療育の日程

書きたいと思ったことも、バタバタしたり夜になると疲れとかあって、書けないうちに何日もたっていく(^^;



保育園は4月から先生が全員退職で変わり、3人体制だったのが2人に。
受け入れ人数も減ったみたい。


今日は午前中から疲れてたのか、お昼寝は泣いて拒否だったらしい。

こりゃ今晩は悲惨ダナーと思って帰宅。

案の定イヤイヤがいつもよりキツイ。
そしてお昼寝無いときの恒例、夜起きるの巻き。


今日は起きたときに咳が出てて、その反動で吐いてしまって、片付けや着替えも。


その後静かに寝たけど、お昼寝一つでこんなに全て変わるのかってくらいひどくなる。

最近疲れやすいのか、もしくは体力を使いすぎてるのか、お昼寝させてても朝から疲れが見える日もある。


疲れすぎはお昼寝や夜寝るの拒否に繋がるからね…






私の風邪は長引いてて、3週間くらい続いてます。
喉のガラガラはなくなったけど、まだタンが絡むし咳が出てきた。







そんな日々の中、保健予防課の地区担当保健師さんが家に来て、発達センターに行ったことなどの話をした。




なんと、保健師さん本当は発達センターへ行く初日に付いてきてくれるつもりだったらしい。

私が、説明が理解出来なかったり書き物が苦手なのでそのサポートとして。


保健師さんがそんなことまでしようと考えてくれてるなんてびっくりでした。


まぁ、発達センター行ったとき、自分の名字の漢字間違えて斜線引いて書き直したからね(笑)
サポート必要だったかもなー
説明もなんとなくしかわかんなかった。

メモ取るのも、話がわかんなくなるからあんまり取れなかったし。
けど、センターの担当してくれた心理士さん、メモしてるときは話を止めてくれたり気を使ってくれてるのはよくわかった。

ありがたい★





今日、センターから電話があった。


療育開始日程の連絡。

かなり後になるけど、6月末からだった。


療育の日は午前からお弁当食べてお昼に終わる半日コース。

因みにその次の日は希望幼稚園のプレ日。
プレは一時間だけど、お昼に終わるからお弁当用意して終わったら公園で食べるような形になるだろうし、2日連続3人のお弁当はきついなー( ̄▽ ̄;)


だけどタイミングがよくて、療育教室とプレとが続くのは3回だけで、その後は幼稚園は夏休みに入る( ´ー`)

療育教室の第一段階は8月末で終わりのようだから、それまではわりといい感覚で通えそう☆




日程の連絡をくれた電話は、メモ取ってる間に話してた事あんまりよくわからなかった(笑)
でももらったプリントに書いてあるような事だったからいっか。





日程がわかって、まだ先だけど、ついに始まるのかーとちょっと実感みたいなのがわいた。

正直不安が大きい。
この先の事も、やっちゃんがどうなっていくのかも。





この前も、保育園の体育遊びというのに参加しに行ってきたけど、自由遊びのみしかやらなかった。


後半は外で
手遊び→やらずうろうろ。
かけっこ→一度だけよーいどんで楽しそうに皆と走ったけど、走った後のルールがよくわかんなかったからテンション下がって端にはけた。

ただ、アンパンマンやバイキンマンの絵持ってる先生のところまで、誰が早くつくかなーみたいな感じだったみたいだけど。


2回目のかけっこはもう参加せず。

そのあとはリズム体操。
全く興味なし。



こういう姿みるとちょっと切なくなる。



「みんな楽しそうだけど、自分にはその楽しさがわからない、自分はかやのそと」

そんな風に感じていた過去を重ねてしまう。


昔から今にいたるまで、よくいろんなことを覚えられないのは「興味持たないからだよ」「覚えようとしないからだよ」と言われる。
旦那にすら言われる。
そうなんだろうと思ってたけど、ひとつわかったこともある。


興味持って、これなーに?と説明聞いても結局なんとなく雰囲気でしかよくわからない。
よくわからないものを楽しそうだとはそこまで思えない。
楽しそうじゃないから興味持たない。
ふーん、へーぇ、で自分の中で終わってしまう。
例え楽しそうだと思えたとしても、それ以上の知識が理解できず入ってこなければ?なんとなく雰囲気でしかわからなかったら?その先は、やっぱり無い。
いつしか記憶から消えていく(短期記憶能力の低さ)

だから結果的に、物事全然知らないで、無知でよく恥をかく人間が出来上がってしまったんじゃないかって。


体で感覚で覚えることならわりと好きだし興味持てた。

とはいっても、全身をうまく使うことも出来ないから、体育的な事はやっぱりダメで。



覚える気がないとか、興味持たないとか、それが間違ってるとは言わないけど。



自分の中で、理解できない事を楽しそうって思うのは難しいとも思うんだけどな。





私が普通だったら、勉強も楽しく出来たのかな、もっと自信をもっていろんなことにチャレンジ出来たのかな、オリンピックとか野球とか音楽とか、なんでもいいけど皆と白熱した応援や語り合いができたのかな。

何をしても中途半端だと感じていたのは、知識や奥深いところまでの理解の差だったりして。



出来ることなら自分の力でやりたいことも、人の手を借りなきゃ出来ない歯がゆさ。

借りれる手がなければ、何も出来ない時もたくさんある。


やりたいことの繋がりが理解できないから、見えてる目標に向かう、その途中の道が消えて閉ざされてる感じ。

アイデアや願望や妄想ばかり広がっていくのはそこからだったのかもしれない。

理屈がわからないからこそ夢ばかり見るような。





でもやっちゃんは違うはず。
いろんな力や心を身に付けられるはず。

私もついてる。

悔しかったり、わかってもらえなかったときのモヤモヤも、受け止めてあげられると思う。

私はいつでも味方。




にほんブログ村 子育てブログ 年子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 学習障害へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2017/04/14 23:08 ]

| 発達障害 | コメント(0) |
| ホーム |