FC2ブログ
療育場について
前に、現在利用しているこども発達センターの認可通園部門の見学に行きました。


私たちの希望は週5では無く、並行通園の週1なんです。
でもここ、3歳児クラス定員6名、一年契約で2年目には再度申し込んで入れるかどうかという状態ならしいです。


まぁそこはどちらになろうとも、仕方の無い事なんだと納得しています。

が、肝心な療育内容について。

見学に行ったときは、週1クラスはやってない日だったのでどんな感じなのか見ることが出来なかったんですけど、
見学の案内をしてくださった先生は
「ほとんどやってることは週5のクラスと同じだと思っていただいていいと思います」と言いました。

ここに引っ掛かりました。

週5クラスは、朝来たら各自自主課題をこなし、それぞれトイレを済ませた後にプレイルームなどへ行きます。
これは同じクラスの子とか関係なく、その子にあった遊びの部屋へ行くんです。
でも、とりあえず遊んでるだけの時間です。
おままごとの部屋、紙吹雪の部屋、マットや遊具のある部屋、電車などのおもちゃや走り回ったり出来るひろめの部屋。

や、もちろんコミュニケーションなどを育てるためのプログラムというのは、わかっています。


そこで遊んだ後、教室に戻ってきて今度は出席確認みたいなことなどをします。

療育体験クラスでやっていたことと同じで、お名前を呼ばれたらハイタッチしてミニ太鼓どーんと叩く、みたいなのとか。
ペープサートという、音楽に合わせて紙で作ったキャラクターがゆらゆらしてるのを見たり(説明下手くそ!Σ( ̄□ ̄;))
おもしろい動きをするおもちゃや音の出る図鑑などを見たり。

音楽の時間みたいなのもあるし、ほとんど体験教室でやってたことと変わらず、まぁむしろちょっと緩くなってる感じがするくらいでした。

お昼も皆で一緒に食べたりせず、それぞれが堰について食べ始める。

週1クラスがどれほどこの週5クラスと違うのかはわかりませんけどね。


この並行通園に通うことで、はたしてやっちゃんの苦手な所などが改善というか…幼稚園生活に反映するのか…??
という疑問が。。





なので前々から調べてチェックしていた、他の発達支援をしている、幼児教室を再度検討することにしました。



本当は、幼稚園の間は今の療育教室を利用することしか考えていなかったので、小学校に入ってから、学習障害などで授業についていけない子の行ける放課後デイサービスや土日にやってるところに行けたらいいかなーとか思ってたんですけどね。



最寄り駅にはとりあえずそれらしきモノがふたつ。

1つは七田チャイルドアカデミー。
ここ、私の通ってた高校と関係もあってわりとしってるんですが。

どうも受給者証云々ではなく普通に通う塾扱いになるみたいです。
発達支援コースは他のコースより料金も高くて、毎月…○万?



もうひとつは、リタリコ。

マンツーマンと集団両方やったり、最後には面談もあるのでその子にあった内容をしっかりやってもらえる印象です。

親への指導する教室のようなのもあるようでした。

資料請求すると、電話が来て現在のこどもの様子をとても細かく聞かれました。


確かに広凡性発達障害の傾向は見られそうだということや、ただ発達がゆっくりで、溜めてから遅めに成長していくという部分の所もあるとか、いろいろお話してくださいました。


ここは幼稚園や小学校へ向けての準備コースがあります。


普通の塾のように通えるので通所受給者証が無くても大丈夫です。

通所受給者証があると、発達支援クラスとなり、入会金不要だったり金銭的な負担が軽減されるようです。


現在まだ申請してないので、体験クラスの申し込みをしましたがその体験クラスでは普通料金がかかルようです。

また、たしか幼稚園や小学校との連携を取ってくださるとのことでした。

今通ってる療育教室は、小学校になるとほとんど連携が無くなるようですから、ありがたいことですね。






もうひとつ、駅が隣…?電車移動ですが、そちらにも見つけました。
ハビー。

こちらは受給者証が必ず必要です。
なので料金的には通いやすいです。

こちら、体操などの体を動かす事やリトミックにダンスといった内容もしてくださるようです。


私はここが気になって、資料請求してます(連絡はまだです)


私が求める療育というか、必要に感じる部分は、「感覚統合」なんですよね。


感覚統合というのは、物をテーブルに置くときに、経験から力加減を取得する定型っ子に比べ、うまくいかない子達はバン!と置いてしまう、いわば力加減などがうまくコントロール出来なかったりすることです。

感覚、聴覚、視覚過敏もこれに含まれます。

五感の中で、定型の子はバランスよく調整されるので、美味しさなどを感じられるのに対し、
ひとつでもバランスの取れない感覚があれば、美味しいはずのものがそうは感じられなくなってしまいます。

温度、視覚、嗅覚、触感などから、辛さ甘さといった味覚。


体の使い方が不器用なのも、感覚統合が上手くいかない事から来ています。
体の使い方がわからなかったりする。



私は今でも、視覚過敏と、体の使い方が不器用な所でストレスを感じています。

字を書く、歌う、楽器を吹く、ピアノを弾く、運動する、踊る。

全身に力が入った状態になります。
気づけば力を抜く努力をしますが、また集中しだすと入ってしまうし、抜いた状態で行うことがむしろ変な感じだったり…
力加減が上手くいかないようです。


運動に関しても、自分の体を思うように動かせず、ぎこちなかったりこれでいいのか不安だったり、自信が持てないのと同時に楽しむ事が出来ません。

どちらかと言えば得意とする歌でさえ、意識し続けないと全身に力が入っているし、声量が出すぎてしまったり、まぁいろいろとあるわけです。



最後に、これはLDからきてるのかも知れませんが、どこかの感覚を集中して使ってるときは他の感覚を使えなくなってるのです。

これも、感覚統合が難しい面から来ています。




これ、他人の誰も困りません。
他人から見て、まったくわかりませんよね。
本人は、自分と他人の感覚が違うなんて思ったりしないので、知識がなければ自分でも気付かず、苦手意識のあるものが多くてやらずに諦めることも多くなるわけです。


教わっても上手くできないんですから、楽しくないんです。



人々が無意識に自然と出来ることが、訓練してなんとか出来るようになるかどうか…という凸凹持ちは、それなりに残念な事柄が多い。




これ、感覚統合療法という、セラピーですか?ちゃんと訓練を幼いときからして、調整する力を身に付けることが出来れば!
運動なども出来るようになるのだそうです。


はじめから、サッカーとかバスケとか?運動クラブに入れても、基礎を鍛えてないと変わらないのでそれは意味がない。



感覚統合が家で訓練出来る本というのもどうやらあるようですが…




なので、私はとてもこれを重要視しています。

リタリコさんも感覚統合に着目した授業をしてくださるようですが、運動などの出来る場所があるかどうかまではわかりませんでした。






ハビーさんは、発達検査も出来るようでした。



さてここまでが現状なので、見学なりするまでは先の事はわかりませんが、早くから動く事で、あとあと自分の力で生きることが出きるようになると信じています。


そして、マンツーマンでもなく、その子にあった授業をしてくれるわけでもない今の療育センターで、親としても満足するか?みたいな所がありまして。



幼稚園まで後少しです。

認可並行通園の申し込みも来月中旬。そこで申し込むかどうか。
申し込んだとして、年明けて落ちたとき次どうするか。

いろんな道が今あって、どこを選択するのが、親子で楽しく頑張れるのかなぁ…って、考えています。。






にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 学習障害へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 子育てブログ 年子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2017/10/07 23:00 ]

| 発達障害 | コメント(0) |
<<調子悪い理由 | ホーム | 疲れ(´Д`|||)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |