汁などがテーブルにこぼれ、それをのばしてみたり、びちゃびちゃ叩いて飛び散るのを確認していたりするとき、すぐに拭いて片付けたいのをぐっとこらえて遊ばせる時もあるようにしています。


他にも、普段はダメだよーと取り上げてる事も、たまーには許す事も。
ティッシュ遊び、ちぎってぼろぼろにするとか。

けどこれはきっと、ちゃんと何で今はやっていいのか、何で今はダメなのかを言葉で伝えないとわからないんですよね。
そこはこれから気を付けないとと思ってます。



あとは、触るだけでダメととりあげるのではなくて、触ってるときは見守って、ダメな扱いをしそうになったときに、それはダメだよと教えるようにしたり。

頭ごなしにあれダメこれダメとはしないようにしてます。
危険な物は初めから伝えますが。





3、脅したり不安な気持ちを利用しない



一般的によくやりそうなのが、その場かぎりの嘘。

おばけくるよ!
鬼くるよ!
虫歯になるよ!
病院行ってチクンしてもらわなきゃかな?!
バイバーイ(先にいっちゃうからね)
怒られるよ!

こう言うの、あまり好きではないのです。

たまにはいいだろうけど。
虫歯になるよ!は、時と場合によってはオッケーな言葉ですね(笑)


おばけとか鬼とかでつる。
私は、なんでそれがだめなのかとか、ちゃんと伝えてわかってもらえる努力をしたいです。


私自身が、よく言われてたからイヤなのもあります。

虫がわくよ!とか、理不尽だったり、よくわからないまま怖がらせてやめさせようとするの、イヤでした笑


子供の事が待てない時バイバーイと言ってドアをしめるとか、そう言うのもイヤで、パパがよくするんですけど笑


私はそんなとき、一応不安な気持ちを利用しないように、言葉だけは誠実にと心がけてます(笑)
ドアを閉めたいときなかなか来ないなら、「もうしめちゃうけど、まだ来ない?じゃーこっちに来るときになったら開けてあげるから呼んでね」バタン。

お風呂入りたいのになかなか来ない、
「ママもうお風呂入りたいなーやっちゃんと入りたいなー。入りたくなったら来てね~ママ先に洗ってるね~」バタン。
とか。

やってることは、同じなんですけどね。
感情的にはならないようにというか。
遊びたい意思は尊重したいけど思い通りに出来ない時とあるみたいに学べるかなーと…。

わかりませんけどね。


あとは病院。
注射を、怖いものだと認識させるような言葉を気づかないうちに使ってることが大人はある気がして。

風邪引くよって言いたいだけだったり、そんなことしないでってわからせたいだけのときに安易に「病院連れてくよ?!」と脅しに使う。
これも、私がさてれた事(笑)


たとえ、病院や注射を怖がったり嫌いな子になったとしてもそれは使わない。

病院行くときなどは、気を付けてる言葉がけは、「病院行ってお腹ポンポンしてもらったら辛いの治るからね、先生に治してーって診てもらおうね」
「やっちゃんが病気になって苦しくならないようにお薬うってもらいに行こうね、そしたら元気にたくさん遊べるからね」
「お薬飲んだら早く辛いの佳くなるから頑張ろうね」

全てポジティブな気持ちになる言葉になるよう気を付けてます。



4、強要しない



お片付け、出来るようになったのはいいけど、なかなかしてくれないとか、途中で止めて遊びだすとかあります。


でもお片付けして欲しいのはこっちで、別に子供はしなくてもなにも困らない。
なのになぜか急かされたりママがイライラしだしてる。。というのはイヤなのです(笑)

お片付けは楽しく嬉しいとすら思って欲しい(笑)←理想


初めにナイナイができるようになったときも、私が一人で楽しそうにお片付け~ナーイナイといいながら始めたから。
やっちゃんもやってみる?といったら手伝ってくれるようになりました。


まだしばらくはこれでいいと思ってやってます。

ご飯の前とか、我慢出来なくなる前に余裕を持って、「お片付けしたらご飯食べよー」とか、お出掛けしよーとかいいながら、
横路にそれても何度も繰り返し繰り返し、「お片付けしよっかー、ナイナイ出来る?ブーブ持ってして欲しいなー!あそこにあるよー!見つけられるかな~?あ、ママここにブーブ見つけたー!」とか言いながらやってます。。


なるべく圧迫されるような雰囲気になら無いように気を付けて、
1つでも2つでも出来たらOK、毎回全部やらせようと欲張らないで、様子見ながら徐々にって感じですね。


また、片付けが完了したあとにまた出してきてもそれはOK。
片付けは出来たし、片付けたら遊んじゃダメなわけではないから。
また遊んでお風呂のタイミングや寝るタイミングで片付けやって、最後の一つをナイナイ出来たタイミングですかさず次の行動「じゃー寝んねいこー」を伝えて、気をそらして。

因みにまだいまは、おやつとかご飯とかセッティングしてから片付けさせようとしても出来ない。
頭にはもうおやつしかなくなっちゃうから(笑
見えないところで用意しておいて、用意してあるのはわかってるけどまだだなって本人も思ってる状態でナイナイ。

でも片付けた後またおもちゃに意識が行かないようにすぐ準備出来るようにはしておく(笑)







育児はほんと、何するにも頭使います。





急かさない、強要しない、ネガティブな言葉や気持ちにさせない

これを気を付けるだけで普段あまりイライラしたり怒ったりしない穏やかな生活が出来ます☆


自分の発する言葉を意識するようになったからだと思います。

いったん冷静になるというか。




出産後、ちょうどやっちゃんとコミュニケーションが取れるような時期になったので、自然とこれをするようになったんですが、毎日楽しく過ごせてます。





言葉にすることが苦手だった私なので、まだやっちゃん相手に伝えたい言葉のチョイスを間違え、たどたどしい文になったり、言いたいことをうまく言葉に出来なくなったりしてますけど(笑)





なるべく、大人の感覚ではなく子供の感覚を大事に子供目線で考えることを念頭に過ごしています。

ほぼ、自分の体験を通して反面教師状態ですけどね(笑)





病院やお店で、「お店の人に怒られるよ!」という言い方で注意してる人やそんな話を聞くので、ちゃんと注意出来る目線でいたいと思ってから、言葉にきをつけるよになりました。




またどんどん変わったり、どう対応したらいいかわからない壁にぶつかるでしょうけど。












にほんブログ村 子育てブログ 2014年4月~15年3月生まれの子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 2014年4月~15年3月生まれの子へ
にほんブログ村


にほんブログ村 子育てブログ 2015年4月~16年3月生まれの子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 年子へ
にほんブログ村
[ 2016/05/23 00:27 ]

| 育児:学んだこと | コメント(0) |
カビるんるん…
今日はエアコン工事に来てます☆
工事でドンドン音がしてる中、とりあえずいつも通りやっちゃん寝てくれました。

エアコン、4台目…つけるときは気を付けないと、ブレーカー落ちますかね(^^;
同時に使うのも無いように気を付けなきゃ。







☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆




もう梅雨も終わりますから、今さらなのですが…

哺乳瓶の乳首、いつも全て外して掃除してないと、たぶん今カビ来てます(|| ゜Д゜)


そして、なんとなく軽く洗ってるだけだとしても、拭かずに自然乾燥だと、


よーくみるとぼこぼこ?してる溝部分、カビてたり(^^;
あ、この写真はカビルンルンいませんよ(笑)


ほんと、よーく見ると、なんですよね。
スパウトもうちはピジョン使ってますが、裏は溝があって、やっぱりよーくみると角っこに黒い点があったり、空気口がピンクに見える…気のせい??という感じで。
水まで拭き取らないと湿気の多い季節はヤバイのかもしれないです。
数日ですぐ繁殖する?!



消毒してる方は心配いらないですよね☆

私はもう消毒は止めてしまったし、柔らか素材のスポンジでささーっと洗い、スパウトの溝も細かい所用のでささっと洗っていただけでした。

あるときよーく見てみたら、黒っぽく見えるなぁ…と気づいて。

それからゴシゴシ気を付けるように。
あまりしっかり確認してなかったーという方が居たら、見てみるのもいいですね!




にほんブログ村 子育てブログへ

にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 2014年4月~15年3月生まれの子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 2014年4月~15年3月生まれの子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

[ 2015/07/18 13:59 ]

| 育児:学んだこと | コメント(0) |
気を付けたい事
書きためていた記事投下


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆



ハイハイという態勢は、赤ちゃんの成長にとってとても重要な役割なんだそうです。

雑誌などでもかかれていますがそれ以外の部分で。。。




私の姉はストレートネックで、ヘルニアになってしまい、2,3日に一度注射を打ちに行く毎日。
いたみどめですが、その注射がものすごく痛いらしいです。
けど痛み止めを打たなければ、痛みで気持ち悪く、ご飯も食べられないとか。


赤ちゃんが産まれながらにストレートネックになるわけではないらしいです。

ハイハイの頃、あまりハイハイさせずにすぐに立ち上がる事になった子はなる可能性があるみたいで。

ハイハイの体勢で、首の骨はS字にしっかりとなって、その他の骨盤なども含め正しい姿勢を身に付けるとか。


親としても、すぐに掴まり立ちを始めたからといって、どんどん歩く練習をさせたりしない方がいいんだなと感じました。


私は、たぶん早い段階から歩行機に乗せられていました。
それが原因かは定かではありませんが、まっすぐ立ったときに少しだけ膝こぞうの部分辺りが、後ろに湾曲してしまいます。
私にとってのまっすぐ立った自然な姿がそれでした。

写真とか、横からうつっても脚が後ろ側に湾曲してるのがわかります。
気を付けて、曲がらないようにはしていますが。


はやくに立たせられ、赤ちゃんの骨はまだ柔らかいから曲がってしまったのだと思います。


首についても、私はストレートでは無いようですが前に出てしまい、猫背のような姿勢に。
背筋を伸ばして真っ直ぐを意識しますが、そうすると肩がこります。


ランドセルで肩凝り、というか慢性的に(^^;


それに、
身長測定って、顎と頭をポールにつけてやると思いますが、それが出来ませんでした。
二重顎になるような苦しい感じに…。
ストレートネックの姉も同じことを言っていたので、同じような育てかたをされたからなのか、そういう遺伝子を持ったからなのか、でしょうね。


それらは、他の骨の歪みもあるんですが、その歪みも中学からあって。
接骨院の先生に、「ものすごい衝撃でお尻から落ちたりしました?」と言われました。そんなに曲がっていたのか(笑)
もしかしたらこれも赤ちゃんの頃に問題があったのかもしれません。

私は歳の離れた姉に育てられたようなものですし。



自分の子供には気を付けられることは気を付けてあげたい(;_;)


早め早めにいろいろしたくなりますが、それはぐっと我慢したりもしなきゃなーと実感です。




ハイハイが長い方がいいと言われるのは、人間の体作りになにかと大切な要素が入ってるからみたいですね!


成長は、ゆっくりぐらいがちょうどいい☆
[ 2015/06/27 03:44 ]

| 育児:学んだこと | コメント(0) |
絵本の重要性
今くらい、もしくはもっと早くから早速絵本を読み聞かせしはじめるママもいると思います。


私は、絵本の何がいいのかがよくわかっていませんでした(゜.゜)

しかも、絵本って、残酷でとても怖いものもあります。
歯医者さんに置いてあった絵本を手にして、子供が産まれたら~と想像しながら読んでみたことがあります。

とても残酷に思ったし、怖いなーと感じたし、何が面白いのかな?とも思いました。

話がちょっと理解できないなー絵本って難しいなぁと思ってしまったのは、私だけかもしれませんが(;・ω・)



長くなるので畳んでおきます
続きを読む
[ 2015/05/16 13:09 ]

| 育児:学んだこと | コメント(2) |
| ホーム |