面談と体験教室
忙しい波がちょっと一段落?

風邪で喉がめちゃ腫れてます。



一昨日?は、幼稚園プレ、そして午後療育教室でした。ゆっきーの一歳半健診もありパパがいってくれました。

今日は、幼稚園での面談と、リタリコ体験教室の日でした。



面談は、1日に願書提出と面接などがあると紙にも書いてあったのですが、プレの人間は今日が面接だったのか…??

行くと、土曜ということもあってパパ連れの多いこと。
そしてほとんどがスーツ!

私は昨晩決めていた普段着を、行く直前に上だけかしこまった所向けに買ったキレイめのものに変更したので、ちょっとほっとしました。

が、髪が…雨ではねっはねでやばかったです。
こんなときに限って、セットがうまく行ったので安心してしまい、ごむとか持ってきてなくて。

ポンチョ着て雨のなか歩くのでね。よくよく考えればわかることだったのにね(^-^;




面接、いや面談は、(副?)園長先生でした。

教材を使ってやっちゃんの様子をみます。

果物や野菜の名前がわかるかどうか。
三角などの形や色がわかるかどうか、数はわかるかどうか、鉛筆の持ち方はどうか。



指示理解が難しいのはやはりあきらかにわかることで、先生も感じた様子。
数字はまだかな?といわれました。
一応なんとなくわかっていそうですが、この時は答えず。
たぶん、自分の言葉を受け取ってもらえるまで相手の話が聞けない部分が出ていて、答えられなかっただけな気もします。

そうだね、と一言だけでも言ってあげられると、こちらの指示も聞ける体勢に入るんですけどね。

そして、この間ずっとうねうねうねうね落ち着かない様子でした。

療育教室では椅子に座って少しならじっとしていられるので、多少緊張や不安などもあったのだと思いますが、先生には、
多動が気になりますが…と言われました。



もう一人の先生と、どうでしょう?と相談して、幼稚園に入ってからかなぁ…と話してから、
「多動が気になりますが、頑張ってみましょうか。こちらもいろいろやってみますので、ご家庭での協力をよろしくお願いします」
といったようなことを言われ、
入園の許可を得られたのかな?という感じです。


箸の準備として、スプーンや鉛筆は入園までの期間で逆手で持てるようにしておいてください、とも言われ、がががーん。



そんな、まだ手づかみ食べが主なのに、無理だろ~そんな段階じゃないよーって、思いましたけどね。

幼稚園とはそういうところなのかと。
ここはとくに、少ししつけなどもしっかりしていてお勉強系の園とも言われていますし。

これまで、療育とかの環境や、優しい保育園の先生たちに囲まれた世界にいたので、やっちゃんのペースを大事にしながらゆっくりで、そして発達障害やその特徴を理解してくれてる人達ばかりなので違和感なく過ごせていました。

やっちゃんも発達障害の特性をしっかりもってると実感する中で、周りの子とそこまで変わらないのではないかという気持ちも半分くらいあったんですよね、でも幼稚園にいくと、急に周りの子達はしっかりものに見え、コミュニケーションも問題なくやっていて、
あぁやっぱり定型の子とは確実に違うのだな…と感じさせられます。



幼稚園は、専門家さんや発達障害の知識をしっかりもった人間がいる世界ではないんだよな、と当たり前の事も感じました。

まぁ、面談は園長先生で、保育する実際の先生のやり方などはまた別なのかもしれませんけどね。




幼稚園でうまくやれないと、退園させられる可能性もあるのでは?!と、このやりとりで雰囲気を感じ取ってしまって。

やっちゃんとしても、これまで同様上手に誘導してもらいながらやっていける生活では無くなるのだなって考えたら、なんか…可哀想すぎる( ;∀;)って思っちゃって。








この面談後、ちょうどリタリコジュニアの体験教室でした。
学生塾であり、幼児教室とうたっていますが、
受給者証がいらない、発達障害などの子達が通える教室です。
もちろんそうでない子も通いますが、それぞれの苦手な所を専門的な知識を持った指導員が指導してくれるところということで。


見学にいくと、生徒さんはたくさんいましたが、ほぼ発達障害児さんのようでした。

エレベーターですれ違う子など。



今回体験教室の担当をしてくれたのは、ここの教室の先生というわけではなく、先生の指導をしているような上の人だったのです…
ちゃんとここの教室の先生クオリティでやってくれよ(゜.゜)と思いながら


少し先生と話して、その後30分くらい授業体験。
私とゆっきーは外で、おもちゃで遊ばせながら待ちました。
パソコンでモニタリング出来ますが、ゆっきーがいるのでiPadで見ながら。


いつも通りのやっちゃんでした。

車メインで遊び、ルールのある遊びはやりたがらない。

でも短い時間でいろいろな事をやって、やっちゃんが先生の言ったことをやらずに自分ルール爆発させると、ちゃんとうまくそこに入り込みながらも軌道修正してやってくれていました。
やっちゃんの好きな車を使ってとか、臨機応変にルールを変えたりして。




最後に話したときも、この短時間で、私が感じていた必要な支援内容を的確に指摘されていたので、安心して聞くことが出来ました。



受給者証を使っての支援コースは最寄り駅が隣の教室になり、また待機の登録をしなければならない様子。

ひとこま7000円と、私たちからすると高い授業料なのですが、専門的な知識を持った人が、その子その子にとって一番いい教え方をしながら授業してくれるという内容を考えると、もしかしたら妥当なのかもしれないですね。



今行ってる療育だけでは、幼稚園の準備は間に合わないと感じてます。

集団生活になんとなく馴染むことが出来る力は付けられると思いますが、例えば園で言われたスプーンの持ち方などのような細かい部分は対応しきれないわけで。



リタリコの先生はやはり感覚統合という面で、
やっちゃんはやってることをすぐに忘れ別の事をやろうとして集中出来なかったりする様子や、体の使い方、細かい体の動きの模倣などが苦手なのを理解してくれてて、

感覚統合療法として運動面強化するような授業でまずはやっていくという話でした。


百パーセント力を体に入れる事と、0パーセントにするという感覚を掴んで少しずつ筋肉の動きを学ぶとか
自分の手や足はこうなっているんだなぁと学んでいけるように。


今はちょっとの刺激ですぐに集中が切れてしまうので、お絵かきなら他のクレヨンを見えないように片付けたりといった操作がまだ必要といってました。

これは作業療法士さんにも教わったので、療育教室でもやっていることです。


でも幼稚園ではいろんなもので溢れているので、少しずつ刺激を多くしていかなければならないということも教わりました。



パパと話して、こちらの幼児教室に通うことを考えています。

定員があるので、比較的空いてる曜日の空いてる時間帯などを聞きました。



入会金などもうちにとっては多額なんですが… 
一応、ハビーの体験教室も予約をとっておこうと思います。


受給者証を使ってだと、制限があるらしいのですがその辺の事がまだわかっていません(|| ゜Д゜) 






にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 学習障害へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 子育てブログ 年子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2017/10/21 20:11 ]

| 長男2歳 | コメント(0) |
心のケア
今日は二人を連れて電車とバスで移動。
保育園のホール内で吹奏楽の練習です。

保育園ということもあり、滑り台やボールなどの遊具があって、子供たちは楽しそうに遊びながら過ごしました。


私は歌ったり、カホンでリズムをとったり、フルート練習したり。

まだほとんど使い物にならない初心者ですが、今日の練習は主催者ではなくメンバーが設定した日だったので、参加者も10人居ませんでした。


お昼までやって、近くの公園でお弁当。











吹奏楽の日は私もリフレッシュ出来るので、二人連れての移動などは体は疲れますが、
子供にも優しく居られます。



でも、ここ最近新しいことが増えたということで、やっちゃんも同じように当たら場所きにいったりする事が増えました。

それが刺激になりすぎて、少し疲れてきているなと感じています。


私も早めに疲れが出てしまう方なのでそう感じただけなのですが、
イヤイヤが激しく再発。

トイレやパンツどころか、オムツ替え拒否。
やだ!と、何でも否定。
自分ルールがうまくいかないとダメ。


また、悲しいときにクーンクーンと犬みたいに泣く時や、思い通りにいかなかったとき「もう疲れた」「しんどくなっちゃった」と言うように。


今日の夜も寝るときに、読みたい絵本が無い!と機嫌が悪くて、どちらかというと悲しそうな、疲れているんだなと感じるような反応でした。


お昼寝はいつもより遅い時間でしたがとったんですけど、それでもすっきりしないのはストレスや疲れ、とくに心の疲れだと思いました。



投げたり叩いたり押したりで怒られる時もあるし、今これで遊びたい!というのが聞き入れてもらえない事もある。


そういうのが、彼のなかでまだうまく処理ができないようです。



普段からこちらの言ってることがあまり伝わってないので、もしかしたらやっちゃんからすると【理不尽に怒られてる】状態が、普通の子より多いのかなぁと感じました。






もう少し、定型の子に比べたら甘めにしてあげる方がいいのかもしれない…
と、悩んでいます。



週5の療育教室見学の時、【他のお友だちにおもちゃを取られたりしたくないタイプの子には、つい立てを使って、他の子が来ないようにしてる】という説明がありました。


やっちゃんに、いつでもどこでも「お友達と一緒に」と教えるのは、もしかしたら少しストレスが溜まることなのかも…?と思っています。


つい嫌なことがあったときに投げたり叩いたりしてしまうのも、最近怒りすぎてるのかも…?

こちらの余裕があるときは、やっちゃんの気持ちを聞いて肯定してあげたりしてますが、その回数よりヽ(♯`Д´)ノコリャーッって方がやはり多い。



投げる事はよくないけれど、おこらずに教えてあげるよう気を付けなければいけない気がしました。



更に、前に同じように少し様子が気になったときに、やっちゃんに「ここはごめんなさいでしょう」と教えるのを止めようと決めた事がありました。


今自然と、また出てしまってます…これは反省すべき所かもしれません。


どんなにコミュニケーションが前より取れるようになってきたとはいえ、まだまだ、こちらの説明が理解できない事は多い。

理解してると思ってても、実際してないこともたくさんあると思います。

ゆっきーが遊んでたのに勝手に取ったらダメでしょ!貸してって言ってからだよ、貸してくれなかったら奪ったらダメだよ!
とか。
こんな内容の事言っても、理解はまだ出来ないのに。


叩いたり押したりするのではなく、言葉でいいなさいと教えたり、こう言うときはこう言えばいいんだよ、
と教えても、まだまだ次の時に使うことは出来ないから何度も言われることになり、こちらもどんどん当たり前のように怒るようになる。



もう定型の子は、こういった説明は理解出来る。
咄嗟にはもちろんまだ対応出来ないけれどね。

でも毎回毎回納得できない状態で言われ続けるというのは、きっと辛いよね、って。



刺激で疲れたときは自分でも気付きにくく、気持ちも情緒不安定になるのは私でもわかっているのに、
うまくやっちゃんに変換して考えられなくなっています。




いかん。
このままじゃ。

最近落ちついてる時間が前より減ってたりする気も…。



初心にかえらねば( ̄□ ̄;)!!




拘りは不安を和らげる為の行為

だから、ある程度それならのめるっていう拘りは、やってあげたらいいんだよねきっと。

自分ルールも。

食事の事に関しては、無理強いせずを継続中。
だいぶ落ち着きました。


遊びでの気持ちの切り替えが難しく、もやっとした気持ちをうまく消化したり発散できないから「手を出す、投げる」といった方向になるだけなんですよね。


投げるなって怒ったら、投げたくなった気持ちの方はどうすればいいのか、本人はきっとわならない。



ある適度教えるのは続けつつも、
まだもう少し、ゆっきーの方に我慢してもったり、ゆっきーに「貸してって言うんだよ」と教えたり(言えるか言えないかではなく、やっちゃんに聞かせるためにゆっきーに言う)
など、ストレスを軽減させてあげることが必要なのかもしれません。



ま、基本的に、見てたらほぼほぼやっちゃんが悪くて、ゆっきーはむしろ優しく貸してくれたりしてるんですけどね…

やっちゃんに求めてるレベルが、成長を感じると共にまた「定型っ子と同じ」になっていたのかもしれない。




発達障害の子は、まずはストレスや不安を和らげる生活を心がけるようにしないといけないのに。






また紙にでも大きく書いて、心がけ実践しよう。



成長と共に対応が変わるというのは言われてたことだけど、ちゃんと本人にとってプラスな対応には、変えられていなかったかな。





私の子供の頃の反応と似てるやっちゃん。

たぶんまだまだもう少し、難しい事は続く…。

きっとこのまま、正論並べてる育児をしていたら、私みたいに親が信じられなくなったりしてしまう。



体調も悪くなってしまったり…こんな小さなうちから心病んでほしくないよ(。´Д⊂)






調べたら、ダメな事はダメカードを使う、
付き合えそうな拘りには付き合う、
本人に選ばせる、
これがいいみたいで。



本人に選ばせるのは、自己肯定感の成長にとてもいいようです。


私も選ばせることはやっていたけど、私にとっての都合の悪いことは聞き入れてあげてない事が多かったと思います。



なんでも彼の言う通りにするわけではないから見極め大変だけど…言葉掛けも、気を付けなきゃ。

こちらが感情的になった時点で、発達障害児くんはこちらのいってることが理解できない事が多いのです。








にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 学習障害へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 子育てブログ 年子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
[ 2017/10/10 23:13 ]

| 長男2歳 | コメント(0) |
こんこん出ちゃう~
結局、昨晩はそんな簡単に寝れるほどな体調では無かった。

30分おきに咳で起きていて、連続でも1時間程度しか寝れない。

私もそのたびに背中をとんとんしたり、姿勢を整えたりお茶をあげたり。
朝まで繰り返した。
苦しい咳が出るたびにもう嫌だーと泣くやっちゃん。


嘔吐用バケツに顔を突っ込んで寝て。

水分は口に含む程度を起きるたびにあげてたけど、
朝方目を離した隙に多目にお水を飲んだら、また咳でうぇっと出てきてしまった。

朝御飯はゼリーとリンゴをごく少量。

午前中にまた昨日行った病院へタクシーで。


先生に夜寝れなかったと伝えると驚く?ような感じで、それは辛いので「抗生物質は使いたくなかったけど、咳を止めましょう」と、咳を止める薬を出してもらいました。


強い薬らしく、副作用が出るまで使わないので3日間だけ、必ず金曜見せに来てくださいと。
何かあったらこの日はここの病院に居ますからとチラシもくださった。

車なしの私からすると行けないわ!と思ったし、この病院すら遠いのに、午後もゆっきーの鼻水吸いに来てと言われるし、
近ければ良かったのになぁと。
結局、そこまでゆっきーの鼻水がひどくは感じなかったので行かなかったけど。




やっちゃん、お昼は少しだけ量を増やして、食べれそうなものだけ食べた。

お昼寝は、始めは寝ても10分で起きてたけど、私のお膝で2時から3時半過ぎまで起きることなく寝ることが出来た。



ただ、朝熱が38.4出て、午後は38.8まで上がった。

インナーだけにして過ごさせて、夜にはギリギリ下がってたけど。

咳き込むたびに、汗びっしょりで体があつくなってるからしんどそう。






夜は薬が効いてきたのか咳もちょっと減り、吐くことが無くなり、連続で寝れる時間が増えてきてる。




普段は別の部屋で寝てるけど、今はやっちゃんの部屋に寝てます。






明日のプレはお休みにしました。
早く元気になって皆で遊びにいきたいです。






にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 学習障害へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 子育てブログ 年子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
[ 2017/09/20 21:40 ]

| 長男2歳 | コメント(0) |
RS?気管支炎?咳が止まらない
土曜の夕方から咳が出始めて、結構つらそうで、昨晩は咳の反動で吐いてしまった。

そのあとなんとか寝れて、3時過ぎに1度起きたものの再入眠出来た。


私は3時過ぎに起きてから寝れなくなってそのまま朝を迎える。
3時間寝れたかなと。



昨日記事にかいた通り、午前中は資料58ページ読んで線を引っ張ったりして偏食に関する勉強を。まだこれからノートにまとめたい…

家事をこなしながら、療育教室にも電話して偏食対応を聞いたわけだけど。





午後に、家からだと40分くらいかかる場所にある小児科へ行った。



待ち時間の間に待合室で咳の反動で少し嘔吐。迅速な看護婦さんの対応ですぐに綺麗にしてもらった。


こう、簡単に出てきちゃうんですよね。
咳で。
辛い、辛い。

基本的にずっと咳は出ていたけど、特に動いたあと止まらなくなると話すと、少し気管支炎になってるかも…とのこと。

鼻水は薬を出さない方がいいと言われ、気管支喘息などの薬(夕食後1回)が出た。


夕方帰宅。
なんだかどんどん咳がひどくなって、食事が咳で取れないくらい。
止んだと思いスプーンを口に持ってくとまた苦しい咳が始まって、帰宅したのが遅かった上に食事にもかなり時間がかかった。

食べた量は少ないけど、本人なかなかごちそうさましなくて、ちょっとずつ食べてた。


薬を飲ませても一向に良くならず、気管支を広げる胸に貼るテープもつけたけど、夜寝るときに2度嘔吐。


パパは徹夜で帰らず、リビングは帰ってきた時のまんま、片付けられてないカバンや、嘔吐物の山、犬のご飯もあげてないままずっと、寝室でやっちゃんに付き添う。


咳の合間に寝て、咳で起きて泣いて…。

私も小児喘息をしていたし気管支は弱いので、よく吐いていたし苦しさはわかるけど、ほんとうにつらそうで。

もう一度夜間の病院連れてく?!ゆっきー寝ちゃったけど?!
とか悩みながら、大丈夫だよって背中や胸をさすったりダッコしたりするしか出来ない。


薬には、速効性は無いから勝手にやめないようにと書いてあり、診察中先生は「飲めばすぐに効いてくると思うから、効かなかったら明日にでも来てください」と。
院内処方だから、先生の言った通りわりとすぐに効いてくれると思ってたんだけど…ゆっきーも泣いて騒いでたから聞き間違えた?とらえ間違えた?とか想いながら。



小さめのバケツに袋を入れて、キッチンペーパー敷いて渡したら、汚れる心配からか抱え込んで寝た。
バケツに顔突っ込んだまま寝るから心配だったけど、1時間半程でなんとか寝付けて咳が静まる。

寝られても大きな息をして苦しそうだったけど、寝付いてから30分たつ頃に呼吸が静かになった。

ほっとしたら、お腹すいてきた(^o^;)グ~
けど、毎回寝てから1時間する頃にまた咳で起きるので、まだ寝室で待機。
苦しいときに側に居てあげたい。


寝ながら負うとしたときは上を向いてたから嘔吐物が喉に詰まって危なかった。

横向いて寝るように言っても上を向いてしまうので、布団を縦長に丸めてベッドに置いて、寄りかかれるようにした。
それでも咳き込む度に上向いて顔にバケツ覆ってるから、吐いても顔にかかるやんけ!!とその度に体制を戻させていた。

だから、なんか心配で側を離れられない。


嘔吐で汚れるとパニックになって部屋のあちこち歩き回って汚しまくるし(苦笑)



咳が止まらない時って、胸が痛いんだよね。

喉も痛いし苦しいよね。
昼も夜も吐いてるから、食事もあまり栄養とれてないだろうし、体力消耗するよね。


さて寝てから1時間後(約45分)の、睡眠が浅くなったタイミングがやってきて、思いの外軽く咳をして唸っただけで、背中をさすっていたらまた寝ることができました。

もう1時間後(約45分頃)、睡眠が浅くなるはず。
そのタイミングで咳が出るわけだけど、
そこをなんとか乗り越えられれば、次は3時間後くらいまでは熟睡出来るはず…


そこまでいけば、嘔吐リスクは減るかな…??


そう簡単にはいかないか(^o^;)

明日はもう一度病院に行くべきなのか。もらった薬は5日分。

なんだか苦しそうな姿を見てると、判断が難しい。






にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 学習障害へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 子育てブログ 年子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
[ 2017/09/19 21:08 ]

| 長男2歳 | コメント(0) |
偏食が始まった
幼稚園プレで作った花瓶(一輪挿し)



ま、ほとんど私がやったんですけどね。
やっちゃんは、汚れるのと粘土の感触が嫌で、ビーズを付けるところのみ、あー着色の絵の具の色選びを(笑)

私がやってて、楽しかったんですけどね~(笑)
いつか、本人がしっかり一人で作った物を使いたいです。







やっちゃんは風邪で咳が出てるのですが、吐きやすい体質なので昔から風邪を引く度に夜寝室で吐いてしまってます。

ゆっきーは1度も吐いたことないのに…どんだけはくんだ?!いつまでだ?!


今夜も吐いてしまいました。


ベビーベッドの柵やシーツ、寝んねのお供のくまさん、スリーパー、床、同じ部屋にあるシングルベッドのマットが汚れました。



苦しいのはやっちゃんなので、大丈夫だよ~しんどかったね~となだめながら笑顔で片付けます。

もう一度寝るときに側について、ベッドの頭の方を高くしてましたが更に少し角度を上げ、お咳が出たら頭を高くするんだよ?と何度も伝え(寝相悪くてすぐ反対になったりするから)、なんとか寝付いてくれました。



市販の薬は、止めるだけで良くなるわけではないし、むしろ子供の免疫力や戦う力を低下させてしまうというのであまり使いたくないのですが。

土曜日から咳が出始めて、月曜日の今日も祝日でなかなか病院に行けず。

ゆっきーは市販の薬は飲ませずに頑張ってもらってます(笑)

でもやっちゃんは、1度咳が出るだけでナイーブになります。
こんこん出ちゃった~と泣き出すし、寝るときにはこうやって吐いてしまう事も多い。


少しでも寝てる間、落ち着いて寝れるといいのですが。
昨晩は咳が出る度に目を覚ましウーウー唸って再入眠でした。




で、偏食が始まったのです。
前からあったのが酷くなったのかもしれませんが、基本的に何でも食べてくれてた赤ちゃん時代。
3歳前にして、急に、ご飯かパンしか食べなくなってしまいました( ノД`)…


食べず嫌いなだけだと思い、一口だけでも食べよう!と頑張って声かけたり、時に怒ったり、あの手この手で挑んでましたがどうもうまくいかない。


ご飯におかず、スープやサラダを出しても、ご飯にふりかけかける!と言ってご飯だけ食べたらごちそうさまとか…
時には席についても、食べる~と泣きながら手が出せない状態に。

お膝にのせてあやせば食べる時もありましたが、それを続けていいのかもわからない。










こんな資料をみつけました。
発達障害の食事に関する困難の研究、アンケートのようなやつです。

全58ページ…明日の一時保育時間を使ってお勉強します。


どうも、感覚過敏から色、触感、見た目などいろんな角度から見た過敏が原因で食べられなかったり気持ち悪く感じたりするらしいです。


私も「食べず嫌い」な子供でした。
食べたら美味しかった!なんて事もあったのを覚えてますが、どうしても食べたいと思え無かったのを覚えてます。


いつから食べれるようになってきたのかはわからないけど…


ざっと目を通しただけだけど、それ以外にも「食べるときと食べないときの差が激しい」「お腹が空いても食べようと思えない」など、食に関しての問題がたくさんあるらしいです。


療育で「かじりとる練習」を細かく指摘され、なんでそこまで言われなきゃならないのか?と思っていましたが、
資料には、発達障害の人は口いっぱいに入れてしまう、といった所もあるようです。

私も、そうなんです…f(^^;

食べてるときうまく食べれなくて、口に一生懸命詰め込んで。
今でもそうやって、必死に食べてる時があり、自分でもその姿を恥ずかしいとちゃんと実感出来ています。

女の子が綺麗にスマートに少しずつ食べる中、私は唇にソースなどがついてしまいながら口の中いっぱいに頬張るの。


あぁこれか、と。

食に関してのストレスがあるのなら、このときの感覚を想像すると気持ちをわかってあげられる気がしました。

なんか、うまくいかないんですよね。

今から教えて上げられれば…。




この前は、めかぶととろろ、そこに本人の希望で納豆追加したご飯にでしたが、一口食べて 
「おくちばっちっちなる!」と泣いて、それ以上食べてくれませんでした。
今日は、朝のスクランブルエッグ。一口のみ。
それも、これお口に入れたらおしまいにしよう!という私の声かけで頑張っただけ。
卵料理があまり好きではないのか、卵焼きも食べたがらない。

夜は、いんげんのごま和え。
黒ごまで和えたのがいけなかったのか、「お口ばっちっちなる!」と見た目から入っていけず…。

最近ろくに野菜を食べていません。
混ぜご飯なら食べれるのでチャーハンなどにして野菜をあげてますが、そんなんじゃ足らないと思う…

シチューなどもダメでした。


もともと丼ものって好きじゃなかったし。


ただ、お弁当や外で食べる、保育園での給食は、家で食べるより食べれるみたい。
状況にもよるようなことが資料にもありましたし、何か工夫して食べられるようにしてあげたいです。

型抜きした野菜はわりと食べてくれるんですけどね。


今日のお昼は、もうご飯作りがしんどくて、子育てセンターに入ってるカフェで食べさせました。






バナナ、りんご、チーズ(一歳からのチーズ)、ハンバーグ、ポテト、ミニトマト、きゅうり、枝豆、パン、ご飯…


食べなれてるこの辺は食べれるので、メニューを見て最近はすぐに「バナナが食べたい、チーズが食べたい」と言い出します。

椅子に座りながら「美味しそう!」と言ってくれたとしても、食べれる一品か二品食べるとすぐにごちそうさまです。


口に入れて「これ違った」と出す事もあるし…

酷いときは1食抜くくらい嫌がる。




食事の時になると、足が痛いとか言い出したり、咳がその時だけ異様に多くなったり。

精神的な反応が出てる模様。



とりあえず、療育の教室にも電話して対応聞いてみようと思います。
電話で教えてくれるのかな…次の療育開始は1か月後だし…




相談できる人、共感できる人がなかなかいなくて、辛いです。
保育園の先生とか、子育て相談センターの心理士さんとかにもらす事は出来ていますが、なんだか最近は近況報告みたいになってて、解決法が出る訳じゃないからすっきりしなくて。
聞いてもらえるだけでも少し楽になるんで、とても助かっているのですが。

最終的には、やっちゃんと私の間でなんとかやるって感じです。
二人で頑張っていくしか、ないんですねぇ。


でも資料に目を通して、こういう理由がやっぱりあったのかってわかったら、
「ここがだめだったかな、たべてほしかったな」程度でなんとか気持ちを落ち着けられました。



たぶん、食べるときと食べないときの差も、激しい方だと思います。
波も前から感じていたし。

私は空腹が体を重たくして動かなくなるタイプ(資料にもあり)ですが、やっちゃんはパパに似たのかお腹空いてもそこまでお腹すいたー!とならない子なので、なおさら食事の切り替えがうまくいかないのかなって思いました。



やっちゃんはどんなのなら食べたいと思うのか、どんなのが食べたくないと思うのか、勉強しながら探っていきたいと思います。





にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 学習障害へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 子育てブログ 年子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
[ 2017/09/18 21:53 ]

| 長男2歳 | コメント(0) |
| ホーム | 次のページ>>