FC2ブログ
お話会とかMY保育園登録とか
眠れなくて、一時間だけ寝て、おでかけしてきましたー。




私の場合は精神病からやけど、友達がこんなこと言ってました。
ママは、赤ちゃんにちょこちょこ起こされ寝不足になるので、ちょっと寝ただけでもスッキリするようなホルモンが出てるらしい。

しっかり寝なくても倒れないようになってるとか。
パパがやったら倒れるんだって(笑)

ただこのホルモンの関係で、逆に寝れず不眠症になっちゃう人もいたり?!






☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆



今日も姫ちゃんとおでかけなり~




まずは図書館で待ち合わせ、乳児向けのお話会(*^▽^)/★*☆♪

手遊び、わらべうた、絵本2冊!
今回はすごくたくさんの人がいましたよー!
私たち含めて10組くらいおったかも☆



終わったあとその部屋はそのまま開放されてたので、他のお子さんたちとも交流~♪






一歳過ぎの男の子が居たんですが、今あんよの練習中だとか。



よく考えてみたら、というかよく考えなくてもなんですが、赤ちゃんがたっちできたらいきなりスタスタ歩けるわけじゃないんですよね。



その男の子Kくん、スッと立ち上がって歩き始めるんですが、4歩くらいで倒れちゃいます。
その姿を見てて改めて、我が家もちゃんとマットとか買わなければ!と気づかされました。


もう、子供は歩きたいし危ないとかわからないからお構いなしで立ち上がるんですよね。
周りに何があっても歩くし、そしてまるで脚の力が急に抜けたかのごとくドタっと倒れてしまいます。
受け身とったりしゃがむように座り込むとかじゃなく、前や横にそのままドーンでした。


これ、周りにある物や床でかなりがっつりゴチンとやってしまうなぁと思った。

聞いてみたら、まだ歩けないのにテーブルの上にものぼってしまうらしくて、テーブルの上から落ちて顎を強打。
舌を切ったことがあるのだとか。


でもね、男の子は特に、危ない危ないと手を出しすぎたりしない事も大事なわけで。
転んでも大丈夫なようにクッション性の高いマットや、上って落ちたりしない環境作りが大切なんやなって感じました。


うちが今使ってる小さいジョイントマットなんて、あと少ししたら気休めにもならなくなるかも。


部屋の全面とは言わなくても、よく動くスペースはしっかりマットを用意しないとね。
テーブルの角とかもかなり危険だなーと、Kくんを見ながら学びました。




姫ちゃんはもうあちこちズリバイするので、キッチンにくるようになったり、トイレに行ってる間にドアの前に来てしまいドアが開けられない事もあったとか。
姫ちゃん家は2階にリビングなので、早く階段前にゲートをつけないと落下が怖いって言ってました。




想像とかより直接見て感じるということが大切だとも思った。

特にKくんは、背が高いみたいで大きかったからなおさらかな。

一緒に行った姫ちゃんママも同じようなことを思ったようで、たくさん育児に関してのお話しました。

「思ってたよりかなり危なっかしいんだね!寝返りで床に頭打つとか比じゃないや。この分だとマットいらないかも~とか思ってたけど、むしろこれからだった!」

って言ってた。
我が家も考えないとなぁ。




Kくんは、壁にあるカラフルな模様を見ていて、私がその横にいたので一緒に遊ぶような形になっていました。
そしたらKくん自然と私のお膝にお座りたくさんしてた(笑)


私は、子供は接し方がわからず苦手と思っていたけど、やっちゃんに接してるおかげで自然とお話?が出来るようになっていました。






その後姫ちゃんママとランチ。
お互いの旦那さんは育児にも協力的なのだけど、やっぱり
「気にかけてくれるところと気にかけて欲しいところってずれてるよね」
「男と女の違いなんだろうけど、神経質になる場所違うよね」
「これやってとか手伝ってーって頼みづらいよね」
「お買い物やお出掛けに行くのも、用意準備はみんなママがやるんだよねーなんで忙しく動いてるのに手伝ったりしようと思わないんだろう」
「見てるからちょっと出てきたら~とか言ってくれるけど、旦那は1日見る気じゃなくて数時間見る程度にしか思ってないよね」
と、姫ちゃんママから出てくるのみーんな共感。
というかほぼ同じこと思ってたからびっくりでした。

別に愚痴大会になっていたわけではなく、パパとママの違いについてやっぱりどこも同じなのかなーなんて話。



あった方がいい!と実感してくれるのを待つのはいいけど、日々側に居て見てるのはママだから、そのへんも話し合いは必須。
待ってる間ママはかなり頑張る事になるものね。
大人目線で汚れとか汚いとか嫌がるパパ。
まだ敏感肌な赤ちゃんの日焼けとか体温調節できない体の熱中症の事は「それくらい大丈夫だろ」って言うし、お互いが気にする場所が違うーなんて。

もちろん、必要だと感じる物も違うので、プレゼン頑張って。
時には頑張りすぎて泣いてしまい、そこで初めて気づいてもらえたーなんてエピソードもね。

ゲート云々の話も、旦那さんはまだ必要性を感じておらず。

次おうちに遊びに行ったときには、ゲートついてるかなー!(笑)



子供の頃、旅行から帰ってきてからの母は急に機嫌が悪くなっていたけど、今ならこういう理由か!とわかるよねって言った。
出掛けるときに母が準備全然終わらなくて、父と車で待ちながら遅いなーと言ってたけど、今はそれは間違いで父が手伝わなかったのが……とかの話聞いたり(笑)

ね、女は化粧の時間もあって、家事もある程度やってから~とか、頭のなかで頑張って考えながら効率よくしていたり急いでいるのに!なーんて、…あれ?やっぱりじゃっかん愚痴っぽくなってる?(笑)





さっきも少し触れたけど、
ママはいつも子供と一緒に過ごすから、こういうのが必要だなーとか、このくらい気にし無くていいんだなーとか、ここは気を付けなきゃ!というのがわかるけど、パパは自分で実感するまであんまりわかってくれない…
という話もいつも出る話題。

ママとしては出来ることなら泣かずに住む方法をしてあげたい…とか思う中、パパはあまりそうは思わないみたい…?とか、当たり前の違いをこうやって再確認しながら受け入れていく作業。
もしくは上手く伝えられるようにする整理?

だから、愚痴に思えてもこう話すのは私にとってはとても大切で、必要な事に思えます。


もちろんいいところとかもたくさん話して、キャッキャしてます←





私は、この前やっと思ってること旦那にちょっと言えたよーって言って
「よめちゃんは気を使って我慢しすぎてるから言った方がいい!よく言った!」とか言ってくれて嬉しかった。




他の友達とはこんな話にならないので、たぶん姫ちゃんママだからなんやろうけど、「自分だけじゃないんだなー」とか、気持ちも楽になるかなー。

「よめちゃんとやっちゃんと遊んだ後は機嫌がいいらしくて、よく旦那によめちゃんと出会えてよかったねーとか言われるー」って言われた(*^^*)





あー本題本題(笑)


ランチ後、今度は保育園へ初潜入!
ここは平日はずっと開放してる部屋もあるみたいで、誰でも気軽に使えるんだそうで。


今回伺ったのは[MY保育園の登録]の説明を聞きに。

お互いの家のポストに、MY保育園の登録をしてない方の所に訪問していますーという紙が入っていたので。






MY保育園っていうのは、登録するとそこの保育園のイベント情報が年に4回ほど届くというもの。

要は、家に引きこもっていないで子供と一緒にちょっと外へ出て、何かあれば気軽に相談もできる居場所を作ろうよー
みたいなやつみたいです。

MY保育園の登録は3ヶ所まで出来るらしい。


うちの住む市特有みたいって言ってたけど、MY保育園はあちこちで取り組んでいるようです。


今回伺った保育園は毎日開放してるけど、してない保育園の方が多いみたい。



センターも一緒の場所で、たくさんの保育士さん?がいらっしゃいました。
皆笑顔で優しそうでした~





開放してる教室。
なんと、午前行ったお話会に居たKくんも居た!

しかも、学年は1つ上でお兄さんなんやけど、掛かり付けの小児科も同じだったー!



さらにそこに居た他のママとお子さん、なーんか見たことあるなぁと思い「間違ってたらごめんなさい、もしかして○○小児科病院に行ってます?」と声をかけたらビンゴ。
その方も家が近く、この場にいるほとんどが同じ地区でした(笑)


いやー、この声をかけたママさん、私の好みだったんでたまたま覚えてたんです。
病院でお話したこともありました。
あ、好みって深い意味はないですよ?(笑)
でもとても可愛い人やなーっていつも見てたので←

お子さん同級生やしー(///∇///)



ここの保育園、別に家から近かったわけでもなく、駅からすぐの所なのでいろんな場所から人が来ててもおかしくないのに、偶然って重なるんやねぇー。



私たちは説明を聞いて、即その場でここの保育園を登録。
登録してなくても利用出来るみたいですけど、親切でしたし、場所も何かといいので姫ちゃんママと気に入ってしまいました☆

私は一時保育についても聞きたくて、担当の方が説明するから予約が必要というので来週に予約してきました。

2人でも聞けるというので姫ちゃんママも一緒に行くことになりました!





私は保育園とかに預ける事について、むしろたまにはした方がいいという考え。
姫ちゃんママも同じでした。

ママとずっと一緒に居たいだろうけど、一緒いる時間が長ければいいというわけではないと思うし、赤ちゃんといっても刺激や経験は適度に必要だと思うのです。


現に、お友だちとあったあとのやっちゃんは、何かいい刺激になるのか少し出来ることが増えたりします。

姫ちゃんは、一昨日会ったときはしなかったのに今日会ったらたくさん出来るようになってる動きもありました。


兄弟が居る子は早いというのもこういうのがあるのかもしれないですね。


そして、家の中でママ2人だけでずっと過ごすのは、赤ちゃんも飽きる…(^-^;
散歩とか連れていくけどそれでもね。。


姫ちゃんママのお友達は、なんの用事がなくても月に2度ほどは預けるようにしてるって話も聞きました。



まぁ、詳しい話は来週聞いてみないとよくわかんないのですが。
3ヶ月待ちだという話も聞くしなー。



まぁでもでも!
とてもたくさんの情報を仕入れることができたー☆

開放されてるのはわかっていても、保育園というだけでよくわからなくて利用しずらかったりする。
ちょっとだけ、一歩を踏み出して、認識も変わり敷居を低く出来て嬉かったー。


ふらっと遊びに来るだけで、またイベントに参加するだけで、顔見知りやお友達も増えたりしそう。

やっちゃんにとってはここが地元になる。
私は、自分が産まれた場所、「地元」があまり好きでは無かったけど、これからココが、私にとっても「地元」になるといいなーって感じた。







あ、MY保育園の登録をすると、絵本を1冊いただくことが出来ました。

いないいないばぁ、じゃぁじゃぁびりびり、おつきさまこんばんわ、…他2冊くらい(笑)



私はこれを選びました。

なんと、今日図書館で読んでもらった絵本でした。
図書館と連携していて、今くらいの歳の子向けの絵本を紹介されてとの事でした。
と言っても図書館のお話会は毎回本が変わりますし、偶然♪


じゃぁじゃぁびりびりも、離乳食講座の時に読んでいただいてたのを思い出しました。



夜寝る前に読む絵本、はらぺこあおむしだけでは飽きてきたなぁと思っていた所。
やったー♪





3時過ぎ、解散して帰宅後、久々に晴れの日だったのでワンコを連れてお散歩。


寝てないし疲れたけど、充実した1日でした。





話があちこち飛んでいてわかりづらくてごめんなさい…眠いから…寝よっ(^o^;)
[ 2015/07/10 22:03 ]

| 友達とおでかけ | コメント(2) |
があるふれんど


児童館へ行ってきました。
ガールフレンド、姫ちゃんと♪


また児童館にあるボールプールで遊び、姫ちゃんとふかふかロディに乗って。
今日はやっちゃんは児童館で離乳食を。
一歳すぎのお兄ちゃんに、懐かしいねぇと言われ(言ったのはお兄ちゃんのママ)

そのあと姫ちゃん家~







つきっきりで側にいなくても、ちゃんと二人で遊んで居られる事にびっくりしました。

殴ったり(笑)引っ張ったりしてしまうだろうと思っていたけど、お互いちゃんとわかっているのか、ソフトタッチだったり、手を出したもののどこを掴もうかと悩んでいるかのようなしぐさが見られたり。
足が顔に当たってしまうとか、そういうのはもちろん親が見てて回避させるけど、手を出しすぎずに二人を見守る事が出来るのも、お友達ならではなのかなーと思った。




二人で並んで、おもちゃをかわりばんこに遊んでいる姿にママ同士かわいーかわいーと言いまくっていました(毎度のこと)


おとなしめのやっちゃんと、女の子。
男の子のお友達とも遊ぶけど、見ていて姫ちゃんとのペアの方が、流れてる時間が同じように感じられて。
見てて安心していられました。
ほんわかマイペースカップルみたいな(笑)

男女関係なく、タイプの問題なのかもしれませんが。



お互いしっかりと見つめ合い、笑い合ったりする姿もたくさん見られて。


まだ一緒に何かしたりコミュニケーションを取りながら遊ぶことは出来ないけれど、そばにいるだけでいい、それだけで新鮮で楽しい、そんな雰囲気。


また、他の子が離乳食を食べる姿ってなかなか見れませんよね。
この時期って家であげることが多いし、あまりお友達と合わせたりしなかったりで。

今日は見ることができて、やっちゃんとは違うしぐさとかも見ることが出来て嬉しかったです。


やっちゃんはあんまり好き嫌いがわからないけど、姫ちゃんは、口からぺっと出すのと、モグモグとしっかり味わってる時のものと違いが見られて可愛かった。

やっちゃんは離乳食の時、右左に顔を向けてしまい食べさせづらいなーと感じるのも、改めてやっちゃんだからなんだなぁと思えたし。



姫ちゃんはズリばいが上手で、コロコロもするし、ハイハイももう少しで出来そうな体勢までなれてました!

やっちゃんはいい体勢まではいくけど、ズリばいも無く、また一度うつ伏せになると絶対自分で仰向けにならない(笑)
なれないのか、ならないのかわからないけど。
お座りはもう長時間出来るのですが。


そんな風に、お互いの子の成長を喜んだり応援したり、それぞれのペースを見守る事が出来る環境というのもとてもありがたい。



姫ちゃんママは、性格は私と正反対だけど、たぶん子供に関する考え方や感覚は同じみたいで。
だから一緒に居て楽しい。





たくさんお話をして、明後日は図書館のお話会へ行く予定。
新しい手遊びを覚えられるかな?!








天パなやっちゃんは、おでこの所の髪だけめちゃくちゃカールしています☆
いつになったらふさふさに?!
[ 2015/07/08 21:13 ]

| 友達とおでかけ | コメント(0) |
児童館デビュ~(本日2記事目UP)
旅行記の途中ですが☆
休憩~\(^o^)/


私は出来事をとにかく書く。
そしてとにかく無駄に長い←

あったことや感じたことは、書いたりしないといつまでも頭の中をぐるぐるしてしまい、整理も上手くできず、次第にごちゃごちゃしてきてしまうのです(^^;
忘れたくない!と思うのかもしれない。忘れないようにずっと考えていようとしたり思い出したり。。

書くことで、そこに想いをいったん置いておけるような気持ちになり落ち着く。






☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

お友だちと児童館デビューしてきました!
お友だちが、ご近所ママに聞いて知った児童館☆




このお友だちは、よくこれからも出てくるので、娘ちゃんの事をここでは姫ちゃんと書きます♪




児童館は、午前は小さな子が、午後は小学生が遊びに来るようで、広くておもちゃもいろいろありました!

今日は朝10時30分から行ったのですが、若いパパが息子くん連れて遊びに来てた!
こういうのいいなぁ♪

その息子くんは何歳かわからなかったけど、お兄ちゃんでした。
やっちゃんや姫ちゃんにおもちゃを渡してくれたり、一緒になって遊んだり。
パパはスミマセン(;´_ゝ`)と言っていましたが、こういう交流もいいなー!






上手にボールをつかんでましたぁ(*^^*)







ブーブだよーって乗せてみたりして、はじめてのこういうやっちゃんの姿に一人テンション上がってしまいました。

支え無しで自分で乗れるようになるのも楽しみです!!



姫ちゃんママと私と、本をそれぞれ一冊ずつ読み聞かせしてみたり。

まだ全然まわりのもので遊べない月齢やけど、授乳場所もありおむつがえも出来るし飲食が出来る低めの台もあって。
他のお子さんもいる環境、刺激になりました☆

早い時間なら人がたくさんいるわけでもないのでゆっくり遊べました。



イベントもいろいろあり、お話会もやってるそうで。



お昼になって、姫ちゃんママのおうちへ。
そこで三時間以上お話。


やっちゃんも楽しそうにしていました。


男の子同士もいいけど、男女の幼馴染みも素敵♪
誕生日も一週間違いなので、真ん中バースデー出来るねーなんて話して。




離乳食のすりつぶしたりする作業で、親指が腱鞘炎みたいに痛くなって~って話したらわかってくれたり。


家に食材などを届けてくれるようなやつで、離乳食もあるので頼み始めた!という話も聞けました。
新鮮なお野菜を使っているし、ブロックになっていて、ちょっと煮るだけでいいのだとか。


最近離乳食の冷凍準備がどんどん大変になっていますからね(;´_ゝ`)

食材が増えれば増えるほど、すりつぶしておく種類が増え、一つ一つの量は減っていたり。
今週はこれとこれと…と考えたり、毎日の献立も考えたり頭がまわらない(笑)




姫ちゃんママは、ご近所の先輩ママからいろんな情報を聞いていて、
私は同年代近い月齢の友達との情報交換が多いので、地域に密着したタメになることを聞けたり、育児に関しての周りのママの事を教えてあげたり、そんな会話も楽しいものです。


旦那さんの話や、号泣した話~とか(笑)話しても話題が尽きない。






やっちゃんは、家だと飽きてぐずるけど、お外だと大人しかったり楽しんだりとご機嫌。

眠いとき以外にフガフガしないので、外面が本当にいい…(^^;


帰ってきたら、離乳食は食べないしお風呂の時以外ぐずってた(笑)

まぁ、疲れもあるだろう。
私も外では頑張ってしまうタイプで、家に帰るとぐったりする所があるから、やっちゃんもそうなのかも。






今日は児童館までの急な坂道を、九キロのやっちゃんをダッコ紐して重たい荷物をベビーカーに乗せて暑い中20分ほど歩いた。
児童館、お友達の家の後は、ちゃたとあかを連れて40分ほどお散歩も。

すぐさま離乳食をあげ(食べねぇ( ;∀;))
お風呂入れ、ミルク後寝かせ、片付け、晩御飯、片付け…



でも、姫ちゃんママとも話したけど、子供がいるってこう言うことだよねーって。


家事は、用事によってはいっぺんにたくさんやることもあって、ヘトヘトになるーとか、私だけじゃないんやなと思った。

それでも可愛い我が子のために、遊びに連れてったりたくさんダッコしたりするんよね( ̄∇ ̄*)ゞ



私はワンコも見ないとなので、旦那ちゃんが家のこと助けてくれてるのがとても嬉しい。


これが私がなりたかった姿というか。夢だった生活。
家族のために時間を使う事。
協力無しでは不可能に近く、旦那ちゃん次第ではストレスもたくさんうまれてしまうけれど。

毎日、充実して過ごせる、そういう生き方みたいなのがいつも望んでいた事で。
だからこそ何にでも頑張りすぎてキャパオーバーしてしまうみたいやけど(^^;





そしてお友達に恵まれてとても幸せだ☆


この地に引っ越して来て、病んでる頃は考えられなかった。
まだ付き合いの浅い友達ばかりやし、子供の成長と共にどんどん風景が変わっていくのだろうともわかっているけど、長い深い付き合いのお友達へと変われるといいな\(^^)/


[ 2015/06/29 22:11 ]

| 友達とおでかけ | コメント(0) |
独身のお友達と遊ぶ
今日は中学の同級生と遊びに行ってきました。





子連れは私だけで、友達は独身。
迷惑かけちゃうのが心配だったので、いつも遊んでた子と、六年くらい会ってなかった子二人と待ち合わせ☆

授乳室とか行ってるとき二人なら退屈しないかなーと思って(;・∀・)




やっちゃんはいつも泣かないから心配してなかったのだけど、今日は後半ちょっとグズグズ。
前日もしっかりお昼寝が取れずにいたので疲れやリズムが崩れてる事も影響していたと思う。

やはり外だと長時間は寝れず、30分ほどで起きてしまうみたいやし。
眠くて落ち着きがなくなってました。



最近は体を起こしたそうにもするし、もっと動きたいという気持ちが強くもなってきた気がします。

ベビーカーに乗ってるの、飽きちゃったみたい(*_*;

今までは、お茶しながらちょっとベビーカー揺らしてれば寝たりおもちゃで遊んでいられたんやけど。


友達はお店で待っててもらい、ミルクの時間より早めにベビー休憩室へ。
たぶんなんだかんだで30分以上待たせてました(◎-◎;)
やっちゃんとちょっと体操したり体を動かしてスキンシップとったりしてて(笑)

ミルクも遊び飲みがあったので時間かかり。



lineが入って見てみたら、一人の友達が「用事があるから先に帰るねー」と(゜〇゜;)
聞いてなかったのでびっくり!


大半は飲んでいたし遊んでたからミルクを切り上げて、お店で一人待つ友達と合流(^^;



その友達は幅広く趣味を持っているので、「次どこ行く?」の問いに「公園とかいいなー」と言ってくれた☆



なので近くの大きな公園を紹介して、隅々までお散歩。

木々を眺めながらいろんなお話をして、やっちゃんはスヤスヤ(-.-)Zzz・・・・


そこから家が近かったので寄ってもらい、やっちゃんを旦那ちゃんに見てもらって一時間くらい友達とおしゃべりしました。



最後まで残ってくれてた友達が、六年ぶりの子の方なのですが、お互い中学の転校生でした。
期間が短かったこともあり深い話をしたことが無かったので、初めていろんな話ができて楽しかったです☆




でも今日過ごしてみて、やはり思った通り、独身のお友達と会うのは気を使いますしちょっと疲れたかなーというのが本音(;・∀・)



私も子供が出来るまでは、ベビーカーの為にいちいちエレベーターやスロープのあるところにいかなきゃいけない事が、大変だなーとか思っていたし、おむつやミルクの為に時間をとらせてしまう事に申し訳なさを感じます。

子供好きな方や、赤ちゃんとはそういうものだと理解してる方ならいいけれど、そうでもない人もいる。
めんどくさいなーとか思う子だっていたっておかしくない事やし。



話題もやはり違ってくる。
ママ友と遊ぶときは、子供中心の話題で尽きなくて、楽しく過ごせたけれど。


旦那ちゃんの話もあまり出来ないし、子供に関しての話題も…浅くふる程度にとどめる。

私の毎日はやっちゃんが中心で、考えてることと言えばやっちゃんや犬の事(^^;


友達の話は、仕事の事や、最近見た映画の話とか…


もっとおしゃべりが上手なら良かったのですが、そんなスキルが無くて(;´_ゝ`)




でも本当にありがたいことに、公園を提案してくれて助かったし、スロープ無いと行けない道を探しながら歩くのも楽しんでくれていた。


途中で帰っちゃった子も、もう少し大きくなったら動物園とか行こうねって言ってくれたんだーほんとありがたい(/_;)/




いつも思うのが、「自分の子だから可愛い」んだろうって事。
どこかに行ってても子供優先だったり、話してても子供の様子はチェックするのがママとしては当たり前なんやけど、自分が独身の頃だったら、もしかしたらストレスさえ感じていたかもしれない。


友達がそう感じていてもおかしくないだろう。



ママになったことで、ママ友の子供も可愛いし、自分の子とは違った面が見られて新鮮な気持ちになる。
一緒におむつを変えたり、私が見てるからゆっくりご飯食べていいよーなんて協力しながら過ごすのも楽しさの一つになってる。
次はどこ行く?ってときも、基本的には子供が遊べる場所を探してみたりする。


子供がどのように産まれ育っていくのか想像でしかわからない時の「可愛いね」と、目の前で見て勉強しながら感じる「可愛いね」は全然違ったのだ。




古い友達も大切にしたいし時々会いたいけれど、生活の仕方も時間の過ごし方も考えることがらも違うと、何を話したらいいかわからなくなっちゃった(ノ_・。)


状況がかわれば付き合いも変わっていくのはわかっているけど、ここが難しい所。

変わらず「またランチ行こうね」と言ってくれる優しさに感謝だ☆



[ 2015/06/08 01:24 ]

| 友達とおでかけ | コメント(0) |
<<前のページ | ホーム |