づんの家計簿
7年前くらいに家計簿をつけようとしたときは、全然意味がわからなくて、続けてもつけてる意味すらわからず、
つけた家計簿を見て、どうすればいいとかどれがどのくらいなんだなーみたいな読み取る事も出来ず、結局辞めました。





そんな私だから、家計簿をつけることにものすごーく抵抗も準備期間もあったのですが。

いや準備は夫婦間でもやるべき事みたいなのがあって、結構踏み出すのに大変だった(^_^;)


それで私がいきついたのはこれ。



参考

画像は上の記事から引っ張ってきてます



づんの家計簿というもの。


こんなこまかくかいてらんねぇやい!

と思っていたのですが、イメージ力の弱い頭で考え続けていたら、このやり方だとお金の見方がわかりやすいかも?!と思い始めました。




こんな感じで、毎日問題なくつけ続けています。

つけるのも楽しいし、毎日何にいくら使ったのかわかりやすく、見開きなのでメモしたものもみやすい。

あらかじめカテゴリーでわけてるものを後で整理するのもしやすかった。



普通の家計簿によくありがちな、一週間ずつとか、長細い欄にその日その日分を書いていくやつ。

私には見づらくて、わからなくなってしまいます。

その点、これは手書きなので私が唯一見てわかるカレンダータイプのものを書く事。

それがあると手帳に書いてる予定と同じように書いたり見ることが出来るので、その日どんなことがあったのかわかりやすい。

日々の支出も書きやすくわかりやすい。



30歳になるまでに少しずつ前よりはお金の流れや数字の大きさのイメージが出来るようになったのか、家計簿がつけられるようになってきました。



日々の生活に節約や目標があると、書きごたえ?もある。って、ひーひー言って頭を悩ませる方が多い気がするけど…
これまでよりも夫婦協力して生活出来てる…ように私は感じます。


だからきもちは上向きかな。


生活はまだまだ落ち着かないけどね。





☆☆☆☆





ちなみに今、とっても忙しいこの時期にそんな話が舞い込むのかよ!とタイミングの悪さを感じていますが、
歌でお仕事出来るかも!というお話が舞い込み、トライアル?を受けています。


合格すれば継続して歌っていけるのですが…


トライアルは一週間で作って歌って録らなきゃなりません。

この間に一時保育の利用は無いし、昼間子供が居るときに2階で短時間で歌を録るとか、それくらいしか出来ない。



子供たちはわりと協力してくれて、私がなにかやってる間は二人で遊んでてくれたりするんですけどね。



気合いでやるしかない。

仕事といっても稼げるようなものではないのだけど、好きなことを存分にやって金銭の発生があるなんて、なんて素敵なことなんでしょう!!と。


音源選考とやり取りで最終審査まで来た、みたいな感じです。


機材もない、楽器も対して出来ない、バンドやリハや練習するのに割く時間やそれにかけるお金もない、
環境最悪の私が
自宅にいて音楽活動が出来るなんて。



タイミング良くなくてもこれは飛び込むでしょ←



トライアル落ちたらそれはそれで仕方がない。

ほんと、それだけ環境が悪くて、今回のトライアルが出来るだけでもありがたい話だから。

でもちょっとこれは頑張らねば。頑張りたい。
と、ワクワクしながら、練習や創作?してます
    

録音に、本当は1度だけでもスタジオなり行きたいものだけど。 
なんとか自宅でやれなければ、どちらにしろ受けれない仕事だ。




あれこれの両立は大変。
でも、自分自身の環境には恵まれてなくても、関わる人々には恵まれてるみたい。




まずは歌を覚え歌えるようにする。
発音や歌いかた発し方の最終調整を行う。
練習する(笑)
ハモりやコーラスパートを考える。
録る。



を、家事育児、そしてライターの仕事もそこそこに手をつけながら。







甘いものは別バラなの




にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 学習障害へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 子育てブログ 年子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
[ 2018/04/04 23:59 ]

| 生活のこと | コメント(0) |
<<見学 | ホーム | 次男2歳>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |