FC2ブログ
サポートが必要なタイプには
今年初めてのブラスの練習に行ってきました。
今月の本番は出ないんですけどね。
もらったたくさんの楽譜を、ちゃんとある程度吹けるようにを今年は目標に練習しようと思います。
基本的にはボーカル/歌のお姉さんなのでフルート吹かないんですけどね。
最近フルートの方が楽しくなりつつある(笑)
楽譜が読めない!ってわかったことと、周りにそれを言えてることと、色塗ったら大丈夫とわかってから、前までのやりづらさが無くなったからかな。


保育園でのきっず向けの歌については、手遊び以外は普通に歌ってただけのようだけど、簡単な振りがつけられるものは歌のお姉さんらしく振り付けもやろう!と、提案しようと思ってます。


が、来月の保育園本番も出れなさそうなので、こっちは後回し。










練習は保育園で。
子供は園庭で遊ばせ放置(笑)
でも今日はパパが居てくれたから、練習中に遊んで攻撃もなく、三時間みっちり遊べたみたい(*´▽`*)
助かりました~

パパ保育係りありがとうだ♪







やっちゃんは、嬉しい気持ちや甘えたい気持ち、かまってほしいなどの時にも叩きます(。´Д⊂)

靴を履かせてあげるとか、上着を着せてる時とか、1日一度は叩かれます。
ケンカとか思い通りにいかないときにももちろん叩いたりする。


感情を衝動的に表してしまう、とっさに言葉に変換することが難しい、そういう発達障害の特性がさせてしまう部分が多いです。


もちろん子供はみんなそうだとも言えると思いますが、発達障害の特性があると、皆よりもっと難しい事なんですよね。
治していくことって。


パパは、叩かれると怒ります。
そりゃ、叩くという行為はいけないことだしね。


でも私はこう思うんですよね…
この子達にとっての叩くという反応は「言葉」なんだって。
言葉にできなかった、本人すら気づけなかった、もしくはその感情がどういうものか理解できなかった想いの現れ。


それをすぐに怒ってしまったら、気持ちを受け止めてもらえなかったとか、わかってもらえなかったって不満が更にたまって、八つ当たりみたいに行けない行動に走って悪循環。



おもちゃを取られそうになったからとか、遊びで相手の反応を楽しむとか、よくある理由で叩くだけではないって理解しておかないと。




私は叩かれたときに、時と場合にももちろんよるけど、
①まずはあまり大きく反応しない。
発達障害児は、話したいことや理解してほしい事があるとき、大きな声や大袈裟な反応をすると、それだけでも興奮してしまい、聞けることが減ってしまうから。

②ちょっと悲しいな、くらいの顔をしたり、叩く手をそっと握って止めたりとさりげなく示す。

うちの子の場合は、甘えたいときとかに叩くのは特にこの方法がいいかなって思います。

というかおもちゃを取られたとか貸してくれないからって叩いたときには、私も大きな反応をしてしまうことも多くて(泣)


③今どんな気持ちかな?と聞く。
何で叩いたの?と聞くこともあるけど、その言葉はいまいちだなって感じてます。
自分の言葉で出ないからまだ誘導でいいかなー。
悲しいのかな?甘えたい?とか。なぜそうなのかとか深い理由まではまだ話せない(^o^;)

④正しい伝え方を教えてあげる。
甘えたかったら、そっと優しくぎゅって来てね、とか、叩かないで○○しようね、ってここで伝える。




甘えたい気持ち…なのか、それに似たよくわからない感情の時に、甲高い声で鳴く事叫ぶことがありますが、そのときも同様に接してあげるよう気を付けてます。

正直不快に思う人も多い声(音)なんだけどね。

奇声あげてるときは私も不快(´Д`|||)耳がキーンって痛くなるから、そのまま、ママお耳が痛いからやめてって伝えてます。
正しいおこない、もしくは逃げ道をちゃんと教えてあげるのが今はいいと思うんですよね。

悲しかった気持ちをどこにどのようにぶつけるのか無視すると、気持ちの逃げ道や発散出来ないものがたまっていってしまう。





これらは、「サポート無しでは上手く学びづらいタイプのみ」の方法かも。

自分で考える力が人並みにあればねぇ。

でも最近は、「答えや例を教える」事から、次の段階の「導く手伝い」にとどまる事も増えてきました。



こんなときはこうすればいいんだよ、と伝えていたけど、
今は、じゃぁ次はどうすればいいかな?とか、~~どうしよっか、と考えさせるようにしてます。




おしっこしたかったのに自分でパンツを脱げなかったやっちゃんに「パンツ脱いで」と教えてたところを、「おしっこ出そうなときはどうしようか」と言う。
やっちゃんは、ちゃんと冷静に「ズボンを脱ぐ!パンツを脱ぐ!」と答えてその行動を始めます。

おしっこ出ちゃうのに、パンツを脱いだあとおまるに座らずにぼーっとテレビとかに意識がいってしまったら、「パンツを脱いだあとは、どーする?」と。


ママの機嫌が悪いときは、こうは言えませんけどねー(笑)
けど段階を経て進んだと言うことは身に付いてきた証拠。



あとは、もう少し深いコミュニケーションが取れるようになればかなり伝えるのが楽になるんだけどな。


ゆっきーもだけど、ちゃんと行動の怒られる理由を静かに説明してあげれば、伝わる。
理解できたら、素直に謝ったり出来る。(同じことを繰り返してしまうのはまだ仕方ない)


やっちゃんは、話し合ってもまだ理解してない事多いんだけど(^-^;





特性が頭に入っていることや、子供の傾向がわかれば、その子にとって学びやすい環境にすることが出来る。



兄弟でも性格も性質も違うから、育て方を変えなきゃいけない。
でも不公平は出ないようにする。
 


この前ママ友のおうちで遊んでた時の話。
3歳になると、理由をしっかり話してあげる方が早くわかってくれるってこと。
ちゃんと子供の気持ちを聞いて受け入れてあげることで、こちらの話にも耳を傾けてくれるということ。

その場しのぎの言葉とか(大人はいいの、みたいな?)
言うことを聞かせるためだけの罰(これしなかったらおもちゃ没収!みたいな)はNG。




これやってるからかはわからないけど、信頼してくれてるのが伝わってくる。

ゆっきーは、まだまだこれからイヤイヤ本番に向き合わなきゃなんだけど、
同じように落ち着いてもらってから話すと納得してくれるときがある。





うちの子はまだまだわからないけど、
3歳はもう心は大人になってきてて、恥ずかしいとか出来なくて悔しいとか、子供扱いされるのが嫌だとか、そういう成長段階に入ってきてるらしい。






にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 学習障害へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 子育てブログ 年子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
[ 2018/01/14 00:18 ]

| 音楽 | コメント(0) |
<<なるほど厄年 | ホーム | 全部は出来ないよ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |