双極性障害の治療
こんなことなら前の病気ブログ無くすんじゃなかったなぁと思ってる所です、よめちゃん+です。


育児ブログに専念と思ってたのに結局こうなるのかと(^_^;)








今日は今年最後の通院日でした。
前日の夜に、双極性障害のことについてのレポート(資料を読んだ感想文)を二時間で3枚書き上げ、提出。

内容としては、躁状態と、鬱状態、そして混合状態があることは確かであること。
躁状態では、軽躁がほとんどで、その場合でも続いて4日ほど。(と話したけど今月のは2日だったからもっと短いかな)
ハッキリと分かりやすく躁が出るときは半日~1日で収まる事。
1日の中で上がったり下がったりという、他人(旦那)からもわかるほどスイッチで切り替わるような病巣があったこと。
鬱では、今月久々に来たのを記録したら抜けるまでに10日ほどかかったこと。
躁でよく言われる浪費はないものの、発言はとっちらかったりしていたこと。
躁になってもよく躁で言われる「これが本来の私!」というような気持ちにはならず、やはりいつもとは違うが止められないと感じていたこと。
これらはほとんど過去の話で、今はもっと落ち着いていて変わらない程であるが、
頭の中で考えが躁状態のような?、完結しない考えをぐるぐると考え続けてしまい止められない時がある事。
躁も鬱も、わりときっかけがあって切り替わる事。

こんな事を書いていました。



それを読みながら診察して、結果私はやはり双極性障害でほとんど間違いないだろうということでした。
Ⅱ型ですね、軽躁になる程度なので。





さて、ここでこの先の治療の話。

私は以前まで通院していた病院で、双極性障害の事についての説明はほぼ受けておらず、自分で図書館へ行き本をノートにまとめました。



治療についてもあれこれ言われることはなく、私の言った症状に合わせて薬を出されるだけ。
妊娠を希望していたので漢方も処方されていました。





ですが今回の新しい病院の先生はかなりしっかりと双極性障害について説明し、そして私の話すことも流したりすることなく向き合ってくれるいい先生だと感じています。


そして、双極性障害は、ほぼ確実に将来的に再発し、再発を繰り返すことで酷くなり、入院しなければならないほどになると言われました。
それは、40代か、50代か。


入院というのは、鬱の期間が1ヶ月や2ヶ月と長かったり、躁が1週間続いたり、明らかに周りの人から見てもいつもと違うテンションで、双極性障害にあるかんかい期が短く頻繁に繰り返すレベルだとか。

軽躁では周りも元気だな程度で、本人も周りもあまり困らないから治療をせずに過ごしてしまうそうです。


私もそう思っていました。

このままずっとこの状態を保てるとも思っていました。



でもそうではないとなると。



糖尿病や高血圧のようだと考えてみてくださいと言われました。
一生治らず、そして予防していくこと、その為に薬を飲み続ける必要があると話されました。






ここで、もちろん私がどうしたいかと問われました。



バンド活動が再開して、正直波が荒くなってると感じていますし、今月なんと3年以上ぶりにひどく怖い鬱を一時期だけですが経験して
再発してまたあの頃に戻るのは嫌だと思いました。

なので、予防の為の薬を飲む話で進みます。




提示された薬は二点。


リチウムか、ラミクタール。




リチウムは効果が期待される強めの薬で、妊娠を希望する人は妊娠中は使えない。

胎児には心臓などへの障害が出る確率が上がります。


薬の副作用は、手の震え、強い眠気、吐き気、そして人によって甲状腺がどうとかなんとか。
また、血中濃度を一定に保たなければならず、飲み忘れはダメで、飲み忘れたからと次の時に多く飲むなどももちろんダメ。





ラミクタールは、比較的効果は弱く、無いよりはいいという感じ。
もし躁鬱の波が出てしまったときに飲んでも抑える効果などは無いらしく、また躁にはあまり効果は無い。

妊娠中の使用は出来る。
副作用は、使用後1ヶ月以内くらいまでに湿疹、粘膜の痛みが出た場合は相談せずに直ちに使用を辞め、皮膚科や耳鼻科へ行くこと。
この副作用が1ヶ月前後で現れなかった場合はそのまま使用量を増やしていく。
それ以外の副作用は特に無い。









どちらを使うか考えてきて下さい、と、次までの宿題です。


数年開けて、また子供を考えたいとは思っていました。

といっても、そのときの旦那の仕事の状況や金銭関係、子供達の様子など、いろいろあるでしょうし、わかりませんが…

三人目ともなると今のように育児が私だけで、旦那は仕事で出っぱなし、休みも少ないような状態では無理です( ノД`)…



妊娠前に、一定期間だけリチウムを辞めるという方法でもいいようですが、そこに関してのもう少し詳しい話は聞かなかった。


ただ、私くらいの歳の躁鬱患者には必ず妊娠の希望有無を訪ねるらしいです。



私としては、いろいろ考えましたが、ラミクタールを試す所からでいいのではないかと思いました。


妊娠のあれこれがどちらにしろ終わるであろう、あと約10年。

様子を見ながらなんとか再発を抑えられないだろうか…。


リチウムの副作用がもし出た場合、吐き気をもよおしやすい私は正直怖い。
強い眠気がずっとあるのかもしれないと思うとそれも怖い。

飲み忘れしないとも自信は無い。


妊娠は必ず計画的に考えるので、いつのまにか出来てた!なんてことは無いだろうから大丈夫だけど。





そして、これから時々採血をしたりもあるらしく、通院は大変だなぁと感じた。




次は来年の1月後半が通院日。


それまでに、考えよう、予防薬について。




にほんブログ村 子育てブログ 2014年4月~15年3月生まれの子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 2014年4月~15年3月生まれの子へ
にほんブログ村


にほんブログ村 子育てブログ 2015年4月~16年3月生まれの子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 年子へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
[ 2016/12/27 20:54 ]

| 精神障害と心の声 | コメント(0) |
<<今年もありがとうございました | ホーム | 初のつかまり立ち>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |