見学
運動療育の出来るお教室に見学に行ってきました。

清潔感はないものの、春休みという事でふだんよりたくさんいるとの子供たちが、みんな楽しそうに遊んでいて、しゃべる声が聞こえないほどでした(笑)



実は今日行ったところ、自宅から徒歩40分かかりました。
もっと近いところにもあったのですが、見学に行ったところ雰囲気が私たちには合いそうになかったので、遠目のここも見学にくることにしたのです


距離があるので2人乗りベビーカーで一生懸命押していきましたよ。
10キロのベビーカーと、子供2人で30キロ。
お弁当や水筒持って。



先生は全部で6人くらいかな、みんな明るくてよさそうな先生たちでした。
優しかったです!




通う方向で、旦那の行ける日で契約に行きたいと考えています。
ただ、片道40分を通うのは大変そう。

時間は、午前中なら4時間、午後なら3時間、土曜日や夏休みなどの期間はほぼ1日。

午後ならおやつも出るし、それなのに時間関係なく1回2回の計算で療育が受けられます。


予算厳しいのだろうなぁ…と思ってしまうおもちゃたちでしたが(笑)、それだけしっかり見てもらえるのはありがたい事です。


1日見てもらえる休みの日がいいけれど、人気なのだとか。
すると、キャンセル待ちか別日。
平日の午前中はほぼマンツーマンなのでしっかり見てもらえるからそこがいいのだけど、幼稚園休むことが多くなると、製作などのやることの遅れがどうしても出てきて大変になりそう…それは断念かも。
午後かなぁ。


片道に40分もかかるので、送って1回帰って、またお迎えに行くのは大変。
かといって無駄に3時間以上時間潰すのもつらい。




自分の大変さよりは子供にとってプラスになる療育に通えること。
ただ家事や、ゆっちもいるわけだから、時間は無駄にしたくない。

悩みますね。



でも、やっぱり人より多くの事を体験していかないと皆に追い付けないと思う。


幼稚園で最初にぶつかる壁が、
幼稚園に入ると当たり前のように出来る周りの子達を目の当たりにして、せっかく今少しずつ付いてきた自信が無くなってしまうこと。



私は子供時代のあるとき、気づいてしまったんです。
「あ、お父さんは私を天才だ天才だと褒めていたけど、それはただのオダテでしかなくて、私が誉められて喜んで自信をつけていたことは、皆は当たり前のようになんの苦労なく出来る事だったんだ」と。


恥ずかしかったし。とてもがっかりしました。それから親の言うことは信じなくなったし、誉められるのは嫌いでした。



まぁ、今の私たちは、おだててるわけじゃないと思うし、
幼稚園の子達は同い年だから皆いろいろ出来るようになってる事を、理解できるかわからないけど話していきたいと思っています。

みんなと一緒に頑張っていろいろ出来るようになっていこうねって。


決してペース的には、遅すぎないで習得出来る方だから。
苦手な部分に配慮しながら、教え方に気を付けながら、たくさん経験して「出来た、出来る」を楽しめるくらい余裕を持てるようにしたい。




ゆっちには可哀想な事が多い。
お教室にいってお兄ちゃんがやっていても僕は待ってるだけだもの。

ゆっちに時間を割く事が、物理的に少な目。

習い事させれるような余裕は我が家にはないし。

幼稚園に入ったら園でやってるサッカークラブに入れてあげる事くらいしか出来ない。


なるべくお友達と遊ばせたり、頭や体を使う遊びを積極的にさせられるよう午前中は遊びにつれていってあげたい。



やっぱりそう考えると、やっちが幼稚園入ってもまだまだ忙しい日々は続きそうだな。





にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 学習障害へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 子育てブログ 年子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2018/04/07 23:09 ]

| 育児と毎日 | コメント(0) |
<<幼稚園 | ホーム | づんの家計簿>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |