ふらっしゅ
明日はベーシスト候補の人と会う。

やっちゃんは一時保育だけどゆっきーがいるから、音合わせの時は同じ部屋にはいられないけど、メインは話し合い。


どんな人かな、決まるかな☆







もうここは育児ブログとして使ってるし詳しいことは書かないけど。




私はどうしても人を疑ったり出来なくて、昔からついついなんでもかんでも喋りすぎてしまうところがある。


今回はそこに後悔。これでも気をつけていたのだけど、それでもしゃべりすぎた。







変な偶然の繋がりで、知らなくていいことを知ってしまった。

知りたくなかった。いや、本当はどうなのかなんてわからない。
どこまでが本当なのかはわからない。


でも、どれもこれもありえる話だった。
家族の話だったけど、
全部を通して、そういう人だなって思った。


今は落ち着いたのだと思っていたけど、私にはその顔を見せないだけで、昔と変わってなかった。

むしろ酷くなってる気がして。







知らなくていいことを聞いたせいで、昔の事がフラッシュバックとしてよみがえってしまった。



暴言、あの人の言動、態度、全てがよみがえってきて、私の心を大きくゆさぶった。







親ではないからなんともいえないけど、ほんと、私は虐待に近いことをされていたのかもしれないと思う。

精神的虐待。




本人はそれに気付いていないし、基本的に意見されるとキレる人だ。

二面性があって、大人しくて引っ込み思案な自虐タイプなのに、ひどい攻撃性や暴走、そして思い込みが激しく、虚偽が多い。



こわい。
昔の事を思い出してしまってから、頭の中にずっとその人が居る。
私を怒鳴ったり怒っていて、そして私を思い通りに操ろうとする。

こわい。
もうとっくの昔から私は被害を受けていないのに、今もそうされているかのような錯覚があって。



それに、性的虐待とまではいかないけど、そんなことをされたことも認めなければならないんだなと思った。


今思えば異常だったのかもしれない。
私は遊びだと思ってたから気づかなかったけど。





たまたま、参加した子供のイベントで、キャンペーンかなにかで虐待に関する資料をもらった。
目を通していたら思い当たる事と一緒にその人が浮かんだ。






こんな幼少期を過ごしたから、こんなに自尊心のない、不安だらけでおかしな人間が育ってもおかしくないんだと思う。







そして思う。
子育てとは、二通りのタイプがある。
自分がされたかったことを子供にするタイプと、
自分がしてもらってたことを子供にもしてあげたいタイプとが。


私は前者、旦那ちゃんは後者かな?



そしてさらに、いい家庭環境で育たなかった、つまり精神的に病を持ったような人間もタイプにわかれると思う。


されてきたことと同じことをしたくないともがくタイプと、
されてきたことと同じことをしてしまい、時にはそれすら気付かないタイプ。





その人は、たぶん自分の子に、自分が親に感じたことをそのまましているタイプだと思う。
未だに執着していつまでも可哀想な人間として吹聴している。





私はもう関わりたくない。
自分が成長したことにより父はわりと好きになったけど、その人と関わらない為なら家族との縁を切りたいくらいだ。






その人がトラブルをおこし、起こされたらしい人がいた。

その人は、私に、ソイツはヤバイやつで洗脳しようとするから気をつけて、と言った。



どっちもどっちで、その人の言ってることが正しいとしても、

おまえもだよ。そう言いたかった。


嘘ばかりついて、洗脳してるのはあなたもだよって




でも、刺激して害を被るのも怖くて。
私はきっとずっとこの先も、会えばニコニコしながら、ふーんって話を聞いて過ごすんだろう。


頭の中で反論しながら。








前なら、こうなると私は何日も寝込んでいてヤバかったと思う。


今は頓服はそれなりに飲むけど、子供や音楽のおかげで少し落ち着いて過ごせる時間が多くなった。





頭の中で喋りだして止まらなくなったらエチゾラムが効くことがわかったし、
しんどくても子供を連れて遊びやイベントに連れていくことで、闇から抜け出して少しの間忘れることが出来ることもわかった。


音楽も同じで、没頭してる時は忘れることが出来る。





ふとした瞬間にまた現れて考え続け思い出し続け、頭に浮かんではぐるぐるしてしまうけど。





調子が悪いときに解離の関係?で見える気持ち悪い映像が久々に見えてしまった。




自分の弱さもバカさ加減も、ほんと嫌になる。






それでも、今の家族と生きるために、強くなりたい。

明日も、いろいろなマイナスな想い、やってはいけないのではないかという不安をはねのけながら、音楽へ向かう。
スポンサーサイト
[ 2016/10/17 22:37 ]

| 精神障害と心の声 | コメント(0) |
<<頑張ろう | ホーム | お疲れ様気味>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |