FC2ブログ
自分の考えがわからなくなる時
久しぶりの療育教室へいってきました。
因みに療育教室の前は幼稚園プレで、初の母子分離。
やっちゃんの成長をまた見ることができました。


療育教室で書く紙に、いろいろたまってた悩みごとを書いて、「療法士の面談を希望する」に○をつけた。

でも、面談までいかず、その場の先生からの話で終わらされてしまった(^_^;)

まぁそれはそれで、解決するのなら全然いいのですが。

4つくらいの事を相談内容として書いたんだけど、先生が私に話始めたのはどの相談事なのか?
そもそも私はどんな事を相談したかったんだっけ?
先生の話してる事は私の悩みのどこに結びつければいいのか?


全然わかりませんでした…

抽象的?っていうのか、わからないけど、
具体的な例や私が書いた事を元にアドバイスくれたらいいのだけど先生の話はふわっとした言い方で…
しかも話し方が早いので、わかんなかったよ↓

旦那も、先生のマシンガントークを聞いてる私をみてすぐに危険だなと悟ったらしいけど、なにもしてくれなかった。
まぁ今回はパニックを起こさずにやり過ごせましたけどね。

ただ、先生の言ってた話がなんの事だったの?私が聞きたかった事じゃ無かった気がするんだけど…というモヤモヤした不完全燃焼のものが頭にこびりついて、しばらくぼーっとしてた。

相談したいことがたまっていって、忘れないよう手帳にメモるのです。
でも、やっぱりメモだけじゃなく、頭にその話したいことがリアルに残ってないと、「どんなこと相談したかったんだっけ?」と忘れてしまう…←短期記憶苦手な特徴


でも書くという作業をすると、私は頭のなかのものが消えてしまうんです。
なぜ(; ̄Д ̄)?
昔からなんですけどね。
悩んでた気持ちが消えるのは良さそうにも思えるけど、そもそもやっちゃんはどんな様子だった?という事すら抜けてしまうので、頭のなか空っぽ。

悩みは解決や納得してなくなるんじゃなく
書くのも考えものだな。



ちょっと途中だけど眠剤聞いてから眠くなってきたのでねまーす!


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 学習障害へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 子育てブログ 年子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2017/12/08 00:30 ]

| 発達障害 | コメント(0) |
<<音楽の話 | ホーム | 3歳になりました!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |