FC2ブログ
自宅で運動療育も必要
こんばんは。

1日15000歩歩く専業主婦です。




この前理学療法士さんといろいろ教わったり話したりしました。



私と、やっちと、そしてゆっちも。
生まれつき筋肉が弱く付きづらいらしいです。

おしりの筋肉が生まれつき弱くてなかなか付かないことから、私は三十路になっても足のいろいろな痛みに耐え、姿勢の維持や体の歪みなんかにもいろいろな影響を与えてます。


小学校の時から立ち姿勢が悪く、脚の膝部分が後ろ側にそった状態で立ったり、立ってキッチンにいれば必ず寄りかかっていたりといった悪い癖もついています。



同じことがやっちにも言え、歩き方もズリズリ擦るような歩き方で地面を蹴る動きが弱いです。



理学療法士さんにやっちの脚の重心やらを見てもらって、右足より左足の方が大きいことや、靴の選び方サイズの選び方なんかも教えてくれました。


片足は扁平足のように歩いているようです。
小指が内側に向かっていることも、指をしっかり使って歩けないことに繋がってくるようです。


もう少し足のサイズの成長がゆっくりになったら、足の筋肉を鍛えられるような機能のついた靴を履かせた方が良さそうです。



ただ歩いたり走ったりしてるだけではなかなこ身に付かなくて、どんどん筋肉を使わなくてもいい歩き方になってしまい、結果疲れやすくなっていくと教わりました。

足を見ても、「疲れやすい脚をしてる」と言ってました…





とにかく改善するには筋肉をつけるしかない。

でも筋肉が弱いので、普通の人と同じだけ運動しても、それでやっと皆と同じスタートラインに立てるくらい遅い出だしになってしまうらしいです。



つまりいろいろな面で人より努力しなきゃいけない。

運動のみならず…orz




運動としては、
蹴る力をつける為につま先立ちを取り入れた運動、
バランス感覚を鍛えるような運動、
自由では無く物に合わせた運動、


これらがいいらしいです。

つま先立ちをとりいれた運動というのは、背伸びのような動きとか、トランポリンでのジャンプ、あとはおしりの筋肉をつけるためのスクワット等。


まだスクワットは難しいですが…


バランス感覚や物に合わせるというのは、筋肉をコントロールする力を育てることが出来るようです。


けんけんぱのような、ワッカに合わせて飛ぶ動きは、ワッカからバランスを崩して倒れそうになったときに倒れないよう踏ん張る時に細かい筋肉も刺激しながら使う。


まだ片足立ちも出来ないし、両足飛びもワッカ目掛けてだとぎこちない。




でも頑張らないと、もうすでに脚の痛みを日頃から訴える事が増えてきてる。

幼稚園の運動や遠足なんかで、よく歩く場面があるときには、痛みからくるぐずぐずに手をやきそうです(^o^;)



水泳なんかで歩くだけでもいいといってました。


ま、私水泳長く習ってたのに立ち姿勢子供の頃から変わってないですから、やってればいいというわけでは無く、一筋縄ではいかないんだろうなって感じました。

サッカーのような蹴る動作もいいようです。


毎週土日のどちらかは、運動療育を視野に入れた活動をしようと思います。


今は土日のどちらかはラジオ体操を練習する時間を取り入れてます。


なんと、私と自宅でならフルでまねっこできるようにまでなりましたよ~

動きはおかしいですけどね。

動画を撮って客観的に見たら、やっぱり「上手く出来ない障害の部分」みたいなのを感じました。



今はやろうとする気持ちにしか注目してないので、ここまで出来たら花丸!ですが、
年中さんになる頃にはもう少し体を細かく動かせるようにシフトして行きたいですねー



どうせ子供の将来を考えて継続的に行えるのは私だけだから、頑張らなきゃです。









そのぶん自分のやりたいこともやりながらストレス発散とモチベーション保ちをしていきます…

私って常に?目標や遣り甲斐、達成感のあることをやってないとダメなタイプみたい。





こういうのと同じで、課せる(課する?)ことでやる気が出て頑張れる。

無いと、目的ないままだとダラダラして来てダメ人間になっていくしストレスだけになるみたい。



忙しくても頑張りたい事があると、他の事も調整しなきゃってまた頑張れる。


ただ、躁鬱の再発しやすい環境に身を起きたがる性…みたいにも思うので(笑)、コントロール必須。





もっと積極的にパパも参加してくれるといいんだけど。

気まぐれに手伝う程度だからね。
頑張ったところで初めだけ、ちょっとやったら満足するんだから、ね。
  

指示をしないとゆるんでしまうのは、普段の仕事場が家では無いからだよねきっと。

仕方がない仕方がないf(^_^;




因みにもうひとつの方の個別療育教室でも。次のステップに入ってきました。


まずは音楽をかけながら、音楽が止まるまで遊ぶ、みたいな事をしてました。

リズムに合わせるとか、ゆっくりや速くにあわせるのがまだ出来ないし嫌がるので、少しずつ。



いろいろちゃんと考えながら進めてくれてるのがありがたいです。

出来るならもう少し回数を増やして通いたい。


でも時間的にも体力的にも気持ち的にも、私がきつい。

パパが連れてってくれるわけでもないから、幼稚園も療育2ヵ所も何でもかんでも子供と私セット。



家でゆっちとか見ててくれるだけでもありがたいけどね。

ご飯作っててくれるわけでもないし、外に連れだして遊ばせたり一工夫考えるわけでもないからね。


今月は発達クリニックに通っていて、子供と一時間以上電車乗って病院は疲れる。  


しかもお弁当作って早朝発なので早起き。


時間に追われながら、子供がぐずらずスムーズに遂行するため計画的に先を読んで動く日々。





でも、あやふやにしないで動くことで納得のいく結果がついてきて、解決や見通しが出来てくるから手は抜けない。




クリニックの先生に、脚の痛みの事を話したけど、「小児科で見てもらって方がいい」というだけだった。

理学療法士さんに、諦めずに聞けてよかった。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 学習障害へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 子育てブログ 年子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2018/06/24 00:10 ]

| 発達障害 | コメント(0) |
学習障害で働ける?前厄は本厄の前触れである
今年もよろしくお願いします☆

正月は親戚のおうちや私の実家にご挨拶に行きました。


初詣では、

長男 大吉
次男 吉
ママ 小吉
パパ 中吉

でした。




私と旦那はそろって前厄に突入。
あまり気にはしてなかったけど、正月早々、今年もいろいろ生活が変わり苦労が待ってるようだとわかりました。




父にお金を借りていました。その金額を月一万ずつ貯めて去年の11月に返す約束だったんです。

私は金銭管理を全くしていませんから、ちょこちょこと旦那に「貯めてる?ちゃんと返せる?」と声をかけていました。

11月になったとき、現金で手渡ししたいと旦那が言うのでその機会を待ちました。

12月、父と顔を合わせる機会があったのでそこで返すよう言ったのだけど、おろすのを忘れたというので返せず、
では正月に会うときに返そうと伝えました。


当日、旦那は家を出る直前に、私に「2月まで待って」と言いました。

そもそも11月に返すものを、たんなる手渡しという理由のみで遅らせていたはずなのに返せないという言葉が理解できず。


結局お正月に父には旦那から話したようです。


そして更に、私のカードに入っていたお金が空っぽになっていた事実。
私はずっと働いてないので動くお金ももうなくて、そのカードに入ってたのは緊急の時とかに使おうと思ってました。
全額とは言わなくても半分くらいは返せるだろうと思ったところ、私のお財布にカードが無い。

探しても探しても無くて、旦那も持ってないと言ってた。

ネットから残高がわかるやつだったので確認したら、去年ちょこちょこ引き落とされていた。


もう一度旦那に聞いたら、時々生活費の足りないときに下ろしていたのだという。
というか私の化粧品を買うお金をそこから引いていたのだという。


犬の去勢手術費をそこからおろすという事で去年旦那に渡していたのは何となく思い出したけど…



なんでそれ以降、ここから使うときに私に言わなかった?
なんで0になっても何も報告しなかった?

「ちゃんと戻すから」

戻すお金無いでしょ







そして、「近々いくつか面接に行ってくるから」と。

なに、どういうこと?
聞けば、転職を考えてるんだって。


転職を考えるのも、転職するのもいいけれど、何で何も言わなかったの?

「動き出してからでいいかなって思った」んだって。




夫婦って、家族ってそんなもんだっけ。
彼氏ならそれでいいと思うけど、勝手に決めて勝手に動いて、事後報告でいいの?
私って、そんな感じなわけ?

私がいきなり、「明日から保育園預けて働くから」とか言い出すようなもんでしょ…
それで成り立つのかな家族って。




正直、ショックでした。いろいろ。

隠し事無く、ちゃんと何かあれば報連相しながらやっていける私達だと思っていたのに。


信用も出来なくなってしまった。
本当かなぁって思うようになってしまった。


面接いくつかいってくるって、その場で思い付いたんじゃないの?とか
そもそも貯金なんか、してなかったんじゃないの?とか。


この人とこれからもやっていけるのかなって。





でもまずは子供達のために生活すること。

気を取り直して?


私が金銭管理をおこなう事を伝えました。
私も働く方向で考える事も伝えました。




でもね、ここでもまた問題が。


そもそも私が金銭管理を丸投げしていたのは、発達障害からお金の流れややりくり、管理の仕方が理解できずに居たから。



出来る人がやれば、お母さんじゃなくてもいいよねって思ってたけど、旦那も出来る人では無かったのかもしれないと気付いた。


わりと行き当たりばったりで、計画性を持ってる感じでは無さそう。
後回しとか、その場しのぎもとても多いかも。



それじゃダメに決まってるよね。
子供二人もいるのに、子供の将来のお金の事も、保険とかの事も、計算したり考えながら目標を持ってやっていかないと。

さらに三人目がいつか欲しくて、その節約として車を売ったと言ってたけど、それも怪しく感じる。
節約出来てなかったということだし、単純に車検のお金出なくて売っただけなんじゃ?と。







私が金銭管理をするとなると、まずはお金の動きを理解しなきゃいけない。
よく、見える化するとかで、アプリを使って家計簿を付けうまく行ったよーなんて話も聞くけれど…

私はそれでもわからない。
でもわかるようにならなきゃいけない。

金銭管理支援なんかも調べたけど、生活保護者でもシングルマザーでも無いのになんか変だよなぁ。。



完全なる管理。
通帳類全て回収、まとめられるものがあればまとめる(手続きが大変そうだけど億劫がってたら変わらない?)
通帳記帳(いったい何冊分になるんだか(笑))

そこから、毎月何にどれくらい引き落とされるものがあるのかを書き出す。

私の場合、税金とか?確定申告とか…?よくわかんないけど毎月じゃない何かも全て調べて書き出し把握しておかなければならない。
更新などがあるものも調べて把握しておかないといけない。

カードとか…仕組みがわかってないけどどうすればいいのかな…

入金日等あればそれも書きだし、これからは私がやりに行くことになる。


食費がどれぐらいかなんて全然わからないし、これぐらいの予算で頑張るみたいな感覚すらない。
よくきく、週に使っていいお金を封筒にってやつやらなきゃか。


昔家計簿をつけたことがあったけど、なぜだかマイナスが多くて、あれ?じゃぁなんで今生活出来てるの?どこからお金がわいてるのとか思ったなーそう言えば(-∀-`; )

今もマイナスなのかな?!



転職していくらになるのか、下がるのか、休みなどの形態がどこまで変わるのか…



最後に、私が働くという事。。



ここがまた難しい…
長男幼稚園、次男保育園で働くとする。
私が保育園料を上回る金額を稼げるか?!となる。

発達障害があって、アルバイトしてたときもなかなか上手く出来なくて精神的に負担が大きくなって崩れたのに。
就職とかしたことないし、出来ないことが多いので職種がかなり限られる。

とりあえず事務とか出来ない(笑)


と、なると、…保育園には預けず、一時保育中にぽんと入れるような派遣か。


派遣の経験はあるけど、一時保育すら入れない月があったりして、仕事も都合よく空いてる日に行ける時間で出る確率が少ないのはわかってる。
収入としての期待は薄い。それでもやるか、他の道か?という感じ。



最後に、在宅。
パソコンがあれば、テープお越しかデータ入力くらいは出来るけど、旦那のパソコン壊れたばっかりだし、パソコン無いわー!

発達障害から、データ入力のみならまぁ大丈夫だけど、難しい作業は理解も覚えも出来ないので厳しい。


資材を取りに行って梱包やシール貼りなどの在宅の仕事もあったけど、車がありません。




とりあえずスマホで出来るのとか探しつつ…パソコンをどうにか手に入れるか、保育園考えるか、いろいろと…まだまとまらない。



結局在宅だと、誰かさんの話し相手になるお仕事~高収入!
みたいなのばかり、それくらいしか出来るの無いんじゃないかって…(つд;*)


働くのは好きなんだけどな。




発達障害も精神障害もあり、過剰適応する部分からあまり頑張って働きに出るとその分家事や育児が出来ない状態になる可能性が高い。


私はどうやったらお金が稼げる?!どこを妥協し、どこを頑張る?!



出来ることはやりたい。





にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 学習障害へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 子育てブログ 年子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

[ 2018/01/05 21:18 ]

| 発達障害 | コメント(2) |
「扱いづらさ」が出てきた
子供の風邪がうつりました。
老化を感じる…前は熱が出る前にだけ体の節々が痛かったのに、熱とか関係なく風邪を引くと体が痛くなるように。


またちくのうが酷くて頭痛が。鼻水も後ろに流れるので気持ち悪い。
喉の炎症が強くて変な味がするし、お腹も痛い( ;∀;)


たかが風邪で、こんなに辛くなるなんて…一般的な年齢より体は年老いてるのかも??

五時間以上寝ると背中が痛くて動けなくなるし(|||´Д`)


また一時保育が始まったら体のメンテナンス考えなきゃかな?



こんなんじゃ三人目とか体が耐えられる気がしないわ(´Д`|||)


おばーちゃんになった頃には動けないかもー((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル




大掃除は年内中というこだわり?を改めました。

繁忙期が終わってやっと時間の出来る旦那ちゃんは、毎年家ではゆっくりのんびり期に入る時期(笑)

ゆっくりもし飽きた頃、新年ゆっくり掃除終わらせる気持ちでいよう。


私も子供も風邪だし、一時保育がないとなかなか大掃除が出来ない。
いや、やる気になれないって方が正しいかも。


旦那ちゃんがのんびりしてるの見て、ずるいーのんびりしたいーって思うから、居ないときの方がシャキッとするし。



旦那ちゃんも同じなのかもしれないけど。
というか、ちょこちょこやってくれるんですけどね。
私はがっつりばーっと一気にやりたい派だからもどかしく感じちゃう原因。



日常的に掃除や整理をするような気持ちに切り替えることにしました。

四月からは幼稚園で時間も余裕出るかもしれないし!



どちらにしろ今年は風邪引いてるしこの1ヶ月気持ちが低迷中。

頓服どんどん無くなる。そんな波。







やっちゃんが、何でもないときにふいに叩いてくることが増えてきた。

パパにそれをやるとかなり怒られて、その不満な気持ちみたいなのがさらにパパを叩く方向に走ってる気がする。



衝動的に、また感情がついていかないで無意識に何かしてしまう感覚はよくわかる。



しかも、感覚統合が上手くいかないので、力加減とかができず、なにかとドタバタ。
甘えてるとか側に来ただけでも痛い!ってことも多い。

周りに気づけないので「やらかし」も多い。
発達障害を持ってる人なら付いて回るものだろうけど、

最近思った。
私は女だけど、男の子だとさらにそういうので困ったことが増えるのでは?と。

本人だけじゃなく、周りもね。



頑固さというか、思い込みや曲げない所もちょっとずつ出てきた。


「本当」はどうであれ、本人の中でこちらが右なら右!みたいな感じで。




まだ、たまにしか感じないけど、そう言うのが扱いづらさに直結していく想像が出来てしまった。





にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 学習障害へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 子育てブログ 年子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
[ 2017/12/28 11:04 ]

| 発達障害 | コメント(2) |
自分の考えがわからなくなる時
久しぶりの療育教室へいってきました。
因みに療育教室の前は幼稚園プレで、初の母子分離。
やっちゃんの成長をまた見ることができました。


療育教室で書く紙に、いろいろたまってた悩みごとを書いて、「療法士の面談を希望する」に○をつけた。

でも、面談までいかず、その場の先生からの話で終わらされてしまった(^_^;)

まぁそれはそれで、解決するのなら全然いいのですが。

4つくらいの事を相談内容として書いたんだけど、先生が私に話始めたのはどの相談事なのか?
そもそも私はどんな事を相談したかったんだっけ?
先生の話してる事は私の悩みのどこに結びつければいいのか?


全然わかりませんでした…

抽象的?っていうのか、わからないけど、
具体的な例や私が書いた事を元にアドバイスくれたらいいのだけど先生の話はふわっとした言い方で…
しかも話し方が早いので、わかんなかったよ↓

旦那も、先生のマシンガントークを聞いてる私をみてすぐに危険だなと悟ったらしいけど、なにもしてくれなかった。
まぁ今回はパニックを起こさずにやり過ごせましたけどね。

ただ、先生の言ってた話がなんの事だったの?私が聞きたかった事じゃ無かった気がするんだけど…というモヤモヤした不完全燃焼のものが頭にこびりついて、しばらくぼーっとしてた。

相談したいことがたまっていって、忘れないよう手帳にメモるのです。
でも、やっぱりメモだけじゃなく、頭にその話したいことがリアルに残ってないと、「どんなこと相談したかったんだっけ?」と忘れてしまう…←短期記憶苦手な特徴


でも書くという作業をすると、私は頭のなかのものが消えてしまうんです。
なぜ(; ̄Д ̄)?
昔からなんですけどね。
悩んでた気持ちが消えるのは良さそうにも思えるけど、そもそもやっちゃんはどんな様子だった?という事すら抜けてしまうので、頭のなか空っぽ。

悩みは解決や納得してなくなるんじゃなく
書くのも考えものだな。



ちょっと途中だけど眠剤聞いてから眠くなってきたのでねまーす!


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 学習障害へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 子育てブログ 年子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
[ 2017/12/08 00:30 ]

| 発達障害 | コメント(0) |
ヘルプカードの威力
私はヘルプカードというものを今年の始め頃からつけました。


ヘルプカードについてはコチラを参考に






鞄につけてから、良いこと嬉しい事がとてもたくさんありました!


まず、つけてから仲のいいママともたちには話すことに。
言葉で話すだけではなく、このヘルプカードの手帳の記入した事を読んでもらうことで、相手も頭にも心にも入りやすくなるという事を感じました。
「私に出来ることがあったら言ってね」と言ってもらえたり、その後の関係性も誰とも崩れることなく付き合ってもらえています。


保育園など、よく出入りする所では、職員さんにも声をかけていただく事もありました。
「何か困ったことがあったらいってくださいね!」と。
そういってもらえるだけで、私は嬉しいし、本当に助けを求める勇気が出てきました。




つけることに慣れた頃、周りの人からたまに、「それ見せて」と声をかけてくれる方々も出てきました。

私の場合は療育現場や、音楽活動をさせてもらってるブラスバンドのママさん達。


「見せて」「それなに?」そうやって声をかけること自体、勇気の居る事だと思います。

だからとても嬉しい。

私は、どんなことが苦手なの?とか、こうすると出来るようになるの?とか、ズカズカ聞かれるのを嫌に感じないタイプ。
むしろ何でもきいて~щ(゚д゚щ)カモーンというスタンスなのです。
聞いてくる人も、ちゃんと理解しようとしてるから聞いてくれてるわけで。

なので、そういう人たちとであったり、そういった人が居る事を知ることができた事で、優しい人がたーっくさん居るんだなと知ることが出来ました。




その他にも、タクシーを使ったとき。

その日、バスで目的地に向かったのに始めての路線なので、乗るの間違えたようで(^_^;)
目的地ではなく終点についてしまったんです(。´Д⊂)
遅刻だぁ!と焦って、どうやって目的地に向かえばいいのかとそこら中うろうろ。
旦那に電話してタクシーを使う許可を得て(笑)
タクシーに乗ったのです。


まぁたぶん、運転手さん見てたんでしょうね。うろうろしてる、ヘルプカードを鞄から下げた、困っていそうな人を(笑)



タクシー乗り場で扉が開き、乗ろうとした瞬間から「頭に気をつけて、ゆっくりでいいですからね」
「ドアをしめますが大丈夫ですか?」
のっけからめっちゃ親切!

目的地についてお金を払うときも、「お金をお財布にしまってからでいいですからね。ゆっくりで大丈夫ですよ」といった、気遣ったお言葉の数々。



旦那に夜話したとき、完全に障害者扱いだねと言われましたが、私はこれにとても助かりました。

確かにちょっと焦ってたけどタクシーで不安げにしてたつもりは無いです
そわそわしてたわけでも、急いでガチャガチャしてたわけでも無いです(笑)

でもこういってくれることで、受け入れ体制であることがわかるし、確かにどこかでいつも、おつりをもらったら早くしまって出なければ!みたいな気持ちあるし。
(スーパーレジとかでも。結局お財布にすぐに仕舞えないから手に握ったまま出て、後でゆっくりしまうとか、やってますやってます(笑))

障害者扱いが嫌な人もいるのかもしれませんが、
私は助けてほしい事があったらこの方が自然に伝えられます。
実際に助けてほしいことは、日常からそれなりにあるからかもしれないですけど。

これがわかりません、とか、普通なら「そんなのもわかんないの?」って小さな事も。




ただつけてるだけで、つけてることも忘れてしまうくらいだけど、ちゃんと見て気にかけてくれてる人はいるんですね。


鞄につけ忘れてるときに自分じゃどうにも出来なくなった場面じゃ、ちょっと後悔します。
わーすーれーたー
って。

もちろん、人場所関わらず、相手のこういう対応のおかげで教えてもらいづらいこと?を教わることが出来たり、自分にしたらちょっと勇気の居ることも言えたりしています

ヘルプカードなんか無かったときも、赤ちゃん連れてるだけで声をかけてくれたり助けてくれたり、
世の中優しい人いっぱい。

外を歩いてて幸せな気持ちになったりほっこりしたり、安心したり出来るなんて素敵だよね。




でも改めて思った。
見た目(その人の状態がわかる事)って、大事だ。

振りかざして支援を求めようなんて思わないから、初めはヘルプカードをつけることに抵抗もあって、悩みに悩んだ末の決断だったけど、
これには助けられてて、そして生きやすい環境になりました☆




にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 学習障害へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 子育てブログ 年子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
[ 2017/12/04 01:07 ]

| 発達障害 | コメント(1) |
| ホーム | 次のページ>>