メッセージカードを渡しに
友達皆と時間を作って、

私は一時保育のお迎え後に、


皆で保育園行きました。
保育園と一緒になってる子育て支援センターなんですけどね。

そこの先生達に出てきてもらい、子供達からカードを渡して、「ありがとうございました」

まぁ、うちのゆっちは遊びたくて側まで来てくれず、
やっちはうまく状況理解が出来なくて1人先走ってありがとうございました言ってきょとんとして、その間に他のお友達がメッセージカードを渡しに行ってたというオチだけど。





まだまだお世話にはなるけど、一区切りとして。

ありがたいことに今年は移動のセンセが少なくて、一人退職されるとのことで寂しくはなるけど、わりと近くにお住まいなので時々見かける事があるし、全く会えないわけではなさそう。


大好きなセンセが所長さんになるらしくて、子育てイベントでは会えなくなるかも知れないけどすごく嬉しい。


思い返せば、初めて相談して資料とかを下さったのがこの先生だったな



初めての育児でわからないことばかりのとき、不安なとき、孤独を感じて誰かと話したくなったとき、
話を聞いてくれたり相談にのってくれたり、情報くれたり教えてもらったり…遊びの場と学びの場でした。

いろーんなイベントに参加して、いろんな刺激をもらった。
子供向けのいろんな遊びを知れた。

ここがなければお友達はこんなに出来なかった。
こんなに大切な仲間とは出会えなかった。
この地が好きになれたのもみんなのおかげ。



先輩ママとして解放部屋にこのカードを貼るらしい…
ちょっと恥ずかしい(笑)






ここの存在のお陰で出来た友達は、
それぞれのリズムを崩すことなく、流されたり無理することなく付き合える、ものすごーく優しいお友達です。


たぶん小学校の学区も同じなので、三年後にはまた一緒に通えるし、子供達にとっても幼なじみになる存在なのですごく嬉しい。


ゆっちにも幼なじみを作ってあげたいんだけどねぇ…



お兄ちゃんが幼稚園行ったらまた声かけよー(笑)




さて、一時保育の方もあと1回で、やっちは卒業です。
今日は先生に、手形を取ってくれたり身長計ってくれたりしたようで、メッセージカードを貰いました。


最後の日には、こちらからも感謝の気持ちを伝えたい。

でも何をすればいいかわからないー。



ゆっちが産まれてからずーっと、二人してほぼ週1~2でお世話になった一時保育。


イヤイヤ期には一緒に悩んでくれて、絵カードを導入してくれたり切り替えの難しさに親身になって向き合ってくれたり、
発達支援センターで言われたことなんかを話すと実践してくれたり。


トイレが出来るようになったのもここの助けがあったから。
なかなか寝れない子で、重たいのに15キロあっても抱っこで寝かせてくれた。


夜19時から7時睡眠を守るためにお昼寝を短くして起こしてると話すと、同じように起こしてくれるなど合わせてくれた。


お迎えのときに病院いった方が良さそうだと電話で事前に連絡くれたり(すぐにお迎え来てではなく、保険証など持ってこれるようにとの配慮)
子供の体の状態からおすすめの病院を教えてくれて、地図まで書いてくれたり

こちらがわからないような健康面の事も教えてくれるプロの保育士さん(保健師さん並みの知識)も居てずいぶん助かった。



お迎えに行くと「ちょっと~お母さん聞いてくださいよ~私感動しちゃいました!」と我が子のようにその日の出来事を教えてくれる先生とか(笑)


一時保育の利用なのに、いつの間にか在園のお兄さんたちにまで知られていたり。



ずいぶんと、3歳なのに広い社会に触れられたのでは無いかと思います。



でもお手紙書くくらいしか感謝の気持ちを伝える方法はないかなぁ…
簡単な折り紙でも教えてみようか。


絵とかは、まだこれを描いてとか塗ってと言ってもぐるぐるいろんな色で塗りつぶすので…微妙だ…



お手紙と折り紙と、それにシールでも貼らせようかな?

貼って欲しいところにきれいに貼ることは出来るから(゚ー゚*)
文字シールでも使ってみよーかな~






にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 学習障害へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 子育てブログ 年子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2018/03/30 23:09 ]

| 育児と毎日 | コメント(0) |
<<次男2歳 | ホーム | みんなで遠足>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |