FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]

| スポンサー広告 |
どじょうを飼う
最後の夏期保育はどじょうすくいときいてました。

プールに小さいどじょう達を放して、皆で救ったりして遊んだみたい。


やっちは触れなかったというから、もしかしたらプールにもたいして入れなかったかもね(笑)







幼稚園から帰ってくると……なんか持ってる…( ̄□ ̄;)!!

幼稚園ママに聞いたら、みんな飼うか放流だとか。



私は金魚とか魚を飼うつもり無いというか、むしろ飼いたくないと思っていたから、
幼稚園の夕涼み会でも金魚すくいはさせなかった。


盆踊り祭りでもやりたがってもやらせなかった。



なのに…?!





外は暑すぎて川まで歩くの死んじゃう~ということで、ひとまず虫なんかまだ入ったことの無い虫かごが大活躍です。


弱って死にそうな子もいて、どじょうってとうやって飼うの?!てわからないし放流するつもりだった。



やっちにも、おうちにいたら死んじゃうかも、可哀想だよね、なんて話してたんだよね。


でも少しずつ元気になってきてるような…


何でも食べるってパパが調べてくれて、ご飯粒つっこんだけど見向きもせず。

帰宅したパパが金魚のエサを買ってきたので入れるも見向きもせず。



弱ってる子は体をくの字に曲げて一人だけ浮いてたり動かない。
パパは、子供たちがすくってるときに骨でも折れちゃったんじゃ?と。




でも時々どじょうを見にくる子供たちを見て、
遅かれ早かれ金魚を飼う事になるんだろうしなぁ…と思い始めました。


だって、やっぱり誰だって金魚すくいはしたいもんね。(笑)

毎年そのシーズンは来るし、たぶん毎年夏期保育でどじょう連れて帰ってくる(・・;)





ということで、飼う方向で、近々水槽とかパパが見てきてくれるって。




どうせママが面倒見るんでしょ(泣)

犬だって、トイレさせて数分じゃれたりおもちゃで遊んでお水やご飯あげてれば十分ってくらいにしか思ってないんだから←

トリミングだって歯磨きだってみんな私よ。
歯磨きとかしてくれたこと無いんじゃ?


金魚とかも水変えたり掃除したりとかあるし、まず飼い方勉強しなきゃね。
あ、今はどじょうね。(笑)


石は買ってあげよう。

名前もせっかくだしつけたいけど、どの子がどの子かわかんないんだけどどーやると見分けられるのかな(゜.゜)



でもなんだか、水槽を買うってなって初めて、子供の頃の自分達の親の立場に立ってるんだな、なんて実感したよ

遠回しな言い方だけど、つまりは親ってことね


子供の行事とか、子供ならではの経験、イベントがあるんだよなーと



私も子供の頃金魚が家に居た



見るのは好きだった


お世話は嫌だった(笑)


でも大きい金魚だったなぁ。
小さいのが仲間入りするとわりと早く死んじゃうの。
病気とかもあったな


私も小さかったから、細かいことよくわからずに見てただけ




やっちもゆっちも見る専門だけど(笑)



それでもいっか。

一緒に可愛がってあげよう




水槽かうまで元気で過ごしてくれてればいいんだけど…










にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 学習障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
にほんブログ村

 にほんブログ村 子育てブログ 年子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
[ 2018/09/01 01:04 ]

| 育児と毎日 | コメント(6) |
集中する
昨日の事があまり思い出せない。


ずっと低迷中のようで。頓服服用率高め。


なにかに集中していろいろ忘れる(考えない)時間が欲しくて、
歌の仕事ともうひとつ記事を書く仕事がありすが、
それらをするのがいい気分転換になるのです。



歌の仕事はやりたいときに出来ないので時間を作るのも必死だし、短時間で仕上げられるようかなり集中します。


どちらも納期は無いので気は楽。


まぁ歌は、出来ることなら一日中やっていたいし、もっと時間が欲しいのが本音。

楽しくて、現実逃避じゃないけど、完全に自分の世界に入ることが出来るんだもん。



でも記事を書くのも集中出来るし、知らないことを調べたりするのが楽しいので苦では無いです。


時間を選ばずに(育児が終わってる時間なら)出来ます。



なので最近夜はパソコンに向かって記事が書きたくなるのですが、

どうにも体調が上向きにならず、書きたいけど書ける精神状態に無い事ばかり。


疲れやすくて、すぐに動悸も出てくる。


今回も波が長くて、最近の波が少しずつ悪化してるのではないかと心配もあります。



まぁやることも考えることも多いしね。




体調と心の調子を整えなきゃね。


お弁当でつくった金魚。






にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 学習障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
にほんブログ村

 にほんブログ村 子育てブログ 年子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
[ 2018/08/14 05:25 ]

| 育児と毎日 | コメント(2) |
風邪と歌詞絵
こんにちは。
家族ででかける予定の日。行けませんでした。


やっちから顔面咳攻撃を受け風邪を引いた私は、2日以上にわたる微熱、体のだるさと熱からくる痛み、頭痛、喉の激しい痛み、顔の痛み、風邪引くとかかってしまう蓄膿症に悩まされていました。


昨晩には熱も下がったみたいだけど、蓄膿症の炎症のせいかまだ熱っぽさが抜けず。



鼻声で喉や頭痛もまだあり。
でも寝てもいられないので、冷えピタはったりちょこちょこ横になったりしながら過ごしました。
パパが居るときも、パパは激務で疲れてるので寝てたし、お互いぐったり。


やっちは引き続き風邪引きの中、ゆっちもうつってくしゃみ連発、鼻水砲発射しまくりです。






歌詞絵第2段。
おもちゃのチャチャチャです。
さんぽより、ひとつひとつの歌詞に絵がつけられないような歌詞だったから、みながら歌うのもまだ難しそう。

まずは、なまりのへいたいがなんなのか、フランス人形ってどんなものなのか、という部分から絵で覚えて行く感じですかね。

幼稚園ではよく歌ってるみたいなので覚えられるもいいです。



こいのぼりも、歌詞の内容、意味を知るという部分でも描きたかったんですが…間に合わないかな?






にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 学習障害へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 子育てブログ 年子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

[ 2018/05/01 10:21 ]

| 育児と毎日 | コメント(0) |
見学
運動療育の出来るお教室に見学に行ってきました。

清潔感はないものの、春休みという事でふだんよりたくさんいるとの子供たちが、みんな楽しそうに遊んでいて、しゃべる声が聞こえないほどでした(笑)



実は今日行ったところ、自宅から徒歩40分かかりました。
もっと近いところにもあったのですが、見学に行ったところ雰囲気が私たちには合いそうになかったので、遠目のここも見学にくることにしたのです


距離があるので2人乗りベビーカーで一生懸命押していきましたよ。
10キロのベビーカーと、子供2人で30キロ。
お弁当や水筒持って。



先生は全部で6人くらいかな、みんな明るくてよさそうな先生たちでした。
優しかったです!




通う方向で、旦那の行ける日で契約に行きたいと考えています。
ただ、片道40分を通うのは大変そう。

時間は、午前中なら4時間、午後なら3時間、土曜日や夏休みなどの期間はほぼ1日。

午後ならおやつも出るし、それなのに時間関係なく1回2回の計算で療育が受けられます。


予算厳しいのだろうなぁ…と思ってしまうおもちゃたちでしたが(笑)、それだけしっかり見てもらえるのはありがたい事です。


1日見てもらえる休みの日がいいけれど、人気なのだとか。
すると、キャンセル待ちか別日。
平日の午前中はほぼマンツーマンなのでしっかり見てもらえるからそこがいいのだけど、幼稚園休むことが多くなると、製作などのやることの遅れがどうしても出てきて大変になりそう…それは断念かも。
午後かなぁ。


片道に40分もかかるので、送って1回帰って、またお迎えに行くのは大変。
かといって無駄に3時間以上時間潰すのもつらい。




自分の大変さよりは子供にとってプラスになる療育に通えること。
ただ家事や、ゆっちもいるわけだから、時間は無駄にしたくない。

悩みますね。



でも、やっぱり人より多くの事を体験していかないと皆に追い付けないと思う。


幼稚園で最初にぶつかる壁が、
幼稚園に入ると当たり前のように出来る周りの子達を目の当たりにして、せっかく今少しずつ付いてきた自信が無くなってしまうこと。



私は子供時代のあるとき、気づいてしまったんです。
「あ、お父さんは私を天才だ天才だと褒めていたけど、それはただのオダテでしかなくて、私が誉められて喜んで自信をつけていたことは、皆は当たり前のようになんの苦労なく出来る事だったんだ」と。


恥ずかしかったし。とてもがっかりしました。それから親の言うことは信じなくなったし、誉められるのは嫌いでした。



まぁ、今の私たちは、おだててるわけじゃないと思うし、
幼稚園の子達は同い年だから皆いろいろ出来るようになってる事を、理解できるかわからないけど話していきたいと思っています。

みんなと一緒に頑張っていろいろ出来るようになっていこうねって。


決してペース的には、遅すぎないで習得出来る方だから。
苦手な部分に配慮しながら、教え方に気を付けながら、たくさん経験して「出来た、出来る」を楽しめるくらい余裕を持てるようにしたい。




ゆっちには可哀想な事が多い。
お教室にいってお兄ちゃんがやっていても僕は待ってるだけだもの。

ゆっちに時間を割く事が、物理的に少な目。

習い事させれるような余裕は我が家にはないし。

幼稚園に入ったら園でやってるサッカークラブに入れてあげる事くらいしか出来ない。


なるべくお友達と遊ばせたり、頭や体を使う遊びを積極的にさせられるよう午前中は遊びにつれていってあげたい。



やっぱりそう考えると、やっちが幼稚園入ってもまだまだ忙しい日々は続きそうだな。





にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 学習障害へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 子育てブログ 年子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
[ 2018/04/07 23:09 ]

| 育児と毎日 | コメント(0) |
メッセージカードを渡しに
友達皆と時間を作って、

私は一時保育のお迎え後に、


皆で保育園行きました。
保育園と一緒になってる子育て支援センターなんですけどね。

そこの先生達に出てきてもらい、子供達からカードを渡して、「ありがとうございました」

まぁ、うちのゆっちは遊びたくて側まで来てくれず、
やっちはうまく状況理解が出来なくて1人先走ってありがとうございました言ってきょとんとして、その間に他のお友達がメッセージカードを渡しに行ってたというオチだけど。





まだまだお世話にはなるけど、一区切りとして。

ありがたいことに今年は移動のセンセが少なくて、一人退職されるとのことで寂しくはなるけど、わりと近くにお住まいなので時々見かける事があるし、全く会えないわけではなさそう。


大好きなセンセが所長さんになるらしくて、子育てイベントでは会えなくなるかも知れないけどすごく嬉しい。


思い返せば、初めて相談して資料とかを下さったのがこの先生だったな



初めての育児でわからないことばかりのとき、不安なとき、孤独を感じて誰かと話したくなったとき、
話を聞いてくれたり相談にのってくれたり、情報くれたり教えてもらったり…遊びの場と学びの場でした。

いろーんなイベントに参加して、いろんな刺激をもらった。
子供向けのいろんな遊びを知れた。

ここがなければお友達はこんなに出来なかった。
こんなに大切な仲間とは出会えなかった。
この地が好きになれたのもみんなのおかげ。



先輩ママとして解放部屋にこのカードを貼るらしい…
ちょっと恥ずかしい(笑)






ここの存在のお陰で出来た友達は、
それぞれのリズムを崩すことなく、流されたり無理することなく付き合える、ものすごーく優しいお友達です。


たぶん小学校の学区も同じなので、三年後にはまた一緒に通えるし、子供達にとっても幼なじみになる存在なのですごく嬉しい。


ゆっちにも幼なじみを作ってあげたいんだけどねぇ…



お兄ちゃんが幼稚園行ったらまた声かけよー(笑)




さて、一時保育の方もあと1回で、やっちは卒業です。
今日は先生に、手形を取ってくれたり身長計ってくれたりしたようで、メッセージカードを貰いました。


最後の日には、こちらからも感謝の気持ちを伝えたい。

でも何をすればいいかわからないー。



ゆっちが産まれてからずーっと、二人してほぼ週1~2でお世話になった一時保育。


イヤイヤ期には一緒に悩んでくれて、絵カードを導入してくれたり切り替えの難しさに親身になって向き合ってくれたり、
発達支援センターで言われたことなんかを話すと実践してくれたり。


トイレが出来るようになったのもここの助けがあったから。
なかなか寝れない子で、重たいのに15キロあっても抱っこで寝かせてくれた。


夜19時から7時睡眠を守るためにお昼寝を短くして起こしてると話すと、同じように起こしてくれるなど合わせてくれた。


お迎えのときに病院いった方が良さそうだと電話で事前に連絡くれたり(すぐにお迎え来てではなく、保険証など持ってこれるようにとの配慮)
子供の体の状態からおすすめの病院を教えてくれて、地図まで書いてくれたり

こちらがわからないような健康面の事も教えてくれるプロの保育士さん(保健師さん並みの知識)も居てずいぶん助かった。



お迎えに行くと「ちょっと~お母さん聞いてくださいよ~私感動しちゃいました!」と我が子のようにその日の出来事を教えてくれる先生とか(笑)


一時保育の利用なのに、いつの間にか在園のお兄さんたちにまで知られていたり。



ずいぶんと、3歳なのに広い社会に触れられたのでは無いかと思います。



でもお手紙書くくらいしか感謝の気持ちを伝える方法はないかなぁ…
簡単な折り紙でも教えてみようか。


絵とかは、まだこれを描いてとか塗ってと言ってもぐるぐるいろんな色で塗りつぶすので…微妙だ…



お手紙と折り紙と、それにシールでも貼らせようかな?

貼って欲しいところにきれいに貼ることは出来るから(゚ー゚*)
文字シールでも使ってみよーかな~






にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 学習障害へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 子育てブログ 年子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
[ 2018/03/30 23:09 ]

| 育児と毎日 | コメント(0) |
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。