FC2ブログ
運動会と療育
やっちの運動会がおわりました。
思った以上に頑張ってくれて、七種目全てにしっかりと参加。
やってない子が他にもいる中、時にはリズムにあわせてちゃんと踊れていたり、声を出して歌いながらやったり。

かけっこも一番、クラス対抗も一番で、頑張った運動会でした。

練習の様子を聞くと、最初はやらない!と宣言してきたものの、どんな感じなのかわかってきて少しずつやるようにやったとのこと。
でも、補助の先生もここまでやってくれるとは思っていませんでしたって。


運動会前、たくさんの保護者が来ることを事前に話した。
恥ずかしいからやらない!と言われてしまったよ(笑)


なので、やる種目分の絵カードを用意して、その種目ごとにどのご褒美がほしいか本人に選ばせにお買い物!

種目とお菓子のカードに○、裏側は嫌がってる子の絵とお菓子のカードで×印。
BOXも作って説明した。


口頭で言うより理解してくれた手応えあり!

だったので、よく頑張れたと思う。
お昼はちょっと甘えというか泣きそうな顔で「頑張ったよぉー」って言ってきてた。


最後の全学年でやる躍りは、覚えていないのか不安そうな顔したり、見よう見まねで時々やったり…な姿もあったけど、テンポ遅れてもやる姿に、ほんとに頑張ってるんだなーって思った。



こんなに成長するなんて思ってもなかったなぁ。


普段園でどんな感じなのなはわからないけどね。






さて、ゆっちも療育スタート。

やっちの時にはあんなに大変だったのに!!
と思い返さずにはいられないほど、楽チン。

とはいっても、いきなり走って行ってしまう事や、みきり発車で一つ一つの行程も雑になったり飛ばしたり。
感情が安定しないのでいきなり止めたり気を取り直したりブー垂れたり大変な所もあり。


多動性が見られて、少しずつゆっちの凸凹も理解してきた。


月末はやっちの通う個別療育教室に私だけ行ってお話。
あとは、受給者証の申請をする手続きをしていく感じ。






そんな中、今私は大きなストレスの中にいてなかなか抜け出せない。

頑張って頑張って節約して、我慢して、
そんな生活を続けていた。
でも、そうしながら支払ってるある部分の金銭はほぼ無駄がねなのだ。

一つが、あと少しだと思ってたのにそれは間違えだった。

なるべく大きな金額で払っていくのがいいって調べてたから少しずつやっていく算段だったのに。。


頑張っても頑張っても、それが私たちの旅費になるわけでも、子供のための蓄えになるわけでもない。

このままだと、そういった自分達未来の為の金銭を作れないまま何十年もかかってしまう…


お先真っ暗というか、疲れてしまった。


こんなにしんどくても頑張ってるのに、十何年、何十年もって、報われないなって。 


爆発した…のかな…?解離するようになってるのもわかってるし

なんかもう、いいかなって…

うん、いろいろ。


そんなこんなで、今心は落ち着かない状況。



よめちゃん


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 学習障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
にほんブログ村

 にほんブログ村 子育てブログ 年子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2018/10/14 06:18 ]

| 長男3歳 | コメント(0) |
ワガママ
前回の記事で詳しくはまた今度と書きましたが、自閉症スペクトラムについての記事はこちらに書きました。
↓↓

診断結果、自閉症スペクトラム




このまえ、入園前ぶりにやっちのお友達グループと遊びました。



はじめは喧嘩や取った取られたがあって対応が大変な場面もそれぞれありましたが、お昼を食べてから午後は喧嘩無く仲良くずっと遊んでいました。



ま、やっちがお友達をベッドから突き落とすというのもありましたが(。´Д⊂)






同い年の子たちを見ていると、
「あ、そのおもちゃさっき使ってたのに!」とか、
うちの子もおんなじこと言うわ~っていうやりとりを聞いて安心することもしばしば(笑)






最近やっちの「ワガママ」ぶりに手をやいています。


ワガママって言っていいのかわからないけど、
全てやっちの要望が通るわけではないので、この分出来ることはやってあげるわけなのです。
でも、やっぱり全ての要望を叶えてほしいやっち。


そしてなかなか切り替えられずぐずぐずするパターン。


こうならないために、毎回お約束とか、前もって伝えたりしてるのですが。


今はこれまで守れていた「おやくそく」が出来ません。




そこに加え、
なんといっても途切れることの無いお喋り。

たんなるお喋りならまだいいものの、
話が噛み合わなかったり、変な質問ばかりだったりで、1日付き合ってるのがものすごく辛くなってきてしまいます。



お喋りばかりでご飯が一向に進まないとか、怒る以外の伝え方をしなければならないのだろうに……怒ってばかりになってしまってます。



怒ってばかりだな、って自分でもわかるし、怒られてばかりでは可哀想だよなとも思う。

本当にいけないことをしたときには怒るけど、そうでなければ目をつむる所と、教える形で伝えるといった工夫をしなきゃいけません。



でもなんというか、どんどん口が達者(ただ喋りが多いだけ?)になり、出来ることも増えてしっかりしてくる。

こちらも知らず知らずのうちに、やってほしい「レベル」をあげてしまってます。


まだ2歳児な部分もあるのにね。



スプーンも上手に使えるようになったのに、どうしても手で食べてしまう(ほぼ常に)とか、
食事に集中出来ないとか、
片付けなどが進まないとか、
怪我したところをいつまでも触って悪化させたり、ささくれや皮めくれをむいて悪化させたり、



まぁどれもよくあること、ただ、よくありすぎる…毎日毎日同じことの繰り返し。



幼稚園に行ってる間の時間も、今は一緒に過ごしてるから、
ため息やイライラが募り1日持ちません(´Д`|||)


子供のことを忘れ1日中歌に没頭したいです。


お友達も働いてる時間は忘れてるから楽になったと言っていました。

ストレス発散としても、

本格的な「ひとりのじかん」が欲しいです



にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 学習障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
にほんブログ村

 にほんブログ村 子育てブログ 年子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
[ 2018/08/09 23:29 ]

| 長男3歳 | コメント(0) |
診断結果
診断が出ました!



自閉症スペクトラムでした~


想像と違ったけど、先生の話聞いてたら私って感じだったし、ゆっちも同じな感じだった。




教わった対応はわりともともとやってることだった。


それも、自分の感覚と経験を基に考えた対応だったから。
あーそうそう、やっぱりそうだよね~って思いながら先生の話をきいていた。



自閉症スペクトラムについてはまた今度☆





誕生日でした。31になりました。
結婚記念日でした。
皆で水族館にいきました(^ー^)


暗くて魚も怖くて始めは怖がるやっちだったけど、終わって出てきてから、水族館行きたい…って
終わる頃に慣れた様子(笑)




にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 学習障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
にほんブログ村

 にほんブログ村 子育てブログ 年子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
[ 2018/08/05 08:26 ]

| 長男3歳 | コメント(3) |
知能検査
書いてなかったっけ…



この前知能検査を受けたやっち。

IQ81
精神年齢8ヶ月遅れ

でした。


実は一年前、療育を受けるまえに発達検査を受けました。

知能検査と発達検査は違うけど、一年前のIQは74?とか76とかだった。


その月齢通りの成長の平均が100、85~100の間が個人差の範囲、70切ると知的障害の範疇になってくる中、
一年でずいぶん成長しました。


因みに療育を受けずに生きてきて私は28歳で発達検査受けて80ちょいだから、ほぼやっちと同じです。


この調子なら、やっちは私より賢くなります、よねきっと\(^_^)/




因みにゆっちの発達検査は月末。
たぶんIQは全然問題なく高めなはず。
ただ頑固さや難しい面が仇となって検査が進まなくなったりしないか心配だな(笑)







にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 学習障害へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 子育てブログ 年子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
[ 2018/07/13 01:38 ]

| 長男3歳 | コメント(0) |
年6回しかない療育教室開始
幼稚園入園前クラスが終わって一段落した療育教室、
この前あらたに年少児クラスが始まりました。

メンバーは知らない子たちばかり。

年6回しかなく、前期は月1回。
1時間しかないのですが、幼稚園はおやすみして行きます。


さっそく1回目があって、幼稚園をおやすみして行ってきました。


幼稚園から帰ると毎日、今日はお歌歌ったよ、おやすみってやったよ!おもちゃのチャチャチャってしたんだよ、楽しかった!と報告してくれるやっち。

ある程度慣れて、これまで全くやらなかった手遊びやお歌家での練習の成果が現れた?!と喜んでいたわけです。



新しい療育教室の先生は前の先生と同じだし、流れもほぼ同じ。


なのに見ていたらあれれれ?

お返事はしない、自分のお名前言わない、楽器やらない、トランポリンやらない、
見るだけのやつと製作だけやったけど…作ったものでは遊べなかった。

この姿、入園前と同じだし(^o^;)

もうちょっと楽しんで出来るかと思ってたのに、ほぼずっとむくれ顔。


やらなかったのやっちだけで、他の子はみんなやってましたー

手先がうまく使えない子や言葉の出がまだ少ないなど、それぞれ親御さんたちは悩みを口にしてましたが、ちゃんと全て子供たちは参加してました。



いやいや、トランポリンとか好きでしょ!
普通に楽しめるやつでしょそれ!

と、つい突っ込みたくなるけど、
やっぱり環境ひとつひとつになれていかなきゃ楽しむという余裕まで到達しないみたい。

やったことある事でもなかなか初めての環境では始めることが出来ない。

製作したもので遊ぶときには、遊び方がわからないのに聞けないで立ってただけ、時々後ろで見学してる私に目で救いを求めてた。

出来なくてもみんなそれぞれの楽しみかたで楽しんでいたのにね






やっちはどうしてもいろんな所に注意が行ってしまって、行動ひとつひとつが進まない。

着替えるだけでも、パンツを脱いでふるちんで窓の外を覗き、ブラインドの紐で遊び始め、
注意してやっとこさパンツを履くと、今度は電気が気になって、

そんなことしてるからパジャマの上にシャツを着たり、Tシャツに足を突っ込んだり、
首の方から着ようとしたりする。
そして間違ってることに指摘されるまで気づけないのだ。



食事も噛んでる間に首はキョロキョロ、目についたものから会話が膨らんでお喋り出るわ出るわ。
ぼーっとしてスプーンを口にカチャカチャ入れて遊び始め食べることを忘れるとか、

45分は必ずかかる食事がちょっとした(?!)ストレス。



作業療法士さんがわざわざ終わったあと話をしに来てくれたので、話を聞いてもらった。



まだ食事はたくさん噛まなければならないものではなく、カレーのようなすいすい食べられるのにする

着替えや食事で目につくものがあまりないように環境整理をする必要があるとも教えてくれた。

ついたてを作るとか、ロールアップスクリーンで目隠しするなど。



これでも着替えはおもちゃはしまってテレビも消してやってたり工夫はしてるつもりだったけど、まだまだそういった配慮は必要なのだとか。



この日もトイレ行くー出ちゃう~!とお弁当中に騒ぐものだから急いで連れてったら、トイレでキョロキョロ。
出ちゃうんじゃないんかーい!!

しおわったあともパンツはく前に1つなにかを見つけてお喋り。
促さないと、パンツまだはいてないことになかなか気づけない。

脱いだズボンがおいてある床にシールが貼ってあるとか、文字が書いてあったとか、いちいちそんな些細なことに意識を持ってかれてしまうわけで。


改めて、こりゃ幼稚園の先生は大変だなぁと思った。


でも作業療法士さんが居てくれるとすごく心強い。
このかたのお陰で、2歳児のやっちとうまく向き合う方法のヒントをつかむことが出来たんだ。



幼稚園の連絡ノートで、担任の先生から「療育教室での様子も今度教えてください。やっちくんの成長を一緒に見守りたいと思っています」と書いてくれてました。





食事やお弁当の内容に気を付けなければならないのはやっぱりしんどいけど、やらなきゃねぇ。



まだまだ課題がたくさんありますね!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 学習障害へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 子育てブログ 年子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
[ 2018/05/03 23:06 ]

| 長男3歳 | コメント(0) |
| ホーム | 次のページ>>