FC2ブログ
忙しい
保護者会で三時間ってどんだけー

うち園長先生のありがたい話45分!
園児の様子とかだから全く面白くないわけでは無いけどね、ゆっち一時保育にしておいてよかったわ…


ライターの仕事もしつつ、子供療育につれてったり、今日は次男を他の子とのコミュニケーションのやりとり経験をさせに→遊ばせに(笑)行ってきた。





あっちいきたいの~!!からの5分ふて寝。

近くに咲いてたたんぽぽの綿毛を二本もってきて、一本見せたらこのままの格好で手のひらがパーになった(笑)
渡して、一緒にふーしよう!と誘うと起きてくれて、気持ち切り替えて進んでくれましたとさ。





お歌の仕事が出来るようになりました。

そんなバイト的にたくさんお金がもらえるわけじゃないけど、好きな歌を歌って披露できる場が与えられることや、私一人では何も作り出せないのに歌以外の部分はやってもらえるという、更に在宅で可能という、そうそうない話。

おとしたくなくて必死で3次審査までうけました。

子供の風邪写って二週間喉や鼻で納期のびのびで、3次分納品できてないんだけど、次から本契約くださると。



ただ、多少機材を揃えなきゃね。
まぁ歌い手やってて全く機材持ってないほうが珍しいかも。
思い返せば社会に出てからずーっと貧乏で自分のためにかけられるお金なんて常に無かったからな(笑)

どんだけギリギリな生活送ってるんだか。


機材に詳しい知り合いにもおんぶにだっこ、いろいろ教えてもらって、
私がわからない部分をかわりにパパが勉強?してくれてる。音楽ノータッチな人間なのにね。

申し訳ないよ。
ハモり考えたり、どこをどんな風に歌うかくらいしか出来ない残念な人間なのに、こんなに周りによくしてもらってなんだかんだでいろいろ叶えてもらってる。

人に生かされてるから、私も人のために(子供)生きる、そんな生き方。
それがあってるらしく、一人ででかけたり友達と会っても具合悪くなる。
同じ友達なのにお互いの子供居れば具合は悪くならないの。

変だね





にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 学習障害へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 子育てブログ 年子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2018/05/10 14:45 ]

| 音楽 | コメント(0) |
サポートが必要なタイプには
今年初めてのブラスの練習に行ってきました。
今月の本番は出ないんですけどね。
もらったたくさんの楽譜を、ちゃんとある程度吹けるようにを今年は目標に練習しようと思います。
基本的にはボーカル/歌のお姉さんなのでフルート吹かないんですけどね。
最近フルートの方が楽しくなりつつある(笑)
楽譜が読めない!ってわかったことと、周りにそれを言えてることと、色塗ったら大丈夫とわかってから、前までのやりづらさが無くなったからかな。


保育園でのきっず向けの歌については、手遊び以外は普通に歌ってただけのようだけど、簡単な振りがつけられるものは歌のお姉さんらしく振り付けもやろう!と、提案しようと思ってます。


が、来月の保育園本番も出れなさそうなので、こっちは後回し。










練習は保育園で。
子供は園庭で遊ばせ放置(笑)
でも今日はパパが居てくれたから、練習中に遊んで攻撃もなく、三時間みっちり遊べたみたい(*´▽`*)
助かりました~

パパ保育係りありがとうだ♪







やっちゃんは、嬉しい気持ちや甘えたい気持ち、かまってほしいなどの時にも叩きます(。´Д⊂)

靴を履かせてあげるとか、上着を着せてる時とか、1日一度は叩かれます。
ケンカとか思い通りにいかないときにももちろん叩いたりする。


感情を衝動的に表してしまう、とっさに言葉に変換することが難しい、そういう発達障害の特性がさせてしまう部分が多いです。


もちろん子供はみんなそうだとも言えると思いますが、発達障害の特性があると、皆よりもっと難しい事なんですよね。
治していくことって。


パパは、叩かれると怒ります。
そりゃ、叩くという行為はいけないことだしね。


でも私はこう思うんですよね…
この子達にとっての叩くという反応は「言葉」なんだって。
言葉にできなかった、本人すら気づけなかった、もしくはその感情がどういうものか理解できなかった想いの現れ。


それをすぐに怒ってしまったら、気持ちを受け止めてもらえなかったとか、わかってもらえなかったって不満が更にたまって、八つ当たりみたいに行けない行動に走って悪循環。



おもちゃを取られそうになったからとか、遊びで相手の反応を楽しむとか、よくある理由で叩くだけではないって理解しておかないと。




私は叩かれたときに、時と場合にももちろんよるけど、
①まずはあまり大きく反応しない。
発達障害児は、話したいことや理解してほしい事があるとき、大きな声や大袈裟な反応をすると、それだけでも興奮してしまい、聞けることが減ってしまうから。

②ちょっと悲しいな、くらいの顔をしたり、叩く手をそっと握って止めたりとさりげなく示す。

うちの子の場合は、甘えたいときとかに叩くのは特にこの方法がいいかなって思います。

というかおもちゃを取られたとか貸してくれないからって叩いたときには、私も大きな反応をしてしまうことも多くて(泣)


③今どんな気持ちかな?と聞く。
何で叩いたの?と聞くこともあるけど、その言葉はいまいちだなって感じてます。
自分の言葉で出ないからまだ誘導でいいかなー。
悲しいのかな?甘えたい?とか。なぜそうなのかとか深い理由まではまだ話せない(^o^;)

④正しい伝え方を教えてあげる。
甘えたかったら、そっと優しくぎゅって来てね、とか、叩かないで○○しようね、ってここで伝える。




甘えたい気持ち…なのか、それに似たよくわからない感情の時に、甲高い声で鳴く事叫ぶことがありますが、そのときも同様に接してあげるよう気を付けてます。

正直不快に思う人も多い声(音)なんだけどね。

奇声あげてるときは私も不快(´Д`|||)耳がキーンって痛くなるから、そのまま、ママお耳が痛いからやめてって伝えてます。
正しいおこない、もしくは逃げ道をちゃんと教えてあげるのが今はいいと思うんですよね。

悲しかった気持ちをどこにどのようにぶつけるのか無視すると、気持ちの逃げ道や発散出来ないものがたまっていってしまう。





これらは、「サポート無しでは上手く学びづらいタイプのみ」の方法かも。

自分で考える力が人並みにあればねぇ。

でも最近は、「答えや例を教える」事から、次の段階の「導く手伝い」にとどまる事も増えてきました。



こんなときはこうすればいいんだよ、と伝えていたけど、
今は、じゃぁ次はどうすればいいかな?とか、~~どうしよっか、と考えさせるようにしてます。




おしっこしたかったのに自分でパンツを脱げなかったやっちゃんに「パンツ脱いで」と教えてたところを、「おしっこ出そうなときはどうしようか」と言う。
やっちゃんは、ちゃんと冷静に「ズボンを脱ぐ!パンツを脱ぐ!」と答えてその行動を始めます。

おしっこ出ちゃうのに、パンツを脱いだあとおまるに座らずにぼーっとテレビとかに意識がいってしまったら、「パンツを脱いだあとは、どーする?」と。


ママの機嫌が悪いときは、こうは言えませんけどねー(笑)
けど段階を経て進んだと言うことは身に付いてきた証拠。



あとは、もう少し深いコミュニケーションが取れるようになればかなり伝えるのが楽になるんだけどな。


ゆっきーもだけど、ちゃんと行動の怒られる理由を静かに説明してあげれば、伝わる。
理解できたら、素直に謝ったり出来る。(同じことを繰り返してしまうのはまだ仕方ない)


やっちゃんは、話し合ってもまだ理解してない事多いんだけど(^-^;





特性が頭に入っていることや、子供の傾向がわかれば、その子にとって学びやすい環境にすることが出来る。



兄弟でも性格も性質も違うから、育て方を変えなきゃいけない。
でも不公平は出ないようにする。
 


この前ママ友のおうちで遊んでた時の話。
3歳になると、理由をしっかり話してあげる方が早くわかってくれるってこと。
ちゃんと子供の気持ちを聞いて受け入れてあげることで、こちらの話にも耳を傾けてくれるということ。

その場しのぎの言葉とか(大人はいいの、みたいな?)
言うことを聞かせるためだけの罰(これしなかったらおもちゃ没収!みたいな)はNG。




これやってるからかはわからないけど、信頼してくれてるのが伝わってくる。

ゆっきーは、まだまだこれからイヤイヤ本番に向き合わなきゃなんだけど、
同じように落ち着いてもらってから話すと納得してくれるときがある。





うちの子はまだまだわからないけど、
3歳はもう心は大人になってきてて、恥ずかしいとか出来なくて悔しいとか、子供扱いされるのが嫌だとか、そういう成長段階に入ってきてるらしい。






にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 学習障害へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 子育てブログ 年子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

[ 2018/01/14 00:18 ]

| 音楽 | コメント(0) |
ボランティアクリスマス会が終わった
朝から夕方まで干した洗濯物が乾かない事実…(泣)



寒くなりました。朝はマイナスだし。それなのに元気な子供たち。さすがはかぜの子。



クリスマス会が終わりましたー。


結果はあまりいいものでは無かったです(^o^;)

完全に練習不足&打ち合わせ不足。


でもそれが、“ママ”たちがやるボランティア活動って所だから、みたいなのがあるかな。

子育てしながらだから負担の無いように、みたいな。
もともと、ここの子育てイベントの会がそんなコンセプトというか、ゆるく楽しむ感じ。
たまぁに、今日はグダグダであまり楽しめないなぁというのもあったくらいなので、そこに私の求める完成度は押し付けられません。



個人的にももちろん!!練習不足でした…(泣)
練習の半分も出来なかった。

吹奏楽のように座って目の前に楽譜を置いて吹くのとは違うんだなぁと知りました。


立って、楽譜横にしながら皆の前で吹く。

なんか変に力が入っちゃうのか、低めの所では音がひっくり返る事も多く、またとんだり間違えが多かった。

練習で出来てたところが全然だったのは残念です。


もともと本番には強く、ブラスの方では練習より上手くいくことの方が多いのですが、座って安定して吹くというのと違うのかも…って。





クリスマス会はたくさんの親子が来られました。

セットリストは、
アニメメドレー(さんぽ、アンパンマンマーチ、山の音楽家、小さな世界、ミッキーマウスマーチ)

きよしこの夜

主よ人の望みよ喜びよ

恋/星野源

ブンバボーン

ジングルベル

でした。


メドレーは歌担当。山の音楽家は楽器紹介があり、私はフルートパートの時にチョウチョを吹きました。
途中まで普通に吹いて、途中から頭部管のみで吹くパフォーマンスです。

頭部管とは、吹くところの事で、音階の指を押さえる所が付いてないのです。



まぁこのメドレーは、可もなく不可もなく。
歌は若干喉がしまってしまってましたが、朝だし声だし出来てないし…まぁいっかぁという感じ(^-^;
しかも女の子二日目というタイミング。
まぁ、前日とかが一番声帯のコントロール難しいんですけどね。
と、自分に言い聞かせてます。今回は歌はおまけ程度に考えて取り組んでました。



きよしこの夜は問題なくフルートが吹けましたが、キーボードの音が大きく、また広い部屋でマイク無しフルートなので、音が聞こえずやりづらい。

マイクもらえば良かったなぁと反省点。
吹いてる方も聴いてる方も、フルートはあまり聴こえてなかったかもしれない。





主よ…の時に、保育士さんにセットリスト飛ばされていきなりブンバボーンに。

これも歌わせてもらいました~歌とは別に、体操を前でしながらセリフを言うママさんも。

このママさんにもマイクを渡した方が良かったな~と反省点1つ。

でもこういう、セットリスト誰かへの指示伝達まとめ役確認作業盛り上がるために考える事全て、保育士さんも盛り上げ隊のママさんもやらないのでいつの間にか私の役割になってました。


でもブンバボーンは盛り上がったみたいです(*´▽`*)

そのあとセットリスト変更で恋。
全体練習で踊れる人が居なかったので1週間で覚え、歌いながら踊りました。
マイクは小さい胸につけるようなやつで。

あまり拾えてなかったのと、後半躍りで歌は息切れ気味でしたけどね(笑)


唯一踊れたので、グダグダ解消にはなったのですが、なんかむしろほぼ私の出し物みたいになってて、逆に申し訳なかったです(^o^;)

保育士さんが横に来て見よう見まねで躍りながら盛り上げてくれたのが良かったです。


そのあと主よ…なんですが、これは最悪でした…
間違える間違える間違える…(・・;)

でもピアノと一度もあわせてなかったので、途中から合ってるのかわからないところがあったり、どこに合わせていいのかわからなかったり。


そして、楽譜は2本のフルートで主旋律を行ったり来たりするような形に作ったんですが、相方がほとんど吹けなかったので、ファーストが全部吹く形の楽譜にした方が良かったなぁ…という反省点( ;∀;)


うまくお互いが繋がらないので結局ぶつぎれ、どこやってるのかわからなくなるという(汗)


最後のジングルベルは、出来たらカッコいい!というのを私が吹いてたのですが、練習して出来るようになったのに、本番にはもともと出来てたところすら飛んでしまったりと、残念な結果でした。


因みに、3曲分のペープサートを作って保育士さんに頼んだのに、1曲のしかやってもらえず。

それならママさんに頼めば良かったとここも反省点…保育士さん忙しかったですよねきっと。




次は1月末。
これは、プロ含むアンサンブルでの、一曲のみ参加です。
父のバンドなのです。


海の声を吹くので、今回みたいな事にならないよう、徹底的に練習しようと思います。



中途半端な出来で人前に出るのを私は良しとしないタイプなようで、
こういうママ友達とやるボランティア活動は楽しめないかもなぁと感じました。

やりながら、早くブラスの方の活動がやりたい!と感じました。
ブラスの方も、ママ達の都合で動けるゆるいところはあるけど、演奏はみんなうまいし、本番にはプロや他でも演奏活動してる参助さんがくるし、歌の相方との練習や打ち合わせなどのやりとりはストレスなくピッタリとやれてました。

そういう相方が見つかるというのはすごいことなのかも…とも、感じました。
やりたい気持ちが一緒でないと、ダメなんですねきっと。


いろいろとありますが、それでも参加できて本当に良かったと思いました。

人前で演奏する経験をもっともっとしたいです。
毎回勉強になるし、こうやって人前で演奏させてもらえるなんてなかなか難しい事ですから。
もっともっと上手くなりたい。
歌も楽器も、それ以外のパフォーマンスも。


私は音響の変化の対応がうまくいかなかったり、難しくなる所があります。
音が聴こえなくなったり(別の感覚が働いてると使えなくなる感覚がある為)バランスが保てない。

音響環境の悪いところでの本番をもっと経験してなれるようにしたいと思います。



やっちゃんは、演奏中私の横に一緒に居ました。


ゆっきーは、終わるまでどこにいるかわからないくらい私のところには来ず、一人で遊んでたようです(笑)





今年の残りは、大掃除や整理を中心に動きたいです☆
クリスマスも楽しんでo(*⌒―⌒*)o



にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 学習障害へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 子育てブログ 年子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村


[ 2017/12/18 22:58 ]

| 音楽 | コメント(0) |
クリスマスまであと少し
父の方のリサイタルは、どうもピアノ、カホン、フルート、サックス、ボーカル、トランペット、トロンボーンがいるらしく、かなりの大所帯だと知った。


楽しみが増えたけど、まだやる曲を音に起こしていない汗
プロもいるので頑張りたい…

耳コピだけど、どちらにしろ楽譜書かないと覚えたりは出来ない…。
楽譜は書けない。
読むことは、音符に色を塗ることで可能となる。

パソコンで楽譜ソフトダウンロードするのを父にも進められたけど、パソコンは目がチカチカして見るのが辛くなるし、向き合ってるとお尻の辺りがぞわぞわしてきたり、体が落ち着かずイライラしてきたりする。

発達障害の人はこういう反応も出たりする人がいるらしいと知ってから、無理にパソコンを使おうとするのは辞めた。


だから、どーしようかなぁと。





月曜日のクリスマス会が近づいてきた!!

恋ダンスも歌いながら踊ることになって、毎日練習してます。


本番が朝なので歌が心配だ(笑)声だしのタイミングもないしなー。


今回、私は「頑張ることは楽しいこと、練習は楽しいこと」という感覚なのに対して、
「本番は楽しむけど練習とか負担になることは程ほどに」という人も多いのだと知った。


練習して皆で何度も合わせられるのは楽しいし、本番が来たら終わってしまって寂しいという気持ちがあった。
でも皆は本番1回楽しむのみならしくて。


頑張ったり練習するのは個々に任せるというか、それぞれでいいと思ってるけど、私の何気ない言動や、ストイックスタイル??が、他人も巻き込んで負担をかけてるかもしれない、とも。


例えば、「月曜日頑張ろうね!」と挨拶代わりに軽く言うんだけど、
それを聞いてちょっと苦い顔して「程ほどに~」とかって返してくる人もいて、その人にとっては負担な言葉なんだろうなーと思った。


私はやりたいからやってるだけだし、やらない人がいるならその分も補えるように何か考えて、少しでも皆に楽しんでもらいたい。


全体練習がグダグダだった。
それでいいと保育士さんもママさんも言うけど、たぶんそのクリスマス会に来た他の人たちは、楽しめない気がするんだよね。

演奏がトチるとか、止まっちゃうとか、技術的な事は、別に演奏会じゃないから楽しめる楽しめないは関係ないだろうけど、グダグダなのはダメかな。



大人も楽しむために、大人が知ってる恋をダンス付きでセットリストに加えたのに、誰も結局踊れないまま、適当でいっかーみたいになった。


見てる人見てる子供たちにも「真似してね~」と言えればいいけど、お手本が居なきゃ言えないどころか、ワイワイママさんが前で迷いながら動いてるのを見せられても…


って、だから、歌いながらフルで踊ることにしたわけで。

テンポも、原曲通りでやる予定だったけど、せっかく少し覚えた人も早くてついていけなかったり、
見よう見まねで本番体を動かしてくれるかもしれない子供たちが参加するのも考えて、ピアノの人にテンポを落とすのをお願いした。



全体練習の時緊張したけど、
前日寝れるかしら(笑)




にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 学習障害へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 子育てブログ 年子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村


[ 2017/12/16 13:22 ]

| 音楽 | コメント(0) |
音楽の話
早く寝れるはずが、やっちゃんが起きてしまってからなんだか私がなかなか寝れず。



今度やるクリスマス会での演奏の練習をちょこちょこやってます。
楽譜作りが終わったのでわりとまったりしながら、段ボールで引き出し?とか作ったりする余裕もあり。


ただ、相方のフルートは初心者な感じなので、作った楽譜の難しいところを簡略化してあげたりといった作業を、時々会ってやってます。



ピアノの方は、最初は「最後の週は時間も作れるし、毎日でも合わせたいです、場所は提供出来ます」くらいのことを言ってらしたのですが、最終的に
「全体練習一回やるときに確認できれば、ああとはずれても修正出来ますし大丈夫でしょう、演奏者が必死なコンサートではなく、本番楽しみましょう」との捨て台詞(ライン)


言ってる事がころころ変わる人は苦手なのです。
気持ちの切り替えと対応が難しい…

そもそも、不安で必死に練習したいわけではないのです。
相方さんはガッツリ不安そうで、最初は辞めようかと言い出すほどでしたので、それを「頑張ろうよ」とひき止めた責任…というわけじゃないけど、
彼女の不安を少しでも取り除いて、本番も楽しんでクリスマス会を過ごせるようにしてあげるのが普通なのではないかなって思っちゃいます。

ほんっとによく頑張ってて、予定もかなり融通きかせてくれてたり、夜中4時まで楽譜作成頑張ってたりして。

ピアノとも2回は合わせたいです、と言ってたし、その時ピアノさんも乗り気だったのですが…

いざ練習日調整したら、もう他の予定入れちゃったから無理ですってなりました。

そもそも講師というプロなわけで、このクリスマス会は「ボランティア」感が強い様子。
ボランティアなのにこんなに時間使ったり必死になる必要あるのか?と思ったらしいです。


なんか、感覚違うんだなぁ…とわかって、引き続きフルート相方とだけで頑張ることにしました。


必死になってるというより、私は『練習自体が楽しい、本番までの行程が楽しい』という感覚でやってます。
そりゃ、忙しいなとか、大変だなって事もありますが、それも含め、やっぱり楽しいのです。
楽譜考えるのも、練習するのも、合奏するのも。



他の参加者さんたちもみたいだけど、「本番を楽しむ」のみみたい。
『今』は、負担になることはしたくないし、気軽に出来ないことはやらない、そういうスタンスのようでした。

なるほど~そりゃそうか、みんなそれぞれ、楽しい事って違うもんなって気づきました。

無理に練習合わせてもらわなくてもそれならそれでオッケーです。
タイミングや内容などの確認作業に1度くらい時間作ってくれても良かったのではないかと思うけどね(^_^;)


せっかく集まったメンバーで、もう二度とこのメンバーや、今回やる曲や楽譜を使った演奏はやらない。
だから楽しくやりたかったのになぁ。

大変なのもずっと続く訳じゃないし。
でも、楽しくないどころか、負担だったりするならやる必要は無いですからね。


フルート相方さんのサポートは引き続きするということで、あと一週間、変わらず頑張ろうと思います☆





父の方のリサイタル?にも誘われてます。

プロのカホン奏者、元プロで現在指導を行ってるピアノの方とちょこちょこライブしてるらしく。


一曲だけ参加してみることに。

まぁ1月末なので先ですが。
昼間だし、子供居ても問題無いとのこと。
ブラスの方と似たような感じだし、楽しみです!
まぁ父と絡むのはちょっとめんどくさいなぁって思いますが…前も父のサックスと演奏したけど、それは楽しかったので(*´▽`*)



なんだか、真剣に音楽や練習などに向き合える仲間が欲しいと、今回の事で強く思いました。



ブラスの方も、ゆるい中でもみんな真剣だし、歌の相方のモチベは私と同じだと感じる。
ボランティアの演奏活動の良さに気づいたし、誰かに演奏を聴いてもらえること、そして聴く相手によってやる曲を変えたりパフォーマンスすら入れて会場を盛り上げるというのが本当に楽しい。



歌も歌いたいけど拘らず演奏出来るのっていいなーって。

躍りも下手だけど(笑)挑戦できて楽しかった♪




1月のブラスの本番もパスして父の方一本でとコントロールしつつ、
もっと楽器やりたいなって思ってきました。


やっちゃんたちが応援してくれたりするのもあるかな。


何より、そっちが充実してると育児とかもそれなりにうまくやれる。






人間関係にストレスを感じると体調、心の調子を崩してしまいます。
それを旦那は心配してます。

でも人間関係はどこにでもついて回る…。
それを避けるなら活動するなという事と同じ。



とりあえず、うまくやっていきたいです。





今回のクリスマス会でやる曲、来年もやりたいなー(笑)
出来たらカッコいい!って所が少しずつ吹けるようになってきました。




今日の公園タイム。




にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 学習障害へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 子育てブログ 年子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
[ 2017/12/09 21:38 ]

| 音楽 | コメント(0) |
| ホーム | 次のページ>>