FC2ブログ
生きる強さ優しさ弱さ、兄弟とか友達とか
昨日は新しく出来たお友達と遊び、
今日はやっちゃんが赤ちゃんの時からずっと一緒にいた気心知れた友達と遊び、
明日は普段保育園だからなかなか会えないゆっきーの同級生と遊ぶ。


明日は電車にのって遠出。

二人連れて、しかも雨予報。
電車に乗るなら一人乗りベビーカーだな…
帰り雨だといろいろきついなぁ…
とか、大変そうだなと憂鬱な気持ちでどうするか考えながらも、こうやって友達が多く出来た事を嬉しく思う。








子供センターで遊んでた時の事。

やっちゃんが乗ってたコンビカーで遊びたいお兄ちゃん登場。
幼稚園年長さんか、小学生か?


この時お腹壊しててトイレ行ってたので事の始まりは見てなかったけど、帰ってきたら、
やっちゃんがものすごいスピードでコンビカーを走らせながらギャン泣きしてた。
イヤだーと叫びながら。
そのあとをひたすら追いかけ回す男の子の姿。


急いでやっちゃんの元に行って、とりあえずお友達に貸してあげたら?と声をかける。
イヤだと言いながらも、ダッコ~と車を降りて私に抱きつく。

お兄ちゃんはしれっと車にまたがりいってしまった。



とりあえず、なんか怖かったっぽい(^o^;)





その後も別のスペースで遊んでいて、どうもそのお兄ちゃんがやっちゃんの遊ぶものを取ったり狙ってくる。



ちゃんとお兄ちゃんは貸して!と言ってるのでえらいのだけど、しつこくて強引、しかもたんたんとしてる姿が確かに怖いかも(笑)


取られると泣きっ面で何も言えないやっちゃん。


逆にお兄ちゃんが遊んでる車で遊びたくて(もしかしたらその前に取られたという事情があったのかも)
真横で困ってるやっちゃんの姿も見られた。

貸してって言えてるようだけど、強引さに欠け小さな声で泣きそうな顔して言ってて、まぁ端から見て誰でも「あの子あれで遊びたいんだろうな」とわかるような感じだけど、お兄ちゃんは無視。

私が「遊びたいならもっと大きな声でたくさん貸してって伝えないと」「出来ないなら空くまで他ので遊んで待ってよう」と声をかける。





このお兄ちゃんが決して悪というわけではないんだよなと思った。
自分が遊びたい!という気持ち、ちゃんと行動にうつせる子だなーとか思ったし。


まぁ、この子の親が近くに居るのになんのフォローもしないで放っといてる事には、正直モヤモヤしたけどね。

自分の子が他の子にたいして、ギャン泣きするほどしつこく追いかけ回したりしてる姿見たらと思うと。


だけど。

お兄ちゃんがゆっきーの遊んでるおもちゃを、同じように貸してと言いながら強引に取った時があって。

ゆっきーは取られたことに怒りもせず、またそのお兄ちゃんに他の車を渡したりお兄ちゃんの持ってる車をさりげなく取ったり…、なんというか喋れはしないけどコミュニケーション成立させながら対等にそこに居たんだよね。

そんなまだ1歳4ヶ月のゆっきーに、お兄ちゃんの方からも車を渡してくれていた。



これが、生きる強さか!とゆっきーを見て思ったよ。
たくましいよね。


やっちゃんにとってはパニックを起こす事だけど、
ゆっきーに取ってはなんでもなく対処できる事。




この話をパパにしたら、まさにジャイアンとのび太君、そしてママがドラえもんだねって言われ、うなずいた。

ママ~(ドラえも~ん)と泣きついてくるのび太君(笑)


やっちゃんにとってちょっとでも怖いと恐怖心を感じてしまったら、もうやっちゃんにとって相手はジャイアンなんだって言われて。


仕方ないって言われ納得。
ただ、私も貸してが言えなかった子。
むしろ親に「あれで遊びたい」と言えなかった子。


そうならないためには、親の対応は重要だと話をしてた。

親次第で、貸してと言うことすら怖いと思ってしまう事を防げるとかって話。



作業療法士さんが、失敗させないこと、と言ってたのを出してきて、
貸してと言えたことじたいを成功に変えてあげたり、失敗を繰り返させないように今は手助けしてあげるのが必要だって、パパに言われ。


私が親に言えなかったのも、親にあれで遊びたいと言った事が「失敗」っていう経験を積み重ねてしまったからだろうと。


そう言われたときに、自分がこうだからこの子もこうならないかなと心配ばかりしていたけど、
親がそうさせてしまうことも、そうさせないようにすることも出来るのかなと気付かせてもらえた。




兄弟や家族計画についても、歳が離れた兄姉を持った私は、寂しさを感じていたから自分の子供たちの歳は離したくない!と考えていたけど。

そこを寂しいと感じさせてしまうかどうかは親次第だと言われそれにも納得。




親とはそういう役割があるんだ。
私の親はしなかった、でも自分がそこを努力し続けることは出来るなって。






まぁ難しいけど。
ゆっきーのような子と、やっちゃんのような子の育て方は違う。
いろんな角度から見ていかなきゃいけなくて、
私一人ではわからないことも、家族で向き合っていけばわかることってある。






にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 学習障害へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 子育てブログ 年子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



[ 2017/08/25 22:45 ]

| 育児と毎日 | コメント(0) |
<<笑顔で育児を×優しい友達 | ホーム | おぼんあけの教室>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |