療育場について
前に、現在利用しているこども発達センターの認可通園部門の見学に行きました。


私たちの希望は週5では無く、並行通園の週1なんです。
でもここ、3歳児クラス定員6名、一年契約で2年目には再度申し込んで入れるかどうかという状態ならしいです。


まぁそこはどちらになろうとも、仕方の無い事なんだと納得しています。

が、肝心な療育内容について。

見学に行ったときは、週1クラスはやってない日だったのでどんな感じなのか見ることが出来なかったんですけど、
見学の案内をしてくださった先生は
「ほとんどやってることは週5のクラスと同じだと思っていただいていいと思います」と言いました。

ここに引っ掛かりました。

週5クラスは、朝来たら各自自主課題をこなし、それぞれトイレを済ませた後にプレイルームなどへ行きます。
これは同じクラスの子とか関係なく、その子にあった遊びの部屋へ行くんです。
でも、とりあえず遊んでるだけの時間です。
おままごとの部屋、紙吹雪の部屋、マットや遊具のある部屋、電車などのおもちゃや走り回ったり出来るひろめの部屋。

や、もちろんコミュニケーションなどを育てるためのプログラムというのは、わかっています。


そこで遊んだ後、教室に戻ってきて今度は出席確認みたいなことなどをします。

療育体験クラスでやっていたことと同じで、お名前を呼ばれたらハイタッチしてミニ太鼓どーんと叩く、みたいなのとか。
ペープサートという、音楽に合わせて紙で作ったキャラクターがゆらゆらしてるのを見たり(説明下手くそ!Σ( ̄□ ̄;))
おもしろい動きをするおもちゃや音の出る図鑑などを見たり。

音楽の時間みたいなのもあるし、ほとんど体験教室でやってたことと変わらず、まぁむしろちょっと緩くなってる感じがするくらいでした。

お昼も皆で一緒に食べたりせず、それぞれが堰について食べ始める。

週1クラスがどれほどこの週5クラスと違うのかはわかりませんけどね。


この並行通園に通うことで、はたしてやっちゃんの苦手な所などが改善というか…幼稚園生活に反映するのか…??
という疑問が。。





なので前々から調べてチェックしていた、他の発達支援をしている、幼児教室を再度検討することにしました。



本当は、幼稚園の間は今の療育教室を利用することしか考えていなかったので、小学校に入ってから、学習障害などで授業についていけない子の行ける放課後デイサービスや土日にやってるところに行けたらいいかなーとか思ってたんですけどね。



最寄り駅にはとりあえずそれらしきモノがふたつ。

1つは七田チャイルドアカデミー。
ここ、私の通ってた高校と関係もあってわりとしってるんですが。

どうも受給者証云々ではなく普通に通う塾扱いになるみたいです。
発達支援コースは他のコースより料金も高くて、毎月…○万?



もうひとつは、リタリコ。

マンツーマンと集団両方やったり、最後には面談もあるのでその子にあった内容をしっかりやってもらえる印象です。

親への指導する教室のようなのもあるようでした。

資料請求すると、電話が来て現在のこどもの様子をとても細かく聞かれました。


確かに広凡性発達障害の傾向は見られそうだということや、ただ発達がゆっくりで、溜めてから遅めに成長していくという部分の所もあるとか、いろいろお話してくださいました。


ここは幼稚園や小学校へ向けての準備コースがあります。


普通の塾のように通えるので通所受給者証が無くても大丈夫です。

通所受給者証があると、発達支援クラスとなり、入会金不要だったり金銭的な負担が軽減されるようです。


現在まだ申請してないので、体験クラスの申し込みをしましたがその体験クラスでは普通料金がかかルようです。

また、たしか幼稚園や小学校との連携を取ってくださるとのことでした。

今通ってる療育教室は、小学校になるとほとんど連携が無くなるようですから、ありがたいことですね。






もうひとつ、駅が隣…?電車移動ですが、そちらにも見つけました。
ハビー。

こちらは受給者証が必ず必要です。
なので料金的には通いやすいです。

こちら、体操などの体を動かす事やリトミックにダンスといった内容もしてくださるようです。


私はここが気になって、資料請求してます(連絡はまだです)


私が求める療育というか、必要に感じる部分は、「感覚統合」なんですよね。


感覚統合というのは、物をテーブルに置くときに、経験から力加減を取得する定型っ子に比べ、うまくいかない子達はバン!と置いてしまう、いわば力加減などがうまくコントロール出来なかったりすることです。

感覚、聴覚、視覚過敏もこれに含まれます。

五感の中で、定型の子はバランスよく調整されるので、美味しさなどを感じられるのに対し、
ひとつでもバランスの取れない感覚があれば、美味しいはずのものがそうは感じられなくなってしまいます。

温度、視覚、嗅覚、触感などから、辛さ甘さといった味覚。


体の使い方が不器用なのも、感覚統合が上手くいかない事から来ています。
体の使い方がわからなかったりする。



私は今でも、視覚過敏と、体の使い方が不器用な所でストレスを感じています。

字を書く、歌う、楽器を吹く、ピアノを弾く、運動する、踊る。

全身に力が入った状態になります。
気づけば力を抜く努力をしますが、また集中しだすと入ってしまうし、抜いた状態で行うことがむしろ変な感じだったり…
力加減が上手くいかないようです。


運動に関しても、自分の体を思うように動かせず、ぎこちなかったりこれでいいのか不安だったり、自信が持てないのと同時に楽しむ事が出来ません。

どちらかと言えば得意とする歌でさえ、意識し続けないと全身に力が入っているし、声量が出すぎてしまったり、まぁいろいろとあるわけです。



最後に、これはLDからきてるのかも知れませんが、どこかの感覚を集中して使ってるときは他の感覚を使えなくなってるのです。

これも、感覚統合が難しい面から来ています。




これ、他人の誰も困りません。
他人から見て、まったくわかりませんよね。
本人は、自分と他人の感覚が違うなんて思ったりしないので、知識がなければ自分でも気付かず、苦手意識のあるものが多くてやらずに諦めることも多くなるわけです。


教わっても上手くできないんですから、楽しくないんです。



人々が無意識に自然と出来ることが、訓練してなんとか出来るようになるかどうか…という凸凹持ちは、それなりに残念な事柄が多い。




これ、感覚統合療法という、セラピーですか?ちゃんと訓練を幼いときからして、調整する力を身に付けることが出来れば!
運動なども出来るようになるのだそうです。


はじめから、サッカーとかバスケとか?運動クラブに入れても、基礎を鍛えてないと変わらないのでそれは意味がない。



感覚統合が家で訓練出来る本というのもどうやらあるようですが…




なので、私はとてもこれを重要視しています。

リタリコさんも感覚統合に着目した授業をしてくださるようですが、運動などの出来る場所があるかどうかまではわかりませんでした。






ハビーさんは、発達検査も出来るようでした。



さてここまでが現状なので、見学なりするまでは先の事はわかりませんが、早くから動く事で、あとあと自分の力で生きることが出きるようになると信じています。


そして、マンツーマンでもなく、その子にあった授業をしてくれるわけでもない今の療育センターで、親としても満足するか?みたいな所がありまして。



幼稚園まで後少しです。

認可並行通園の申し込みも来月中旬。そこで申し込むかどうか。
申し込んだとして、年明けて落ちたとき次どうするか。

いろんな道が今あって、どこを選択するのが、親子で楽しく頑張れるのかなぁ…って、考えています。。






にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 学習障害へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 子育てブログ 年子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2017/10/07 23:00 ]

| 発達障害 | コメント(0) |
パニック
やっちゃんは小さな失敗に泣きわめいてこの世の終わりかのように騒ぐ。

なんなんだろう?と思いながら、対応に困っていた。



でもそれが、「パニック」なんだとわかってきた。



パニックとは、不安や心配なことがあって、感情のコントロールが出来なくなったりすること。


彼の中で思い通りに出来なかった事(スプーン使いや、お手拭きがほしいと思ったときに手元に無いなど)にたいして、必要以上に泣いてしまう。


今日は、私が気付かないうちに自主的におもちゃの片付けをしていたのだけど、
入れ物に入りきらない!!と泣きわめき、なんとか終わるも、上手に出来たよ偉かったねと褒めても「全然出来てない!」と泣きべそだった。




発達障害の子は、小さな失敗、思い通りに行かなかった時、想定外の事が怒ったときやビックリしたときなど、その子それぞれ違ったきっかけでパニックを起こしてしまう。



パニックって、暴れたり叩いたり噛みつくといった、よく聞く騒いだりするようなものだけじゃなく、静かなものもあるらしい。
はじっこで一人しくしく泣くだけとか。。



年齢でもパニックの現れかたは違うというけど、
私が自傷のような行為が見られていたのは「パニック」なんだとわかった。

髪の毛を掴んだり体を叩いたり掻いたり。
これが今の私のパニックの時の症状。
そこにいたるまでにも、頭の中が混乱するとわけがわからなくなってしまう。




発達障害の子は、嫌な出来事を覚えている傾向が強いので、嫌だった事が後にも引きずってしまったり、悲観的になりやすい、マイナス思考になりやすいみたい。



嫌だったことが強く残るから、大したことなかったささいな、一日の中のほんの数秒、たったそれだけが、数日先まで頭に居座り続けてしまう。



私も、他からしたらなんでもないような事がのこって、それをずーっと考え続けてしまう。


今、まさにその最中。
しかも、そういった不安な気持ちが続いてる時というのは、どんどんどんどん気になることや心配なこと、嫌だったことが蓄積されて、もっと不安な事が多くなる。


だから、モヤモヤしてる。
あのときあの人が言った言葉、
今日この人が言った意味、

頭を繰り返しめぐってる。





旦那が家にいる間は少し気が紛れるけど、仕事中がどうしてもこういうときは辛い。

自分ではどうすればいいか判断できなくなるし、話したり気をまぎらわせてくれる人が日中子供以外に居ない。
その子供達にも、対応に困ったり悩んだりストレスになる。




あぁなんて柔軟性がないんだ。
なんて切り替えが出来ないんだ。






小学生ですら、発達障害の子はこういう特性のせいで「僕はなんてバカなんだ、死んでしまいたい!」と想うらしい。
ほんのちょっとした、小さな失敗で。




やっちゃんは、この先そんな気持ちにたくさんなりながら、上手く生きる力をつけていかなきゃいけないんだね。
私がしょっちゅう簡単に「もうだめだ」って旦那に言うように





なんて生きづらいんだろう



楽しい気持ち、まぁいっか!という気楽な気持ちでいっぱいになるといいな。






にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 学習障害へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 子育てブログ 年子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
[ 2017/08/17 23:32 ]

| 発達障害 | コメント(0) |
広汎性発達障害
手帳の更新で、診断書を書いてもらったのです。


そしたら、学習障害と書かれてる以外に、PDDという文字。


広汎性発達障害。



テストを受けたとき、「この結果だけでは発達障害かどうかというのはわからない」と言われたきり、それからの診察は特にこれまでとなにも変わらなかったし、そのままなんだと思ってたけど。



ちゃんと、いろんな方面から見た診察で、発達障害についても考えてくれてたんだなぁとわかった。


それにしても、自分が発達障害だとわかったときはびっくりしたけど、学習障害だけだと思ってて、
今回広汎性発達障害というのが出てきて再びのびっくりだ。




まぁ幼少から今にかけて考えてみても、特徴は当てはまってるなぁと思ったけど。


自分が、人に気持ちを伝えたりするのが下手だとか、また変なこといっちゃったっぽいって思うことが多かったり、
興味の幅がかたよっているから興味の無い事に関して弱いとか、
私自身の特徴だと思ってた所が広汎性発達障害の特徴として載ってたりしてね(笑)



コミュニケーションについて悩んだり「あーまた下手なことしちゃったかな」と思うことは現在進行形でたくさんあるし、それがあるからちょっと凹んだりもするけどね、
学習障害のような不自由さは感じてなかったから、

へーそうだったのかー確かにー
くらいなんだけど。





そんなことより、やっちゃんも同じっぽい!という方が問題。


遊びのルールがわからない、自分の使ってる言葉の意味がわかってない、想像力が弱いからイメージ出来なくて理解が難しい事がある(文章問題とか)、そういうのは私もそうだったからよくわかるし、これも特徴としてあるらしい。
そしてやっちゃんもそれを感じる。


私が心療クリニックに通っていなかったらこんなに早くわからなかったので、そこはよかったと思う。


参考に
広汎性発達障害


広汎性発達障害2








あー子供たちが手足口病もらってきて、私もうつってたっぽくて、口内炎出来たよ
悪化こわーい



にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 学習障害へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村
 にほんブログ村 子育てブログ 年子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村


[ 2017/08/05 13:12 ]

| 発達障害 | コメント(0) |
2歳7ヶ月トイトレ中止
昨日の今日だけど(^_^;)

トイトレ、止めました~( ̄O ̄)




朝からトレパンにしてトイレの間隔を記録してたのですが。



長くて一時間、短いと一時間の間に10~15分間隔で5回。

これは…とてもトイトレする段階では無い。


15分間隔で誘ってたのですが、そろそろ誘おうかと思ってたときのお漏らしが続いた。

料理中や洗濯物干してるときもあるし、タイマーかけてやってたんだけど。


タイマーなって少し過ぎたら漏らしちゃった~とか、鳴る直前に出ちゃった~も3回くらいやったかな。


ジーナ式でも初めはパパの協力もあった方がいいってなってたし。


でもどちらにしろ一時間間隔。


お昼ご飯作ってる間に5回プラスうんちであーだこーだやってたら疲れた(笑)

トレパン足りなくて、汚れたらすぐに洗って乾燥機。
でもさすがに10分じゃ乾かないからね(^o^;)




友達に聞いたら、みんな二時間は空いてるっぽい。




うん、発達の遅れがここにも影響出てるってことか。




幼稚園入ってもオムツかもしれないけど、まぁいいや。




間隔が永くなるまでもう少しオムツでのんびり( ´ー`)





にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 学習障害へ
にほんブログ村
 にほんブログ村 子育てブログ 年子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
[ 2017/07/28 15:05 ]

| 発達障害 | コメント(2) |
グレーではない
0歳の頃から、グレーを含め何かしら遺伝していることを確信してたけれど、
もう2歳も後半。
療育に幼稚園のプレに、お友達との絡みに、いろいろ経験することが増えて、やっちゃんもまた一段と成長してるみたいです。


話し言葉が増えたし、自然な接続語などを使える事が増えてきました。



でも一方で、やっちゃんは改めてグレーではないな、と。

そして、LDだけでは無いかも?というのも感じました。


LDは学習面で偏りがあるけれど、そのバランスの悪さからバランス感覚、運動性の目と手や、同時に何かを行う事も困難になるけど、


そこは確実に今から出ているのがわかりました。



でも、注意力散漫なのが、この歳の子の範囲を越えているように思えるし、多動を感じる場面も。


机に座ってしばらくじっとしていられるし、落ち着いてる所もあるからそんな事はないと思っていたのだけど、
歯磨きの時や着替えなど、とにかくうねうね動き続けて止められないみたいです。


歯磨きは嫌がって動いてるのではなく、自分からやってーといって寝転がったり出来るのにも関わらず、動きながら仕上げ磨きをするしまつ。


よく考えてみたら、着替えもとにかく関係ないことペラペラ喋って止まらないし動きが着替えに進まないのでとても大変。
面倒なときは話に合わせて着替えは全て私が。

話はしっかり聞かないと、ママーママーと呼び続け、共感を得たい様子。



お絵描きすれば描くのより色鉛筆を転がす方にすぐに気が向いて、全く描いてない。
指摘するとまたお絵描きしはじめて、そしてすぐにそれる。




ズボンを自分ではかせれば、片足入れたらもう別の所に注意が向く。





療育では食事のときに、必要最低限のものしかテーブルに出さないよう言われました。

まぁ、米粒ぶーんって走らせてるのを見たときは、どうしようもないと思ったけど(笑)



注意欠如、ADHDかな?持ってたりするのか?!と。
こちらはグレーの範疇だとしても。



グレーゾーンとは、発達検査などをして問題ないと判断された子達ならしい。

発達の遅れなどは無い、発達障害にいくつかだけ当てはまる所がある、といった感じかな。



家庭内で、もしくは育児をする上で困っていないとか、本人が困っていない場面もあるし、日常生活に困難が生じてる場合もあって、それでも診断は難しい範囲、ならしい。


小学校に上がると必ず本人も親も、どこかしらで特徴に向き合う時が来る。
そこで診断がおりるようなケースもあったりするみたい。




ずっとふんわりとしたイメージしかなかったけど、実際いろいろ動きながら子供を見ていて、私自身もLDの感覚を理解してあげられる立場上からすると、もうちょい課題が多く難しい子なんじゃないかなって。



もっと軽い?と思ってたけど、10人近くいるクラスで、どんどん新しい子が入ったり、最終面談に入る子達を見ていたら、うちの子は今どれくらい課題があるのか少し、前よりも見えてきました。

あれ?あれれ?と、知らずに過ごしてた部分まで浮き彫りに。




この先の発達によって、ただの発達遅延、ある程度軽くなる部分があるのを願って。



療育をしても、根本的な部分が、治る、治せるものでは無い。


そう言われると、この先たくさんのことを気を付けたり頑張ったりしないといけないんだろうなって感じました。










にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 学習障害へ
にほんブログ村
 にほんブログ村 子育てブログ 年子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
[ 2017/07/14 20:30 ]

| 発達障害 | コメント(0) |
| ホーム | 次のページ>>