療育教室と最後のプレイルーム
今日は療育教室の日。


早めについて、やっちに絵本を読んであげた。

赤ちゃん向けのじゃぁじゃぁビリビリだっけ、あんな感じ絵本を持ってくるから、普通に読んだって楽しくないよなぁ…と思い、
これはどんな音がするかな?と考えさせる感じに読んであげるととても楽しそうにしてくれてた。

手触りを楽しむような本も、あまり好きではなくて触りたがらないのだけど、どんな感じ?ふわふわ?つるつる?などと間違った表現の言葉を聞いてみたりしてたら、ちゃんと触ったり自分なりの表現を言葉にしたりと、楽しそうにしてた。


掃除機とか、ぶいーんとか言っててあってるあってる。なかなか感心。


教室ではいつもよりちょっとレベルアップして、やっちの苦手な事を取り入れた内容でした。



先生と同じものを作ろう!とかの真似っこね。

全然出来てなかったんだけど。
箱形のピラミッドになるようなアンパンマンおもちゃを二つつかってやって、アンパンマンから順に乗せていくんだけど、

先生のアンパンマン(一番大きくて下になる箱)に自分のアンパンマンのせて、二番目の大きさのバイキンマンを先生のバイキンマンの上にのせ…

指示がなかなか通らず。



あとは、先生の見本を見ながら同じ場所にスタンプを押すという作業。

これはちゃんと先生の説明を聞いて、真剣に集中して取り組めていた!
しかもちゃんとルールもわかって正解していた。


状況を見てルールを感じとる力はあるんだよね。

パズルとかも出来るようになったし、形の把握もかなりしっかり出来てる。


ただ、「見つけるのが苦手かな」と、最後の先生とのお話で言われ。

そうなんですよーなんて話してたけど、私の事かとドキッとした。


見つけるというのは、昔からなんの成長もないまま今に至る私。

療育や経験で、果たしてやっちは力をつけるのか?!





とっても落ち着いていて機嫌のいいニコニコやっち。


バランスボールの上でスーパーマンしながらゆらゆらされるのも楽しめるほど!
こんなの前は嫌がっていたし、教室にもなれて、経験値も普通にしてる子より多いのが自信に繋がってチャレンジ出来てるのかな~と。



お弁当も美味しいね美味しいねと食べてくれて、午後は幼稚園のプレイルーム。



絵カードの必要性や私自身の事を話して、迷惑をかけることがあるかもって伝えるつもりだったんだけど。




ついた矢先に、どうも私だけ園との連絡先登録が出来ていなかったらしいと教わる。


アドレスを登録しなきゃいけなかったみたいで、プレで遥か昔に(笑)用紙を貰ったような気も…忘れてて登録しなかったのか、意味が理解できてなかったのか。


とりあえず、事務の方で全部やってくれた。


しかも、先生の説明がとってもゆっくり身ぶり手振り使っての説明で。



こりゃ私の事知ってるな?と感じた。

子供発達支援センターと幼稚園の連携を承認したので、さっそく情報共有したのかもしれない。


センターでは、ちょっとしたパニック起こしたことがおるし、保育士さんに「いつも丁寧に教えてくださっているのに申し訳無いのですが、理解があまり出来ていない事も多いので、ゆっくりお願いします」と伝えてあった。



友達との会話程度ならちょっと聞き流そうがどうにでもなるし、仕事していたときは気を張って、わからないところは確認しながら進めていたけど、
園になると大人数の場での説明が多くなってぜんぜんわからない。



でも、登録出来てなかったと聞いたあとわざわざ別の先生に事務まで案内してもらい(事務の場所なんかすぐだし普通はここで野放しだと思う)、中の先生にも繋いでくれて。



登録確認作業は全体でやったんだけど、わざわざ先生が私の元に来て大丈夫か確認してくれた。

嬉しい~助かる!

慣れっこな部分あるけど、不安の中そういう時間を過ごす事が多かったから、不安でいなくて大丈夫なんだなぁと思うとすごく安心感が。




保育中も、なんだか今日はとくにわかりやすく引き付けられやすく、子供も飽きなくていいだろうなーと感じることができたし。


やっちも、嫌で顔を埋める事がある中で、
自然と参加してはーいと手をあげたり、お名前を呼ばれお返事が出来たりとリラックスモードだった。





私の最初の教え?として、幼稚園でご挨拶やお辞儀、お返事お礼はしっかりやらせること。

というのも、歌や手遊びは苦手なので、わからなくて不安になるだろうし、わからないことを無理にやろうとしなくていいと言ってある。

徐々に、練習していこうって。
でもわかること出来ることはしっかりこなすと、ちょっと厳しいかもだけどここだけは甘えさせずにやらせてる。

私のいない幼稚園生活じゃ全然出来ないかもしれないけどね。


こう言わなきゃな時だよ、とか、もらったら何て言うの?とか、お歌の中のお辞儀だけはするんだよ、
といった声かけがなきゃ普段からほとんど出来ない。

他の考え事でいっぱいだったり、別のものに意識が持っていかれてるんだよね。


作業に余裕があってとらわれてる何かがなければ、お礼とかも出来るんだけど。



まぁ療育教室では(母子分離)、まだご挨拶しない。
今日はちゃんとご挨拶のときに座っていられたね!と誉められていた、そんなレベル。



だけど、夜寝る前に、練習してみんなと出来るようになろうね!と伝えると、嫌がらずに大きな栗とグーチョキパーの練習が出来た。



ゆっくりゆっくり、やっちのペースならちゃんと出来てたので、覚えられて自信がつくまで練習していこうと思う。


先生に入園してからやる曲や手遊びを聞いてきた。
私も実はグーチョキパーの手遊び苦手。

あれほんと難しくて楽しくなんかなかった(私の時は)


毎度変わるし、右と左手で違うとどっちがどっち?!とか悩んじゃうし(笑)次に何が来るのかっていう不安みたいなのが大きくてね。


教えるためには私も苦手に立ち向かわなければならない!と思って、最近は踊るの頑張ってるんだ。

この年でいろいろ退化していく中でも、感覚統合は訓練されて少しずつ身に付いてきてるような気もする。


若い頃より大丈夫かもって。



さんぽのとかラジオ体操、サンサン体操はやるので、
とりあえずさんぽの歌詞カード(歌詞絵カード)は作ろうと思う。



新しく行くかもしれない運動療育の教室は、ラジオ体操とか教えてくれるみたいだし(^ー^)




先生の対応ややっちの落ち着きを見ていたら、ママとしてやれることやれたら、あとは心配いらないなって思えてきた。








にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 学習障害へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 子育てブログ 年子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2018/03/23 00:00 ]

| 幼稚園 | コメント(2) |
<<久しぶりに泣いた話 | ホーム | 四季が壊れてきてる>>
コメント
--- ---

お久しぶりです♪

やっちゃんとゆっきーの様子を久しぶりに読ませて頂きました。

幼稚園入園に向けて、お母さんも頑張ってますね。

お疲れ様です。

新しい生活が、よめちゃん+様のおうちにもやってきますね。

パパさんお手製の幼稚園バッグ、すごく可愛くてびっくりです!

パパさん、器用ですね!

ゆっきーも、ほしくなるよね(笑)

新生活に向けて、保護者様は心配なことも多いですよね。

学校にいる側としては、一番配慮しないとイケナイ部分でした。

つい、保護者さんの心配や不安をないがしろに(しているつもりはないんですが、)しがちなので、気をつけようと、改めて思いました。
もずくねえさん * URL [編集] [ 2018/03/25 09:46 ]
--- もずくねえさん ---

久しぶりです!こちらでもコメントありがとうございます!
手作りグッズは、作ってみてからこうすればよかったなーというのが出てきていますが、仕上がり綺麗なので私も驚きました☆
保護者は、小学校中学校と上がるにつれて「保護者慣れ」してくるのかもしれませんしね。
初めての赤ちゃんのママは不安なのに子育てに慣れてくると自分の育児に自信を持てるようになるみたいに、中学生のママさんともなると、学校側に強気に出たりもしそうなイメージあります。

もずくねえさんがおっしゃるように、逆に私たちも先生の事考えるのを忘れないでいたいです☆
よめちゃん+ * URL [編集] [ 2018/03/26 01:18 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |